もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

なみ」 みんなの声

なみ 作・絵:スージー・リー
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2009年07月
ISBN:9784062830355
評価スコア 4.75
評価ランキング 683
みんなの声 総数 15
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 絵が物語る絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2008年に、アメリカで刊行されるや、たちまち世界各国から、出版の申し込みが殺到したと言われる作品。
    原題は、「Wave」
    日本では2009年の初版です。

    この絵本の何が凄いかって、文字がない絵本なのに各国から出版依頼があったということ。
    だから、翻訳と言っても、題名しか異りません。
    ですから、それだけ、絵が物語る作品だということなのです。
    しかも、使用されている色は、青と黒だけ。

    物語は、女の子が、ママに連れられて海にやってくるシーンから始まります。
    横長の変則型の絵本が、海の広がりを上手く表現しています。

    右側のページが海の領域、左側のページが女の子とカモメの領域になっていて、打ち寄せる波は、ページの境目までしか到達出来ません。
    それを逆手に取って、女の子が波をからかう仕草が絶品です。

    女の子は、その境界を越えて波と戯れるようになるのですが、波に逆襲されてずぶ濡れになってしまいます。
    でも、波はその代わりに貝殻のプレゼントを残してくれたりして、波との対話が実に小気味良いものとなっています。

    波の打ち寄せる音、カモメのざわめき、女の子の声さえもが、正に聞こえんばかりの臨場感で迫ってくる絵は、計算し尽された構図と相まって、見るものを圧倒します。
    類稀な表現力のある絵は、5歳位から上の年齢であれば、対象を選ばない素敵なもの。
    お洒落という一言がピッタリの絵本です。

    掲載日:2011/06/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • シンプルな素敵な絵本!

    こちらの絵本,文字はひとつもないイラストのみの絵本なのです。
    その上,イラストに使われた色も白/黒/青の3色のみととてもシンプルなんです。
    それでも,ワンピース姿の少女が実にいきいきと描かれ夏らしさがとても伝わってきます。
    文字のない絵本でもこんなに物語が伝わってくるんですね!
    文字がない分,読み手がそれぞれ想えるところがいいのかも知れませんね。
    少女時代っていいな〜!と懐かしくも羨ましくもなりました(笑)。

    掲載日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • なみの躍動感がすごい

    字のない絵本と紹介されていて興味を持って購入しました。
    ページをめくると、なるほど!
    ページいっぱいがキャンバスのようになっていて、寄せては返す躍動感あふれる波の情景が描かれています。波と遊ぶ女の子も生き生きしてて、よりいっそう臨場感が感じられます。
    字がないのに波の表情だけでストーリーが展開していくのも見事です。
    素敵な本と出会えました!

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 波の動き

    文章のない絵本です。
    そして、絵に使われている色は、黒・白・水色だけ。
    子供も「青だけだねー」と、気がつきました。
    たわむれるような波や、大きな波。
    波の音まで聞こえてきそうな、生き生きとした絵本だったと思います。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 波と戯れ、波と会話できる本

    同じ作者の『かげ』という絵本も素敵でしたが、こちらもまた、オシャレで楽しく、素敵な絵本でした。
    海に遊びにきた女の子が、波と追いかけっこをしています。波と戯れて、波と会話し、女の子が波と仲良しになっていく様子をみながら、自分もまた、波と会話しているような気分になってきます。
    言葉は全くないのですが、まるで波音が聞こえてくるようです。読むたびに、とても爽やかな気分にさせてくれる絵本です。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵な絵本です。

    女の子が海に遊びに来て、波と戯れるお話なのですが、文字が全くありません。
    使われている色も青・白・黒と少ないのですが、波の音、潮の香り、
    風までも感じるような生き生きとしていて、言葉はいらないって感じです。
     息子(7歳)は、女の子が波にあっかんべ〜とするページとその次のページで波が女の子に仕返しするところで毎回声を出して大笑いしています。

    掲載日:2012/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『母の愛』を感じる絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    文字は全くありません。
    小さな女の子が海に行って、かもめ達と波打ち際で遊んでいる。ただそれだけの話ですが、1つ1つのシーンにすごくドラマがあります。

    とてもわかりやすい感想を『ジュンイチパパ』さんが書いてくれているので、気になる方はそちらをよく読んでみてください。

    私は個人的に最後から3ページ前のページにちらりと日傘の先っぽが見えてから、最終ページまでの3ページが特に好きです。
    小さな女の子がここまで自由に楽しく波打ち際で遊べていたのも、すぐそばに安全を見守ってくれていた“お母さんの目があったからこそ”ではないでしょうか?
    『母の愛』をたっぷり感じられる素敵な絵本です。ぜひご家族で読んでみてください。

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 波の音が聞こえます

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    色づかいもほとんど2色のシンプルさに加え、絵本の中に言葉も擬音語もありません

    なのに皆さんおっしゃる通り、波の音、女の子のはしゃぐ声が聞こえてきます・・・
    今までの経験やメディアからの情報等々、いあらゆる海に関する事を思い起こさせる「ちから」がこの「絵」の素晴らしさなのでしょうか

    波に襲われてしまったものの、たくさんの貝殻のプレゼントに大喜びの女の子は海が大好きに・・・・

    幼い長男を初めて海へ連れて行ったときに、打ち寄せる波に向かって「こいっ!」と叫んで挑んでいた姿を思い出し、世界共通のこどもの感情を見させていただきました

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 波と無心に遊ぶ女の子

    おかあさんに連れてきてもらった海で、波と無心に遊ぶ女の子が無邪気
    で可愛いです。波の飛沫までかかってきそうで楽しくなります。
    波のざわめきまで聞こえてきそうです。じゃぶん、じゃぶんが強弱をつ
    けて追いかけてきたり、引いていったりと女の子と一緒になれます。
    リアルな絵の魅力に惹かれます。文字がないから余計に絵に集中できま
    す。横長の絵も迫力いっぱいに迫ってきます。ページを捲るのがとても嬉しい絵本です。

    掲載日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の世界に魅了されました。

    ただただ素敵☆
    細部までうっとりと絵を見つめながら、1ページ1ページをじっくり読みました。

    文章がない絵本だからこそいろいろな物語が想像できます。
    打ちよせる波の音。引いていく波の音。
    女の子は何と声を発しているのだろうか?
    お母さんが迎えに来たのかな? などなど。
    躍動感溢れる素晴らしい絵に込められた物語を想像して楽しむ☆
    贅沢な憩いの時間をもらった気がしました。

    海の音が聞こえてきそうです。

    掲載日:2010/07/23

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / スーホの白い馬 / がたん ごとん がたん ごとん / いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット