しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

おー、うんこ」 みんなの声

おー、うんこ 作・絵:松下美砂子
出版社:架空社
本体価格:\1,300+税
発行日:1997年
ISBN:9784877521035
評価スコア 4.4
評価ランキング 8,608
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • うんこ〜

    うんこモリモリのシーンがとっても気に入っていました。私もうんこがこんもり過ぎてびっくりしました!!いっぱい食べて大きくなったら
    大きなうんこをする。生命の仕組みも表されていてとっても良かったです。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • うんこのやま

    • サマさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子5歳、女の子2歳

    「うんこ」と言う言葉に敏感に反応する時期なのでこの本を選びました。
    どんどん食べて大きくなっていくぶた。それを見て「たべてるねぇ、たべてるねぇ」「おーでけぇ!!」と大興奮。

    うんこをぶりぶりしてうんこの山が出来たときは大爆笑でした。

    何度も何度も読みました。「ぶたうんこ」と良いながら持ってくるので(笑)


    『 ぶたはしった はじめてしった
      「たべたものは ださなくてはいけない」 』
    このシーンは真似して言っていました。

    子供の大好きな動物+うんこネタは最強ですね

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強烈!!化け物になった豚!!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    大食いの豚は何でも食べる。
    魚、ペンギンのたまご
    ひつじ、ぞう、木は山ごと食べちゃいます。
    どんどん巨大化して気分が悪くなり豚は気付きます。
    あっ、うんこしてない!!

    それから出すわ、出すわ。
    見開き一面にうんこの山。
    ひとかたまり毎に色が違ってて凝っています。

    いっぱい食べていっぱい出すのが健康なんだなと思いました。
    しかしペンギンのたまごの中に赤ちゃんがいて
    傍らでお母さんペンギンが泣いていてかわいそうだったな〜。

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • りっぱなうんこね。

    食べることがすきなぶたがいました。
    でも、このぶたの食べ方は半端じゃないのね。
    ぶたって雑食、というのは聞いたことがあるけれど、何もそんなものまで、と思うものまでバクバク食べていく。
    ペンギンの卵から、ぞうまで。
    ここまでいくと、「このぶたって悪いやつ?」と思ってしまう食いっぷりです。
    でも、食べて食べて食べた結果、ぶたはとんでもないことに。
    そして気づいたことがいい。「食べたものは出さなくてはいけない。」当たり前のことなんだけど、2ページさいて書かれたこの言葉に、うーんと納得。
    で、こんだけ食べた後に出てきたうんこがこれまたすごい。
    ただただ食べてうんこする、それだけの話といえばそこまでだけど、ここまでやるとなんか爽快だね。

    掲載日:2010/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶたさんが。。。

    ぶたさんが色々なものを食べて、大きくなってウンチを。。。
    という話の展開で、幼稚園の子供たちに読むと大うけでした。

    ぶたさんはペンギンのたまごや魚。。。といった生き物を食べていくのですが、生き物を頂くことがリアルに書かれているなと思います。ぶたさんにむしゃむしゃ食べられてしまう動物たちをみて、かわいそう・・・といったこどもの声もありました。
    そういう声を通して、食べることについても話すきっかけにもなりました。

    わが子にも命を頂くということ、少し大きくなったら、ゆっくりとこの絵本を通じてつたえていきたいと考えています。

    掲載日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • オオウケ☆

    読み聞かせでは、予想通りタイトルで大ウケ!!

    食いしん坊のブタ君が、魚をはじめ最後にはゾウまで食べてどんどんどん大きくなっていきます!
    そしてお腹が痛くなってダウン(><)

    そんなブタ君の初めてのうんこ☆
    子供達が一番喜んだ場面でした(笑)

    見ていてスッキリ感があるかも♪

    掲載日:2008/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 圧倒!

    なんといっても圧倒されてしまいます。

    たくさんたくさん、食べるぶた。
    どんどんどんどん、大きくなるぶた。

    ありえない食欲と、食べ物の種類ですが、
    コドモたちはもう夢中。

    そして、
    「たべたものは ださなければならない」

    もう、圧倒です。
    そうなんだよ。うんうん。というしかない。
    長男、ここで大うけでした。「知らなかったの〜!?」

    大量のうんこをしたぶたは、
    また何事も無かったように食べるのですが、
    たくましいというか、あっぱれというか…。

    次男は、食べられちゃう魚や、卵を食べられちゃうペンギンが
    泣いているところを必ず指差し、「泣いてるね」といいます。

    食するということを、ややオーバーではあるけど、
    きちんと描いてくれているのは、すごいですよね。
    ほんの少しでもいいから、そのことを心に止めておいてほしい、と思いました。

    掲載日:2007/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごいぶた。すごいうんこ。

     我が家のうんこ大好き兄弟が、ちょっと面食らった絵本です。タイトルもすごいけど、中身はもっとすごい。

     食べることの大好きなブタが、ひたすら食べて大きくなり(魚・羊・ゾウ!!)とうとう、山の木まで食べて巨大になりました。しかし、突然お腹が痛くなり、ばったり倒れたぶた。鼻先にいる鼻歌を歌う馬の言葉に生まれて初めて知るのでした、食べたら出さないといけないんだ…と。

     ちょっとびっくりするような絵もあるけど、そのうんこの量といい、最後のうんこしたらおなかが減るんだもんと、何ごともなかったかのように、また食べだすブタの姿がなんともすごい。

    掲載日:2007/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • うんこだ、ヒヒーン

    最初は興味なさそうだったのに、読んだら大喜び。
    しかしこれには母も驚いた。こんなにしたら、そら爽快やろうなぁ。
    といえば、あの馬。
    「うんこだ、ヒヒーン」は、心を込めて爽快に読んでさしあげました。母、このセリフが大のお気に入り。
    ブタが山の木を食べまくっているシーンから、このウンチ山のページまでが特に(母が)楽しい。

    食べたらウンチをしなきゃお腹が痛くなるよ。
    調子に乗ってついつい食べ過ぎる娘によく言うセリフでもあります。
    娘は「私とおんなじやぁ」と感嘆の声を上げていました。
    また娘は、うんち山よりその前ページの、一面茶色のページにうんちらしさを見つけたようです。
    「これは何の色?(なんで茶色いのか)」とおそるおそる聞いてくる様子にちょっぴり笑えました。

    ただ前半の食べまくるシーンで、ペンギンとゾウ、特にペンギンは泣き叫ぶ母親の絵があって少々書き込みすぎのけらいも……。
    でも娘は「こんなん食べたらあかんよねぇ」と怒りながらも、一番おもしろかったページでここをピックアップしておりました。
    良くも悪くも印象に残ったのかな。

    掲載日:2007/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 結構グロテスク。

    男っぽい絵本でした。
    どこでだって、何だって食べる豚。
    でも、うんちをするってことを知らなかったがために、とてつもなく大きくなってしまって、おなかが痛くなって・・・。
    そしてでてきたうんちのすごいこと。
    荒々しいまでにダイナミックで、ちょっと引いちゃうくらいでした。

    掲載日:2006/10/09

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット