もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

おしょうがつこびとのおはなし」 みんなの声

おしょうがつこびとのおはなし 作・絵:まつい のりこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1986年04月
ISBN:9784494002306
評価スコア 4
評価ランキング 18,384
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お正月の始まり

    このお話は、お正月小人が白い家に行って次の年の12カ月の小さな小人たちを目覚めさすお話でした。大きな川に阻まれたりしながらも何とか小さな小人たちを家から出してあげることができました。とってもかわいらしいお話でうちの子は気に入っていました。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月に

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    図書館のお正月の絵本コーナーにあったので借りて読んでみました。
    お正月に読みたいですね。
    「あけましておめでとう」と言ってまわるおしょうがつこびとが良かったです。
    橋が壊れているということでとられた移動手段はなんと凧にのること!お正月らしいけど、びっくりしました。凧の作り方はこどもは知らなかったろうと思います。
    12ヶ月のこびとさんが登場したので、こどもの生まれ月のこびとさんをこどもといっしょにピックアップして話しました。

    掲載日:2015/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月におすすめ

    • ☆だ〜なさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    まついのりこさんの『行事こびとのえほん』シリーズはかわいくて大好きです。
    お話も難しいものではないので、乳児さんによく読んでいます。

    今回はお正月の遊びがたくさん!
    ちょっとワクワクドキドキする展開も楽しそうに見守っていました☆

    掲載日:2015/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月に読みたい!

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    図書館のお正月本コーナーにありました。
    シンプルな小人さんの絵がかわいくて、思わず借りてきました。

    お話もシンプルです。お正月小人さんが、お正月の遊びをしながらたこに乗ったりして、家まで行くお話です。
    季節感がとてもよく出ていて、一月に読んであげる本としてピッタリだと思います。
    最後のページには12か月の小人さんも集合していてほのぼのしました。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • こびとのお正月

    我が家では、季節ごとにお世話になっている、「行事こびとのえほん」シリーズです。

    日本の伝統的なお正月をイメージするものは「凧あげ」くらいなので、昔ながらのお正月を伝えたい場合には、向かないかと思います。

    こびとが、新しい年の始まりを伝える様子が、かわいらしく描かれていると思います。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行事こびとはかわいいこびと

    うちの「行事こびとシリーズ」デビューは、「まめまきこびと」。
    とうとう一周した「行事こびとシリーズ」。
    まついのりこさんの素朴な絵と季節感いっぱいのストーリーは
    どれもこれも◎。
    今回は、おしょうがつこびとが、対岸の家に行きたいけど、
    橋が壊れて困っている設定。
    みんなで協力して、凧でおしょうがつこびとを対岸へ運んで
    あげるストーリーは、娘も気に入り、画用紙で作った凧を
    引っ張り出して再現してました☆

    掲載日:2010/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月の遊び

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子12歳

    行事こびとのえほん、と副題があります。
    まついのりこさんらしいシンプルな絵が素敵です。
    1月1日元日の朝、川向こうの白い家に向かった、おしょうがつこびと。
    ところが、途中の橋が壊れていて、川を渡れません。
    途中で会う動物達が、羽根つきしたり、駒回ししたり、お正月らしい光景が
    描かれます。
    おしょうがつこびとが川を渡った方法も、凧。
    凧の作り方も描かれているので、ちょっと得した気分です。
    そして、白い家での出来事。
    新年の幕開けにぴったりの展開がよかったです。
    絵が小さく、淡い色彩ですので、遠目が利きにくいですが、
    親子でじっくり読むにはちょうどいいと思います。

    掲載日:2009/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月の時期に読みたいお話

    絵本ナビのお正月に読みたい本の特集で見つけたお話です。おしょうがつこびとが、川の向こうのうちに急いでいます。でも、橋が壊れていて行けません。さるとりすたちが凧を作ってこびとを上げてくれます。さるがこままわし、りすが羽根突きをしているのがお正月らしいです。

    凧を作る行程がよくわかるのが楽しかったです。読み終わった息子の疑問は、「もう凧がないじゃん。どうやって川に戻ってくるの?」でした。

    おしょうがつこびとの役目は、おうちに着くこと、おうちには無事着きましたが、もう戻ってくることはないのでしょうか?

    おしょうがつというと、神様のお話が多い中で、小人をもってくるという発想がユニークで新鮮でした。絵がとてもかわいらしいです。

    「いいとしになりますように」という願いもお話の中にこめられているので、お正月の時期に読みたいお話だと思いました。

    掲載日:2008/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(8人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット