ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ブラッキンダー」 みんなの声

ブラッキンダー 作・絵:スズキ コージ
出版社:イースト・プレス イースト・プレスの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784872579710
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,705
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • おもわずワォー!!ブラッキンダー

    この絵本を読んでいて、思わず叫びたくなったのです。
    ブラッキンダー!!!
    スズキ・コージさんの快挙です。
    このリズム感は何でしょう。
    南国的で、激しく木々太鼓を打ち鳴らすような、おもわずみんなが舞い踊りたくなるようなリズムです。
    ブラッキンダー!!!
    インク壺から現れたブラッキンとサボテンのキンダーの大冒険。
    傍若無人さ、理屈抜きの破天荒、何もが輪になりドーナツになり、宇宙にはばたくブラッキンダー!!!
    はちゃめちゃな大航海の後に残ったのは、航海を終えたフンザくん作のおもちゃの船と、フンザくんをうならせる大傑作の不思議な絵。
    やっぱり思わず叫びたくなるのです。
    ワォー!!!ブラッキンダー!!!
    読んだ人にしかわからない感動をどうして伝えればよいのでしょう。
    ただし、小さな子には訳のわからない興奮かもしれないので、読む前に注意して下さい。

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 夜の冒険へ出発!

    インク瓶の中から飛び出した真っ黒な男の子、ブラッキンと鉢植えサボテンのキンダーちゃん。
    いぬのフンザくんが寝ている間に、彼の作ったおもちゃの船に乗り込み、夜の冒険へと出かけます。

    「すてきな ふねで しゅっぱつ!しゅっぱつ!
    のりくみいんは ふたりあわせて
    ブラッキンダー ブラッキンダー」

    次々と起こる不思議な出来事。
    先の読めない展開に、ドキドキワクワク。
    夜の世界を縦横無尽に駆け回る2人の姿には、思わず胸が躍ります。
    こんな冒険してみたい!
    言葉の響きとビビット調の色鮮やかな色彩が楽しい、五感を刺激する絵本です。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんていえばいいのか・・・

    • AAさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    スズキコージさんの本って独特ですよね。
    いつか講演会に行った時
    「目をつぶって頭に浮かんできたものを描きます。」
    って言われていて、あんな感じの情景が浮かぶのかとおもうとちょっとびっくりしました。
    と同時に
    「ああ、この人は天才なんだな。」
    と思いました。

    そのスズキさんのことばを思いながらこの本を読むと、こんなものが見えているのかと不思議に思うばかりです。
    内容ははっきりいって「???」だったんですが、スズキコージさんの絵本というだけでうちでは注目です。
    はっきり言えることは、凡人が評価することのできない領域の本であろうと思います。

    でも、子供はこの摩訶不思議な世界をちょっと怖がったり案外面白がったりして見ているので興味をもたれた方は読んで見てください。

    掲載日:2008/09/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 模型の船ってロマンがあります

    全ページお試し読みで読みました。
    最初のページ、ワンザくんが船を完成して満足気な顔で眠っている部屋の絵が好きです。
    インク瓶のブラッキンとサボテンのキンダーが大事な船にのって二人が出かけて行ってしまうのにワンザくんはすやすやで、心配ですが、おかげで元気いっぱいの冒険旅行。
    エネルギッシュな絵を隅々まで見ていると楽しいです。
    グルグル回るとみんなドーナツになるんですね(笑)

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • さあ出発

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    スズキコージさんの独特な絵が大好きです.時間を忘れて見入ってしまいます.自分も絵の中の世界にいるような不思議な気分になってきます.
    この絵本は,インクのビンから出てきたブラッキンとサボテンのキンダーが,イヌのフンザくんが作った船で旅に出るお話です.面白いコンビです.旅の文章を読んでいると,こっちまで楽しくなってきます.リズムをつけて読みたくなります.3歳の息子は,絵の色彩が豊かで気に入ったみたいで,「きれい〜」と喜んでみていました.
    最後,元いた机の上に戻ってきたときには,あ〜あ旅も終わりかと少しさびしい気分になってしまいました.もっと旅が続けばよかったな.

    掲載日:2015/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特です

    • はるたろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子3歳、男の子1歳

    表紙をみた限りでも色使いといい、絵のタッチといい、
    かなり独特です!!

    中身も独特です!!
    小さい子にはちょっと怖いかもしれません。

    そしてインクのビンから出てきたブラッキン、
    サボテンのキンダー
    二人合わせてブラッキンダー
    というネーミングもよく分からないみたいでした。

    掲載日:2014/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • よく分からないのに、好き!

    この、どこまでも広がってゆく世界観。
    スズキコージさんの描く絵は、
    いつでも心に良い衝撃を与えてくれます。

    色といいコラージュといい、
    圧倒的な存在感を放つこの作品。

    正直なところ何が何だかよく分からないのに、
    「好き」だと感じました。

    掲載日:2014/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖くない!?

    この絵本のキャラ大人が見ても怖いと思いませんか!?うちの子はかわいいって言ってました。特にブラッキンが気に入っていて、出てくるたびにくぎ付けになってました。ブラッキンダーでいろんなとこに行くというストーリーが面白かったそうです。

    掲載日:2012/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は好きだけれど子どもには不評

    ブラッキンダー?何のことかしらと思いながら読み始めると、黒いインクのブラッキンとはちうえサボテンのキンダーのことでした。。。とんでもない出来事が当たり前に繰り広げられるので、どっぷりと不思議な世界に入り込んでしまいます。
    ただ、子供たちにはあまり評判がよくありませんでした。物語をじっくり読みたい長女には物足りないようですし、ナンセンス絵本が好きな次女も、ちょっとクセが強すぎて、ブラッキンダーと一緒に冒険する気にはなれなかったよう。時期をおいて、また挑戦してみます。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい 冒険の世界へ

    スズキコージさんの ブラッキンダー
    犬のフンザくんがつくったおもちゃのふね
    フンザくんが寝ている間のできごと  なんとインクつぼからでてきた ブラッキン ワーイ おもしろそうですね こんないたずらぼうやがいるなんて 楽しそう!
    え? えを描くのです 子供が 遊んでいるような
    つぎに登場するのが サボテンのキンダーちゃんとは、二人合わせてグラッキンダーこの二人の旅がなかなかおもしろいんです。
    ぐるぐる回ってドーナツとは宇宙のドーナツとは   色も何とも言えない色合いで 登場する おおおとこも 何ともユニーク

    知らないのは 寝ていた フンダくんのみ
    でも ブラッキンの描いた絵は なかなか 気に入って 傑作とみんなに自慢しているのが おかしいんです

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


すべてのおとなとこどもに贈ります

全ページためしよみ
年齢別絵本セット