ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

だあれ」 みんなの声

だあれ 作・絵:ラルフ・ステッドマン
訳:安部 直
出版社:架空社
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年07月
ISBN:9784906268016
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • パパが読んだら複雑な気持ちかも(笑)

    • 西の魔女さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    子どもがパパの特徴を1つずつあげ
    それを その言葉通りに描いていったら
    こんな斬新な絵になるのですね。
    最後の場面で この絵を見た子供が
    「ぼくのパパじゃない!」って言うのですが
    確かにこれは君のパパではないし
    おそらく人間でもない(笑)
    思わず笑ってしまった絵本です。

    こんなゲームをしてみるのも楽しいかも
    …でも描かれるパパはいやかな(笑)

    掲載日:2009/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット