だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

うめのみとり」 みんなの声

うめのみとり 作:市川 宣子
絵:城芽ハヤト
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2007年06月
評価スコア 4
評価ランキング 18,246
みんなの声 総数 11
「うめのみとり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 梅の実とり

    季節感を感じさせてくれる絵本だと思います。ただ、私もこの年になるまで、5月末から6月の初めが梅のシーズンとは意識をしたことがなく、今回、梅の実とりをさせてもらうことになって、そういえばこのシーズンはスーパーで特別の瓶や氷砂糖、そして梅そのものが売られているなと改めて思った次第で、そしてこの絵本に巡りあいました。

    こういう季節に合ったことを絵本にしてくれるのはとてもいいですね。そして、実体験が伴うともっといいですね。きっとこの話を読み終わったら、お子さんに、「ママ、梅ジャム作って」と言われるのではないでしょうか?

    掲載日:2014/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初夏の香り

    初夏の梅のいい香りが新緑の風と共に
    ただよってくる感じでした。なかなか、こんな
    梅の実をとる体験はできないので、絵本の中の
    なっちゃんと一緒に体験しました。
    梅のジャム、ヨーグルトにかけるとどんな味がするのと
    娘、機会があれば食べさせてみたいです。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい!

    表紙の絵に惹かれて借りてきました。
    女の子の表情がとってもいいんです。
    私の実家にも梅の木があります。
    一緒に梅の実を取ったら楽しいかも。
    この本では梅干を作るために梅を取っています。
    でも梅干ができるのは夏休み。
    そんなに待つことができないなっちゃんのためにおばあちゃんが梅ジャムを作ってくれました。
    私の実家では梅ジャムじゃなくて梅ジュースだったなぁ、なんて懐かしくなります。

    掲載日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅が転がって

    住んでいる場所が田舎なので
    だれも取らなかった梅の実がごろごろ転がっています。
    私も都会育ちなので実際見たことがなかったのですが
    子供と一緒にその梅をとったり投げたりして
    遊んでました。
    だから、二歳の子供は梅、といえば
    あの緑の丸いものだと分かってくれました。
    それでお料理出来たらいいですね。

    掲載日:2011/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なっちゃんがうらやましいなぁ。

    いかにも日本的(しかも田舎でちょっと懐かしい雰囲気)な絵本。
    絵の雰囲気も柔らかくて素敵です。

    雨上がり、なっちゃんが庭に出てみると、梅の実を発見。
    梅の木にはたくさんの実がなっていて、それをお隣のおばあちゃんと一緒に収穫。はやく食べたいなっちゃんに、おばあちゃんは梅ジャムにしてヨーグルトにかけてくれました。裏表紙では、梅干しもできてる!

    なんとも平和で、ほのぼのするお話です。
    我が家もぜひこんな体験してみたいです。なっちゃんがうらやましい!

    でも、梅干しの食べず嫌いで、しかも本物の梅の木や実を見た事がない娘にはピンとくるものがなかった様子。私はこの絵本、結構気に入ったのですけどね…。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅干いいなあ

    我が家にも梅ノ木があります。

    おばあちゃん家のように大木ではないので、背の高さもないくらい低い

    木なので梅の実は手で収穫できます。

    その梅の実で、果実酒を作ります。「梅酒です」

    去年は、梅酢も作りました。

    ロックで、3年もの、2年ものを飲んで楽しんでます。

    梅干もいいなあって思いました。

    絵本のように、大木になるのに何年かかるのかなあ?

    なっちゃんの表紙の絵に魅せられます。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがくのとも

    かがくのともが好きなのでこの絵本を選びました。表紙の主人公が一生懸命になって梅の実を取ろうとしている姿の構図がセンスがあって良いと思いました。主人公の祖父母が自然からの恵みに感謝して自給自足の生活を送っているのがカッコ良かったです。特に御婆ちゃんの作るジャムがとても美味しそうで私も作ってみたくなりました。

    掲載日:2010/02/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅干し大好き!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子2歳

    この絵本を買った時から、すぐに気に入って読んでいます。なぜ気に入ったかと言うと、娘はとっても梅干しが大好きだからです。
    実際に梅の実をとったことも、梅の木に実がなっているのも見たことのない娘。(梅の実はスーパーで売っているのしか見たことがないので…)この本を通して、梅干しの作り方が少しでも分かってもらえたらいいな〜と思っています。
    私は、小さい頃におばあちゃんが作っていたのを思い出し、懐かしいな〜と思いながら読みました。
    我が家は主人、私、娘の3人家族のアパート暮らし。実家は県外なので、夏休みに実家に帰り、またおいしい梅干しをもらってきたいと思います。その時に、この本を読んであげたいと思っています。
    本当は本ではなくて、実際に経験させてあげたいのですが…。まずは絵本で知識として知っておいて、もう少し大きくなったら、実家のおばあちゃんと一緒に梅干し作りをするというのもいいかもしれません。

    掲載日:2007/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • やってみたいね

    梅の実ってこんな風に収穫するんだぁ・・と親子で驚きました。
    「楽しそうだね。やってみた〜い。」
    実際には体験できそうなチャンスがないけど、絵本で体験したつもり・・もいいよね?
    前はスーパーで梅の実を見ても素通りだったけど、最近は・・・
    「買って!ジャム作ろうよ♪それとも梅干?」
    あぁそんな風に簡単にはできないよ(汗;)
    でもますます梅が身近になりました。

    掲載日:2007/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • わぁ!楽しそう!!

    最近、ブログのお友達のところでは梅ジュースに挑戦されてるのを見かけます。
    我が家でも、ジュースではありませんが梅酒を毎年主人が作るのですが
    さて、その材料にもなってる梅の実、実は実施に気になってるのを見たことがありません。

    お隣の家の木にいっぱいなった梅の実。なっちゃんも一緒に収穫のお手伝い。
    お隣のおばあちゃんが梅の木をゆさゆさ揺すると・・・
    わぁ〜!!さっきまで降ってた雨の滴と一緒に黄色やみどりの梅の実がたくさん落ちてきた!
    梅の実って、こんなに簡単に落ちてくるんだ (^◇^)
    すごく楽しそうで、その梅の実が変身した様子を想像すると
    ん〜、おいしそう!!

    梅干しになるまでに待ちきれない様子のなっちゃんに、
    傷のある実でジャムを作ってくれたおばあちゃん。
    収穫してすぐに楽しめる。これぞ、自然の楽しみですね!

    すごく楽しそうな雰囲気に、子どもたちも
    「うちにも梅の木、植えようよ〜。毎日梅干し食べよう!」
    お、お〜い!!植えてすぐに食べられるワケじゃないんだよ〜
    それに、梅干しになるには時間もかかるぞ〜い!!
    なんて思っちゃいましたが、私も子どもたちと同じようなことを想像しちゃいました (^◇^)

    掲載日:2007/06/17

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット