とらんぽりんぽーん とらんぽりんぽーん とらんぽりんぽーんの試し読みができます!
文・絵: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
いろんな野菜がとらんぽりんあそび…どんなふうにとぶかな!?

長ぐつをはいたねこ」 みんなの声

長ぐつをはいたねこ 作・絵:ハンス・フィッシャー
訳:矢川 澄子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1980年
ISBN:9784834007817
評価スコア 4.75
評価ランキング 706
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 我が家の絵本はこれ☆

    長ぐつをはいたねこ、我が家の絵本はこれですね。
    いつ購入したものか思い出せないので、もう、ずっと昔自分が子どもの頃のものだと思います。

    繊細で、でも、力のある絵の感じがまさに、長く読み続けられている絵本!!だと思います。

    ねこの、気持ちまでよく描かれていて、とっても楽しく読むことができます。

    ちょっと長めのお話ですが、じっくり読みたい1冊です。

    「長ぐつをはいたねこ、どれにしようかな?」と迷ったらお勧めの1冊です。

    掲載日:2008/10/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 粉屋だった お父さんが死んで遺産分け 末の弟はおすネコをもらいました・・・・ がっかりしていましたが・・・ このネコなかなか賢いネコでした

    長靴とひも付きの袋ををほしいと  末息子にいうのです

    さてはて この長靴を履くのに ネコは猛特訓
    そして 上手にはいて  歩いてでかけ ウサギを捕まえ  王様に持って行くのです

    「あるじのカラパ伯爵からの捧げものだといって うずらや さかなも 持って行くのです
    その後
    魔法使いの大男を だまして ねずみに変身させて 食べてしまうという展開(なんと賢いねこなんでしょう!)

    さてさて 末息子はネコの言うままに 王様の馬車のに乗り  おひめさまと結婚するというめでたいお話です(人徳でしょうかね?何もしていないようなのに 幸せつかむ)

    さて 長ぐつをはいたねこは ようやく 長靴が脱げるので ホッとするんですって  おさらばすることができましたとありますが
    どこへ行くんでしょうね?

    それにしても このネコはなんと賢い 人間顔負けのネコでした

    ねこが お話の中で、打ち明け話をしてくれるので お話がよりおもしろく引き込まれました
    絵が素晴らしい(ハンス・フィッシャーはちゃめっけがあり 素晴らしい
    こねこのぴっちの作者ですね)

    掲載日:2018/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵がとてもいい!!

    有名な「長ぐつをはいたねこ」のお話ですが,親の私はこのお話を子供の頃に読んだことがなく初めて読みました。
    たくさん出ているこのお話の中で,こちらの絵本を購入した理由は,ハンスフィッシャー氏の絵がとても素敵だったからです!!
    名作は,小さな子供の頃だけでなく大きくなってからも大人になってからも読める絵本を!という思いから,こちらの「長ぐつをはいたねこ」を4歳の娘に選びました。
    購入してよかった〜と思う1冊になりました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛げのあるねこ

    先にガルドンの「ながぐつをはいたねこ」読んだので

    フィッシャーのは素描ぽくてさみしいかなと感じましたが

    そこは絵力のある画家ですね。猫の愛らしさがとてもよく

    書かれて可愛らしかったです。訳も外国映画のナレーターぽい

    というか最後にウインクで終わりそうな素敵な訳でした。

    掲載日:2013/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応え十分!

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    長ぐつをはいたねこ…有名なお話ですよね。だけど私はなぜか今まで読んだことがありませんでした。満を持して!初めてこの有名なお話に触れてみました。
    絵本によって差があるのかもしれないけど、この絵本は読み応えがあります〜!長いけど、リズムもよくて、読みやすい。読み聞かせでも朗読でもピッタリです。
    もちろんストーリーも面白いです。ベストセラーなのがうなずけます。受け継げた遺産が猫だけだった粉屋の三男坊。でもその猫が、とんでもない利口者だったのです。猫のおかげで、三男坊がどんどん成功に近づいていくあいだ、すごくドキドキワクワクします。
    絵は…鉛筆画のように見えるけど版画なのかな?華美じゃないのに惹かれます。

    読んだことない人は少ないのかもしれないけど…まだ読んだことない人はぜひ読んでください。損はないですよ。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 有名なお話

    家にも簡単な読み聞かせの本があるのですが、
    ざっくりした内容なので改めて絵本を借りてみました。

    おとぎ話には珍しい猫が主役(?)のお話ですが、
    絵を書いた人や訳した人によってだいぶ雰囲気が変わりますね。
    絵もお話も面白かったです。

    娘も気に入ったようで、何度も絵を見返していました。

    一度は読み聞かせしておきたい絵本としておすすめです。

    掲載日:2012/12/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • のびやかなネコ

     おなじみのお話なので、たくさんの画家が絵を描かれていて、見比べるのが楽しいです。
     この絵本は、ちょっと大人ぽい感じがします。のびやかな線で描かれた絵がおしゃれです。

     ご主人のために働くねこの活躍に、驚いたり感心したりでわくわくします。村人や魔法使いの大男とのやりとりも、上手いなと思います。ねこの気持ちが、けっこうくわしく描かれているのもおもしろかったです。

     子ども向けのお話に思われがちですが、大人でも楽しめる絵本でした。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『長ぐつをはいたねこ』は様々な絵本があって、ついつい読み比べてしまいました。
    同じ人が訳しても、全く異質な『長ぐつをはいたねこ』もありました。

    このハンス・フィッシャーの作品は矢川澄子さんの訳ですが、スベン・オットーの作品の訳とは全く違って楽しめる作品。
    フィッシャーさんは原作にない注釈を加え、主人公のネコがとても詳細に描かれています。
    ネコが長ぐつを履くまでの練習風景や、魔法使いの大男に立ち向かう前の準備、語りについてもネコにスポットをあてた内容構成がユーモアたっぷりです。
    絵が線画であることもイメージを膨らませるのに、とても効果的だと思いました。
    ネコの主人がおまけのように見えるのはしょうがないですね。
    矢川さんの文章のノビノビ感もとても楽しく読みました。

    掲載日:2012/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長ぐつを脱ぎたかったのか

    定番のお話こそ、絵に注目してしまいます。
    こちらの絵は、おしゃれですね。
    表情も豊かにはっきりとしているので、場面の様子がよくわかります。

    それにしても、猫は長靴をぬぎたかったんですね。
    ちょっと意外で驚きました。

    掲載日:2012/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 頼もしいネコさん

    • Yuayaさん
    • 30代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子9歳、女の子6歳、

    このお話の絵本はいくつもあってどれにしようか迷いましたが、この絵本を選びました。
    お話のテンポや絵が一番しっくりくるかな?^^
    ご主人のために、色んな努力をし、頭を使い、ぬかりのない行動っぷりがたまらなくおもしろいですね!
    次はどうなるの?どうするの?次の作戦はどうなるの?とすごく惹きつけられます。
    子供たちも、すごく楽しんだようで何度も読み返していました。

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット