大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

レッド・ブック」 みんなの声

レッド・ブック 作・絵:バーバラ・レーマン
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年10月
ISBN:9784566008977
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,474
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子が読み聞かせしてくれました

    言葉のない絵本です。
    言葉はありませんが、ページをめくりながら次々と絵を追っていくと何か語りかけられている気分になります。

    雪景色、教室の窓から表紙の女の子が見え、次には女の子がページいっぱいに。なんだか女の子と目が合った気分になり、はっとされます。

    3歳にプレゼントで頂いてから、無言で一緒に絵だけをおって楽しんだり、私がお話をつけて楽しんだりしていました。
    いつの頃からか、息子がお話をつけて読んでくれた思い出の1冊です。
    とても不思議な優しい絵本です。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な絵本時間を!

    文章のないイラストのみの,内容もちょっと不思議な絵本です。
    イラストから想像して,親子で読めば会話もふくらみそうです。
    絵をみて感じる。。。こんな絵本時間もゆったりと優しく素敵だな〜とこちらの絵本を読んで思いました☆

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  •  字のない絵本です。

     都会の真ん中。、雪に埋もれて端っこだけ見えていた赤い絵本を拾った女の子は、ページを開いてびっくり!だって、その中には、「自分がその絵本を見ている様子」が描かれた赤い絵本を見ている男の子の絵が、あったのですから!(わかります?)

     女の子はたくさん風船を買って、それにつかまって飛んでいきます。南の国の海辺にいるその男の子に会うために・・。そして、二人は出会います!なんとも不思議な展開です。

     女の子は空の旅の途中で、赤い絵本を落としてしまいますが、その絵本を拾った人がいました。今度は、その人が絵本の中に現れるのでしょうか?

      合わせ鏡のような絵本の展開を理解するのに、普段使わない部分の脳を使ったようです。不思議な気持ちになりました。2005年度のコールデコット賞次点作だそうです。

    掲載日:2015/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本のなかのあなた

    本の中にいる少年と、拾った絵本を見ている少女。
    本の中の少年が見ている本の中にいる少女。
    お互いに気になる関係ですが、もっと気になるのは、その絵本を見ている自分なのです。
    その関係がクロスして、私たちは異次元の世界に放り出されます。
    不思議な絵本ですが、余韻たっぷりです。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • お洒落な絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2005年のコールデコット賞オナー賞受賞作品。
    The Red bookという名前の通り、正方形の赤い表紙が特徴的。

    物語は、雪道で、学校への途中で少女が赤い一冊の本を拾うシーンから始まります。
    学校で開いてみると、そこには地図があって、沢山の島々があります。
    クローズアップすると、島には少年がいて、同じように赤い一冊の本を拾うのですが、そこに描かれているのは、今、赤い絵本を開いていた少女。
    お互いが微笑みあうのですが、少女は、行動に出ます。
    それは、沢山の風船を買って、少年に会いにいくというもの。

    正しく奇想天外な話なのですが、本が貴方の知らない世界へ誘うという意味合いを、表現しているような絵本です。
    この絵本には、言葉がありません。
    ですから、読み手の想像力によって幾らでも世界は広がるのですが、おそらく多くの人は惹きこまれてしまうことでしょう。

    とてもお洒落な絵本だと思います。

    掲載日:2011/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    2年生の娘が図書館で長いこと眺めた挙句に
    「これ借りる」と言って借りて帰った絵本です。
    家に帰って「どれどれ・・・」と私が見てみると
    なんと全く文章のない絵本なんです。
    でもパラパラとページをめくるにつれて
    不思議な世界にいざなわれる気分になるのです。
    全く文章はないけれど 娘が家でじっくりと読みたいと思ったその気持ちがよく分かりました。
    レッドブックがさまざまな人に不思議な世界を見せる様子。
    これはエンドレスなんだなあとラストを見て思いました。

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプル

    シンプルな赤色の表紙に女の子の急ぐ様子が可愛らしく描かれていて素敵だなと思ったのでこの絵本を選びました。ストーリーがとてもテンポよく心地よく流れていくのが素敵だなと思いました。敢えて字が書かれていないのも想像力が駆使されて良いと思いました。最後に本を拾った人がこの後どうなるのかという期待も膨らむ展開が良いと思いました。続編も読みたくなる絵本です。

    掲載日:2009/05/21

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット