雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…

かんたんせんせいとペンギン」 みんなの声

かんたんせんせいとペンギン 作:斉藤 洋
絵:大森 裕子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2006年
ISBN:9784061981638
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,858
みんなの声 総数 8
「かんたんせんせいとペンギン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かんたん!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子8歳、男の子6歳、

    最近、我が家は児童書を読むことが多くなりましたが、図書
    館で見つけたこのシリーズは期待大!
    作者を見るとなるほど納得の斉藤洋さんで「なんじゃひなた
    まる」や「ナツカのおばけ事件簿」のシリーズで我が子の心
    を掴んでますが、「かんたんせんせい」はそれらより字も大
    きく、話もシンプル、一日で全然読み切れるとっつきやすさ
    がおすすめで、早速今度は次巻を借りたいです。

    夕方、氷山の上になぜかペンギンが大行列、「どうして、こ
    んなにたくさんのペンギンがならんでいるのかというと・・
    ・」と最初の見開きページで??と先が気になります。
    そして「もちろん、それにはわけがあります。」と次ページ
    からの展開の早いこと、スピーディーかつユーモアたっぷり
    の内容であっという間に読み切ってしまいますよ。
    せんせいが頭から海に飛び込む所、リゲルの「ヒューン」に
    「うわーい!」の所で子供達二人は顔を見合わせて爆笑
    してました。
    次々と新しいアイデアを出し、まずそれを自分でやってみせ
    るせんせい、やる前からあきらめず、せんせいのアイデアを
    とにかく試してみるリゲル、どちらも最高です!!

    お気に入りの場面
    娘:ぴょこぴょこぴこたんばびょんばびょんと歩くリゲル
    息子:ヒューン、ヒュー、ヒュー、ヒュッと風を切るリゲル
    僕:魅力たっぷりのかんたんせんせい

    掲載日:2012/04/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • 軽やか〜

    図書館で表紙が目にとまって!借りてきました。
    かんたんせんせいの頼りになりそうな様子と、ペンギンが
    愛らしくて。
    娘はちょっと前に学校の図書館からペンギンシリーズの本を
    よく借りてきていたのですが、同じペンギンであっても、
    このシリーズとはまた別物なのですね。

    ペンギンの願いをかなえるために、かんたんせんせいが次々と
    「かんたん」に考えだす方法がいいなあと思います。いえ、
    考えだすフットワークの軽さがいいなあと思うのです。
    どんなことでも「無理だ」なんて思わずに、ぱっと考えて
    だめだったら落ち込むんじゃなくて「じゃ次いってみよー」って
    気持ちを切り替えることができるのって素敵だなって。

    掲載日:2015/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空飛ぶペンギン

    ペンギンの大好きな息子が選んできました。
    空を飛びたいペンギンのために、かんたんせんせいが
    色々と考えてくれます。
    思わず微笑んでしまいます。一生懸命に飛ぼうとする
    ペンギンの姿がかわいく、また一緒に応援したくなります。
    最後には、かんたんせんせいからの素敵な贈り物に
    ほっとしました。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かんたん、かんたん!

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子6歳、男の子2歳

    斉藤さんの「ひとりざむらい」も好きですが、
    この「かんたんせんせい」も
    なかなかいい味を出してると思います。

    え〜、無理じゃないの?っていう「願い」も
    「かんたん、かんたん!」って言いながら
    一つ目、二つ目って方法を提案してかなえてくれます。

    でも、それはぺんぎんのリゲル君には気に入らない。

    最後の「かんたんなしかけ」をするからといって
    かんたんせんせいは待っててって言います。

    そのしかけ、本当はぜんぜん「かんたん」じゃないのに
    「かんたん、かんたん」って願いをかなえてくれるせんせい。

    子供の「○○したい」に大人は「え〜、無理じゃないの」とか
    「たいへん」を連発してしまうけど、
    かんたんせんせいみたいに「かんたん、かんたん。出来るよ!」って
    励ましてあげるのも大事なんだなって思いました。

    シリーズの「かんたんせんせいとライオン」も
    やはり、「ちょっと無理」なお願いを
    ちゃ〜んとかなえてくれます。

    かんたんせんせいみたいに、どーんと受け止めて
    「大丈夫!」って言える母になりたいです♪

    掲載日:2009/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 空飛ぶペンギン?!

    表紙を見て面白そうだと思い読みました。
    ペンギンのリゲルがかんたんせんせいに
    空を飛びたいと相談します。

    かんたんせんせいがなんでもかんたんかんたんと
    言ってこなしてしまいます。
    上の子(小1)は私が読んであげようと思っていたのに
    下の子(年中)に読んであげてました。
    字が大きくて見やすいし、どうするんだろうと
    思わせる内容なので小1でも、どんどん読めたようです。
    かんたんせんせいとライオンと言うのもあるようなので
    そちらも読んでみようと思います。
    南極に行ったらこんな風に並んでいるペンギンが
    見れるかも?!なんて思う楽しい児童書でした。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • かんたんせんせいは超人並

    息子は斉藤洋さんの本が大好き。

    「なん者ひなた丸」シリーズも好きですが、この「かんたんせんせい」シリーズもばかばかしくておもしろいです。

    何でも簡単に請け負うから、「かんたんせんせい」というのがわかりやすいです。

    今回は、空を飛びたいというペンギンのお話。

    ライオンがハムスターになりたいという依頼もおもしろかったのですが、今回も簡単に請け負って大丈夫なのかな?本当に飛べるの?と思いついつい読んでしまいました。

    驚くのは、かんたんせんせいが、氷の島を原始人のような薄い衣装で歩いていることです。

    さらに驚いたのは、服を脱いで冷たい海に飛び込むことでした。

    かんたんせんせいの素性はあきらかではありませんが、超人的な体力であることは間違いなさそうです。

    飛ぶというと、空をパタパタと飛ぶのを思い描くのですが、飛ぶだけなら、そうか飛んでしまえばいいんだと思いました。

    ペンギンの話なので、どことなくペンギンシリーズを思い浮かべたのですが、ちょっと趣は異なります。

    今回もばかばかしくて笑ってしまいました。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みやすいですよ!

    斎藤洋さんが書いているペンギン。
    同じ出版社だし、ペンギン探検隊シリーズか…
    と思ったら、新しい「かんたん先生」シリーズ。
    でもさすが斎藤さん。
    期待を裏切らない面白さがありました♪

    ペンギンリゲルの空を飛びたい!
    と夢をかなえるために奮闘するかんたん先生。
    その方法とは…

    子どもがくすっと笑える要素いっぱいです。
    挿絵がカラーというのも、絵本から童話へと幅を広げている息子にはいいようです
    ちょっと分量は多いけど、ひらがな&カタカナだから頑張ったら読める!
    それが自信になるような感じがしました。

    ちなみに最後に画家の大森さんがクイズをだしています。
    せっかくなので、そこも楽しんでくださいね!
    子どもはなんだかんだいってそこが一番好きだったようです^^;

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • サラ〜と考えたことをこなしてしまう

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    ペンギン探検隊シリーズだと思って、読んでみたら違ってました。よく見たら、イラストも高畠さんではなくて、大森裕子さんという方でした。(思い込みって、怖いですね)

    でも、ペンギン探検隊シリーズとは違った、「かんたんせんせい」の面白さがありました。むしろ私は、こちらの作品のほうが好みかも〜。

    「空を飛んでみたい」と願うペンギンのリゲルのために、ひと肌も、ふた肌も脱ぐかんたんせんせいはすごいです。
    1案も2案も3案も、かんたんせんせいはサラ〜っと考えついて、サラ〜とこなしてしまいますが、そこがまたすごい!ところだと、感心しました。

    イラストもかわいいし、話も笑いがあるのに、とても素敵なストーリーで、字も大きくて配列も読みやすい。
    絵本から児童書に移っていかれるお子さんにはもってこいの作品だと思います。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット