だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

まよなかのねこたち」 みんなの声

まよなかのねこたち 出版社:新世研
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年11月
ISBN:9784880120676
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「まよなかのねこたち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねこたちの夜の過ごし方

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ねこがいっぴき、真夜中の道を歩いている。
    ふと、水たまりをのぞくと、光る目玉がふたつ。
    もういっぴきのねこと出会います。
    今度は、光る目玉がよっつ。

    夜行性のねこの夜の様子が黒い画面に描かれています。意気揚揚と過ごしているのかと思うと、どうやら、夜の暗さは怖いようで、意外な一面に、思わず笑ってしまいました。
    黒い闇のなか、きらきら光る猫の目玉が、幻想的な雰囲気を出していました。
    単独行動が好きな猫なのに…
    その仕草に、ねこが、より身近に感じることができました。

    掲載日:2009/10/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぐりとぐら / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット