ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ひとりじめ」 みんなの声

ひとりじめ 作:本間正樹
絵:いもと ようこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784333020829
評価スコア 4
評価ランキング 18,171
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 仲良くするには我慢も必要。
    仲良くすると喜びも増える。
    それがとても分かりやすく伝わる内容だと思います。

    ただ、子どもの中には頭では「ひとりじめはいけない」「仲良く」「一緒に」と分かっていても
    どうしても勝手な行動をおこしてしまう子がいると思います。

    「楽しいんだけど楽しくない」この感情がポイントなのでしょうね。

    心で感じることが大切なのかと思いました。
    まずこの感情を知るためには、どういった経験が必要なのだろうと感じました。

    掲載日:2010/12/07

    参考になりました
    感謝
    2
  • 誰もが通る道

    いもとようこが好きな息子が借りてきました。
    読む前に息子が「ひとりじめって何?」と聞きました。「おもちゃでもおかしでも自分一人で全部もっていって、誰にもあげないこと」と答えました。

    物の貸し借りや、お菓子をあげたりすることができない時期ってありますよね。子どもは誰もが通る道ではないでしようか?

    「人のふり見てわがふり直せ」とはいうものの、実際には難しいものです。息子は貸し借りできない時期は終わりましたが、そういう時期のお子さんが読んだらピンとくるかも?

    一人じめするより、みんなで何かする方が楽しいねということに、気付かせてくれる内容なのでいいなと思いました。
    絵がかわいいです。

    掲載日:2008/07/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • みんな一緒の方が楽しいね

    • ももうさ♪さん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳、女の子0歳

    “しつけ絵本”という位置付けに、
    わざとらしく教訓じみているのかなぁ・・・;
    と、ちょっと身構えて読みましたが、
    表現方法は自然で、とても可愛らしい絵本ですね。

    ひとりじめすると、ちょっと満足。楽しくて優越感。
    でも、ひとりきりだと、何だか寂しくてつまらないかも・・・。

    “ひとりじめはダメ!”一辺倒ではなく、
    楽しいのに寂しい・・・というのが絶妙です。
    ひとりじめしてしまう子の気持ち・理由にも寄り添っているようで。

    だけど、みんな一緒の方がずっとずっと楽しい!
    ということが、
    より伝わりやすいと思いました。

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大事な事

    独り占めしてしまうこぐまくんのお話です。

    独り占めするのは楽しいけれど、なんだか楽しくない事に気付く所が素晴らしいなぁと思いました。
    独り占めするのは簡単ですが、みんなと一緒に楽しむことの大切さを絵本を通して上手く表現していると感じました。

    大切な事に気付いて欲しい子ども達に、是非読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2010/11/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなで遊ぶ楽しさ

    こぐまくんの目線になって、ひとりじめするのでなくみんなで分け合うことの大切さが学べると思います。こぐまくんの心情描写が丁寧だし、わかりやすく読み進めていけるのでぜひ子どもに読み聞かせしたいなと思いました。
    ほんわかした優しいタッチの絵に癒されます。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひとりじめって何?

    本を見せての第一声が「ひとりじめって何?」でした。
    普段から「ひとりじめしちゃだめ!」とか言われてるのになぁ、頭ごなしに怒っても伝わってないのかな、と反省しました。
    あえて説明せず、読み聞かせしてみました。
    絵本のくまくんはひとりじめして遊ぶことが『たのしいんだけど、たのしくない』『みんないっしょだと楽しい』と気づくことができました。
    同様に息子も気づいてくれるとうれしいな。まだ少し難しそうですが・・・

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • よい絵本だと思います

    ぶらんこ,砂場,食べ物,いつも自分中心でひとりじめをしてしまうこぐま。
    でも何だかつまらない。。
    きぶどうを分け合って食べるお友達の姿を見て気づきます。

    分け合うことの大切さ,相手を思いやる気持ち。
    それはひとりじめなんかより,ずっとずっと楽しいとこ!!
    可愛い絵とわかりやすいもの(ぶらんこや砂場や食べ物)を用いたお話で,小さい子にも共感できる絵本だと思います!

    掲載日:2014/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんだか…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    あれもこれもなんでもひとりじめしてしまう自分勝手なくまさん。
    でもなんだかおもしろくない…。
    ひとりじめするのではなくみんなでいっしょに仲良く食べたり、遊んだりするほうがおもしろい!と気づけて良かったです。そのことに気づかずにひとりじめを続ける子っていうのもいますから。
    なんでもひとりじめだとやはりその人のまわりには人は集まらなくなってきてしまうでしょう。気づかない子もいつかは気づいて反省してくれるといいですね。

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなでいると楽しい 

    くまくんは自分がなんでも一番だと思うところがあって、みんな事がみえません みんなの気持ちを考えられません

    悪気はないんですが・・・ そんな独りよがりなくまくん 
    みんなは離れていきます
    友達がいないとなんだか 淋しくて楽しくないのです

    そんな事を感じているのですが どうしたらいいか分かりません

    そんなときリスさんたちがみんなで仲良くブドウを食べているのを見て気がつくのです
    それからのくまくんは みんなのことを思う気持ちがわかるのですね

    子どもは自分勝手なところもありますが ひとりぽっちは淋しい
    大人だって同じですね 

    掲載日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いやりとはどういうことか

    悪気はないのだろうけれど、
    いつも自分中心で行動してしまう こぐまくん。

    そうして みんながいなくなってしまうと、
    「たのしいんだけど、たのしくないなあ・・・」

    でも理由が分からないので、
    またまたみんなに迷惑をかけてしまいます。

    そんなとき、りすさんたちの言葉を聞いて
    ハッとする こぐまくん。

    「そうか、そうだったんだ!」

    いもとようこさんのあたたかいイラストで、
    思いやりとはどういうことか、
    思いやることで、自分がどんな気持ちになるかが
    ふんわりと優しく描かれています。

    優しい気持ちになれる絵本です。

    掲載日:2014/01/09

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(22人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット