ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

真昼の夢」 みんなの声

真昼の夢 作:セーラ・L・トムソン
絵:ロブ・ゴンサルヴェス
訳:金原 瑞人
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年06月
ISBN:9784593504695
評価スコア 4.53
評価ランキング 5,019
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 凄いとしか言いようのない絵

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    トリックアートの絵本ぐらいかと高をくくっていたのですが、とんでもありませんでした。
    一言で言って、凄いとしか言いようがありません。
    一つ一つの絵が芸術品と言えるくらい美しく、何度見ても飽きることがありません。
    一番気にいったのは、橋が帆船に変化していく最初の作品でしたが、どの絵にも動きがあって、それが最大の特徴だと思います。

    それに、挿入される文章も、実に幻想的な絵に似つかわしい格調高いものとなっています。

    どちらかと言うと大人の絵本なのですが、もちろん子供も空想をかきたてられる作品だと思います。

    是非一読して欲しい作品で、1600円+税という定価は、絶対にお得感があるはずです。

    掲載日:2009/11/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵が素晴らしい

    この絵本を一言で言うと、絵が素晴らしい。
    これに尽きると思います。

    文章は・・・なくても別にいいかなぁ。
    見ているだけでも十分楽しい絵本です。

    ただ、4歳の息子にはまだちょっと早かったかな?
    小学生以上になればある程度、楽しめるかもしれません。

    掲載日:2008/05/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • お洒落なトリックアート

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    これは、ものすごい作品だと思います!
    よくある、一般的な絵本と同じお値段でいいんでしょうか?価値のある芸術作品集だと思ってしまうのは、私だけではないと思います!(いや、決して絵本が価値がないとは思っていませんが、この「真昼の夢」はすごいんです!)

    文章はセーラ・L・トムソンさんですが、むしろ主体はイラストの方に合って、こちらはロブ・ゴンサルヴェスさんが描かれています。
    とてもお洒落なトリックアート・イラストで、ロブさんが建築美術の方もやっていらっしゃるだけに、「旅の絵本シリーズ」のようなで、1つの絵が少し角度をとったりするだけで、別の存在として描いているのです。つまり一つの絵で、2度楽しい!!
    この技術も表現力も素晴らしいと思います。まさにクリエイティブな作品でした。

    掲載日:2007/10/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 瞬間移動

    美しい絵をじっと眺めていると、突然、今まで見ていた風景とは違う風景が目に飛び込んでくるのです。
    まるで、瞬間移動でもしたかのような気分。

    一瞬、脳が混乱するのですが、添えられた文章を読むと、「ああ、そうか」と納得してしまうのです。

    とにかく美しい。そして不思議。
    何度も見たくなります。
    親子で、魅了されてしまいました。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大胆なトリックアート

    なんともスケールの大きいトリックアートです。
    見ていて自分も宙に浮いているような気持ちになりました。
    ありえない風景なのですが、現実感のあるのはゴンサルヴェスの絵が、細部まで丁寧だからでしょうか?
    絵のひとつひとつに物語と夢があると思います。

    掲載日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 壮大な不思議絵

    知らぬ間に読んでいた娘が、再読したいからと借りた本。
    不思議な絵が迫力で「お母さん見て、すごいでホラ」と見せてくれるのですが、私はなんとも。
    エッシャーの絵なら釘付けになったことはあるのだけど。そういう緻密なトリックアートという風でなく、世界を書き込んだ壮大な一枚絵といった印象。

    娘はじっくり再読して満足していました。やっぱり素晴らしいとの感想でした。
    間をとって★4かな。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昼の夢想

    あらゆる空想の世界に、目も心も奪われました。
    まるで空間が間違ってくっついてしまったような…一度入ってしまうと出てこれなさそう。

    現実と空想のバランスが絶妙で、素晴らしいですね。

    私が特に気に入ったのは、
    お話の世界へ行ける本のドアに、地図の終わりから始まる冒険の旅、空高く舞い上がる木のブランコ…
    どの絵も完成度が高くて、美しいです。

    想像してごらん。
    最初からありもしないものではなくて、ごく身近にあるものから。
    そうやって空想は、どこまでも広がっていく。

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 錯覚の世界

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    以前「終わらない夜」という絵本を見ましたが、こちらが一作目のようですね
    海にかかる橋がいつの間にか、帆船になってしまったり、湖と思いきや鏡であったりとか・・・・その絵の巧妙さに圧倒されます
    地図の上を飛び立っていく場面は、いつもそんな気分で、地図を広げている自分の思いと重なった感じがして、ツボでした
    えの上手さと細かさが抜群ですね、中には気が遠くなるような絵もありましたけど・・!
    「どこでもない場所」という作もあるようなので、ぜひ見てみたいと思います

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢でも遭遇したくない

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    「終わらない夜」を読んで、どうしても見てみたくなった作品です。

    表紙の絵などは、一見調和の取れている何でもないような海辺のシーン
    ですが、よく見るとものすごくバランスがおかしい!!!

    どの絵も異次元の空間に迷い込んだような錯覚に襲われる。
    じっと見ていると怖くなる。
    描かれた人物たちが無表情である事が、さらに不気味さを増して
    います。

    でも素晴らしい感性で描かれた「だまし絵」の数々です。
    是非ご覧下さい。

    掲載日:2009/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • だまし絵に入りこむ不思議な世界

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    ある日・・・から始まる夢物語のお話です。

    だまし絵?トリック?

    なんとも不思議な絵なんです。

    じーと見れば見るほど不思議さが増していきます。

    『ここが・・あるから・・・あれ?』って声が何度聞こえたでしょうか?

    絵の遠近法がなんともいえない使い方で自分の位置と遠くの場所がいつの間にかどこからか・・くっついている!

    つくったものが全部空まで届く積み木!想像できますか?

    高〜いビルを自分が積み木で積み上げていくんですよ・・・

    この不思議なおもしろさは見た人にしかわからないですね・・・

    小さいこでも大きいこでも楽しめると思います。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット