もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
フェアリーストーリー(1) 妖精の家具、おつくりします。
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フェアリーストーリー(1) 妖精の家具、おつくりします。

  • 児童書
作・絵: あんびる やすこ
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2009年12月
ISBN: 9784569780245

小学初級
A5判上製 79ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

「ルルとララ」「なんでも魔女商会」「魔法の庭ものがたり」など、数々のシリーズで大人気のあんびる先生がおくる、女の子と妖精パピーが繰り広げるかわいい幼年童話。

夏休みもあと残り10日になったある日のこと。ミユは「だれかのために一生懸命にしたこと」というテーマの宿題が終わらなくて頭を抱えていました。ママに相談したミユは、ドールハウスをつくるハルカおばさんのところへ手伝いに行くことにしました。ところが、ミユはおばさんの家の看板に、ちょっとしたいたずらをしてしまいました。すると、パピーという妖精から、ドレッサーの注文が届いてしまったのです。

ハルカおばさんがドレッサーをつくり、ミユは妖精パピーの家へ届けることになりました。道の途中でミユがふたごのシラカバの間を通りぬけると、ドールハウスの人形のように、ミユのからだは小さくなってしまいました。そして、ミユが出会った妖精パピーは……?

ベストレビュー

ミニチュア大好きなので

ミニチュア作りが仕事のおばさんがいる
主人公の女の子。
そんな設定だけであこがれちゃいます。
小さい家具を作っているのが仕事だなんて!
いいなあ。
小さいころ、シルバニアファミリーとか
ものすごくあこがれたのでうっとりします。
そして、妖精が出てくるなんて!
妖精のおうちがこれまた乙女心をくすぐります。
私が小学生なら間違いなくはまっている
この本。
今でもはまりましたが…。
続編が楽しみです。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あんびる やすこさんのその他の作品

魔法の庭ものがたり(22) ハーブ魔女とふしぎなかぎ / ルルとララのおかしやさん(24) ルルとララのアニバーサリー・サンド / 魔法の庭ものがたり(21) うらない師ルーナと三人の魔女 / ルルとララのおかしやさん(23) ルルとララのハロウィン / なんでも魔女商会(25) ピンクのドラゴンをさがしています / フォア文庫 アンティークFUGA6 永遠なる者たち



翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

フェアリーストーリー(1) 妖精の家具、おつくりします。

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット