虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
うたえブルートレイン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うたえブルートレイン

  • 絵本
作: 柴田 晋吾
絵: 野坂勇作
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784323013619

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ブルートレインのしらかば号は夜も走る特急列車。いつでも軽やかに走ります。でも新入りの客車のポンちゃんは高い鉄橋が恐くてうまく走れません。車掌さんが勇気づけに笛を吹くと…。

ベストレビュー

頑張る気持ち

カッタンコットン、カタコットン。しらかば号は、乗り心地満点のブルートレイン。
新人客車のポンちゃんは、みんなと歌を歌いながら走ります。
でもね、スピードを出しすぎちゃったり、鉄橋が怖かったり。
へまをしてしまって、すっかり元気をなくしたポンちゃん。
でも、優しい車掌さんが笛を吹いて、ポンちゃんを力づけてくれます。
ポンちゃんは、この笛の音さえあれば、立派に走ることが出来るようになりました。
でも、ある日、列車に小さな赤ちゃんを連れたお客さまが乗ってきます。
車掌さんが笛を鳴らせば、すやすや眠っていた赤ちゃんはおきてしまいます。
さあポンちゃん、どうするかな?

人は失敗をする生き物です。
でも、こどもって、それがあんまり分からない。
自分の思い通りに、自分が動けないと、泣いてしまうことも。
でもね、人って、頑張る気持ちさえあれば、何度失敗したって立ち上がることが出来るんだ。
それを教えたくて、この絵本を読みました。

優しい車掌さんと、頑張りきったポンちゃんに、心から拍手を送ります。
(ルートビアさん 30代・ママ 男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


柴田 晋吾さんのその他の作品

四季のえほん はるですよ / 四季のえほん ふゆですよ / 四季のえほん あきですよ / 四季のえほんなつですよ / もみのきのクリスマス / トントコトンがあいずだよ

野坂勇作さんのその他の作品

にゅうどうぐも / おばあちゃんのせんたくき / まるくなったまあるくなった / でんちゅう / ポッ・スットン / しもばしら


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > うたえブルートレイン

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

うたえブルートレイン

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット