雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

うみだ! うみだ〜!」 みんなの声

うみだ! うみだ〜! 作・絵:テリー・ジョンスン
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\362+税
発行日:2007年08月
評価スコア 3.82
評価ランキング 29,081
みんなの声 総数 10
「うみだ! うみだ〜!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 探し絵本

    2歳次女に読みました。開くまでわからなかったんですが、字のない絵本なんですね。次女は表紙の家族探しに一生懸命でしたが、似ている人が多くてなかなか見つからず。もう少し人が少なくて、ごちゃごちゃしてなかったら、なお良かったなと思います。これからの季節にぴったりの絵本です。

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海辺の一日

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    読んで(字がないので見て?)いると、こっちまで楽しく愉快になってくる絵本です。
    もう、何これ?何これ?と絵を凝視してしまいます。

    海辺の朝から日が沈んだ夜まで描かれているのですが、その中にこれでもか〜っていうくらい、てんこ盛りの人と人じゃないもの。
    夏を満喫しなきゃ!って気分にさせてくれる一冊です。

    子どもと一緒に変な人を探して、盛り上がること間違いなし。

    掲載日:2009/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海辺

    海辺をテーマにした絵本です。

    この絵本には文章がなく、イラストを楽しむ絵本です。
    夜明けから日が落ちるまでの海辺での人々の様子が丁寧に描かれていて、良いなぁと思いました。

    3歳児クラスの子ども達に見せた時も、子ども一人ひとりが色々な発見をして楽しんでいた絵本です。

    見れば見るほど、楽しさが倍増するオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 字がないから面白い?

    文字はありません。
    でもこの絵本を読めばうみの一日がとてもよくわかります。
    海の夜明けから段々と人が増えていく様子がとても楽しく生き生き描かれています。
    筋肉ムキムキのお兄さんだとかイカとサーフィンしている人だとか・・
    笑いをとったようなちょっとユニークな挿絵が大人も楽しめると思います。
    たまにはこういう絵だけの絵本もいいなーと感じました。

    掲載日:2009/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 家族揃って

    家族揃って手をつなぎ皆笑顔で楽しそうな表紙を眺めて気に入ったのでこの絵本を選びました。これは、中身も面白かったです。主人公の家族がどこにいるのか探すのも勿論楽しいし、他の登場人物が味があって隅々まで目を凝らして眺めてしまいました。作者自身も作品を楽しんで制作している様子がありありと伝わってきました。主人公達が過ごしたこんな楽しい一日は大人になってもきっと色褪せない素敵な思い出になるのだろうなと思いました。海に行きたくなってしまう絵本です!

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • えー。なんでー。

    20年近く前から、イラストレーターとしてテリー(湯村輝彦)さんのファンなので、「こどものとも」と彼のキャラクターのギャップに驚いた次第です。
    絵のみで、お話はないので子供と一緒に時間の移り変わりや置いてあるもの、そこにいる人の事、色んな事をおしゃべりしながらページをめくります。
    決して子供向きの絵ではないのが、子供にとって新鮮だし面白かったようです。よかった。

    掲載日:2007/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 生命力溢れる絵!!

    娘は気に入って、ページを開けば「カニさんはどこ〜?」と聞いてきます。
    「まだ ねんねしてるよ〜。」

    海辺の一日を、同じ場所から眺めているような構成。
    前のページで気になったあのこが、今は何をしているのか??

    読むたびに発見をし、自分でストーリーを編み出していく。
    そんな楽しみがある絵本です。

    ・・・すいません、ママはテリー・ジョンスンさんの絵が苦手なので、★4つにしてしまいましたが、この生命力あふれる、暑苦しい絵は夏の海にピッタリなんです。

    掲載日:2007/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 意外にお気に入り!!

    • さわこさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子2歳

    初めて手元に届いた時は、文字がないのでどのように読み聞かせていいのか???と悩みましたが、娘と一緒に絵を見て話をしながら読み進めました。
    読み方はいろいろあります。まず、主人公?の家族に注目して、海の一日をどのように過ごしたかをずっと追っかけたり。それから、1つの貝に注目して、誰にさわられたのかとかを見ていったり。お店が1日にどんな変化があるかみたり…。それぞれの見方があると思います。
    娘のお気に入りは、カニです。カニがおじさんに意地悪するんです。そのカニの様子やおじさんの様子を前後のページをめくりながらみるのが大好きです。
    隅々までみるととってもおもしろいところがたくさんあって、大人の私も本の中に引き込まれてしまいました。初めに手元に届いた印象とは違って、かなり楽しめましたよ。

    掲載日:2007/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 文字のない絵本

    娘が幼稚園から持ち帰った絵本です。
    はじめこそ“なんじゃこりゃ”と思っていましたが
    読み進めると遠近感を全く無視した自由な構図とかにユーモアを感じます。
    海水浴場が混んでくると
    砂浜や海で沢山の人が色んなことをやっていて
    探し絵本っぽいところに娘は面白さを感じたのだな〜と思いました。
    海水浴場の朝から夜までの1日の様子を描いたこの絵本。
    きっとすぐにでも海に行きたくなりますよ。

    掲載日:2007/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隅から隅まで面白い!

    • ちびびさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳

    文字のない絵本です。
    夜明けから夜までの海辺の様子を絵だけで。
    だんだん人が増えて、色んな人がいて・・
    文字がなくとも海辺の1日がよくわかります。
    そして、隅まで沢山の人や物が描かれていて
    子供と何度みても飽きずにページをめくれます。

    掲載日:2007/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.82)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット