もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

あかいひかり みどりのひかり」 みんなの声

あかいひかり みどりのひかり 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイズガード
訳:谷川 俊太郎
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784924938144
評価スコア 4.24
評価ランキング 15,311
みんなの声 総数 24
「あかいひかり みどりのひかり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 信号

    タイトルにある「あかいひかり みどりのひかり」とは、信号のことだったのですね。
    「すすめ」「とまれ」という、簡単な英語もありましたね。
    英語超初心者の我が家には、これくらいでちょうどいい感じでした。
    絵は、お洒落できれいだと思います。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • おしゃれ

    子供の反応はイマイチでした。
    幼い頃も6歳になった今もさして興味なさげで、本棚から出てくる機会は少ないです。
    詩の本だと思うんですが、静かで単調な繰り返しで、雰囲気は全体的に大人向け?という印象です。おしゃれです。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おだやかになれます

    赤と緑、信号の色です。信号のお話です。

    そういってしまえば、とてもシンプルですが、

    そんなことありません。

    絵ももちろんそうですが、訳した谷川さんのセンスが

    とても感じられる訳でした。

    静かに時間が過ぎ、夜になっていく町が

    とてもおだやかで、読み聞かせにいいと思います。

    ただ、この文章のセンスを子供が感じるかと

    いうと少し難しいとは思います。

    掲載日:2014/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤と緑の対比

    信号の色である赤とみどり。その色の対比が美しい絵本です。
    静かで落ち着いた中にも、温かみがあって読むと心穏やかになります。
    表紙の見開き部分は全面赤色。そして裏表紙の見開き部分はみどり色となっていて、おしゃれな作りだなぁと感動しました。
    もしかしたら、子どもが自ら手に取る絵本ではないかもしれないので、ぜひ大人が読んであげてほしいなぁと思いました。

    掲載日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 厳粛な気持ちになれる絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    マーガレット・ワイズブラウンとレナード・ワイスガードナーという黄金コンビによる作品です。
    二人の作品では、「たいせつなこと」が記憶に鮮明に残っています。

    物語は、
    「あかい ひかり
    みどりの ひかり
    おはよう」
    という書き出しで始まります。
    そこには、アメリカのTV等で見かける上に赤、下に緑のあるタイプの信号機
    が描かれています。
    そして、車、人、動物などがその住処から出かけるのですが、そこにはいつも信号機が存在しています。
    そして、夜。
    出かけていた、車、人、動物などが、戻ってきます。
    そんな、ありきたりの1日を、信号機を起点に描いた作品なのですが、そんな毎日を過ごせることこそ、幸せなのだと思わされました。

    抒情詩のようなマーガレット・ワイズ・ブラウンの文章は、とてもリズミカルで、心地良ささえ感じます。
    勿論、谷川俊太郎さんの訳なればこそなのでしょう。

    そして、レナード・ワイスガードの絵が、また、素晴らしい。
    赤と緑を象徴的に使用した淡い色合いの色調なのですが、それが、見る者の心に染みとおるような絵に仕上がっています。

    単なる絵本を超えた作品との印象が強く、荘厳とさえ言えるような絵本です。
    好き嫌いが分かれる作品かも知れませんが、こうした良質な絵本は、是非1度は読み聞かせることをオススメします。

    掲載日:2012/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 静かな雰囲気の絵本

    • みるぴんさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    「みどりですすめ、あかでとまれ」が描かれているのですが、
    とても素敵な絵本です。
    子供向けに信号が分かるようにといった風に描かれてはいません。
    そこがなんとも素敵で、でも信号のことも描かれています。
    最初は、地味な感じの絵本だけど、息子の反応はどうなんだろう?と
    思って読みました。
    そんな心配は無用で、息子は最初からこの絵本を気に入りました。
    トラック、ジープなどが出てきて、最初の興味をひいたというのもあると思います。でも、車だけが主役で主張している絵本では決して無いです。
    1日が始まって、1日が終わっていく物語。
    夜に読むにもお勧めです。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子に!

    息子が気に入っている絵本です。

    信号の一日が詩のようにつづられています。マーガレット・ワイズ・ブラウンらしい文章。谷川俊太郎の訳も音の響きまで意識して訳しているのが伝わってきます。

    「あかいひかり」「みどりのひかり」という言葉が頻繁に出てきます。
    そして信号を取り巻く乗り物や動物たちの一日の生活も淡々とつづられています。

    レナード・ワイズガードの絵が素敵です。
    赤と緑の色使い。言葉のないページの絵が語りかけるもの。
    全体は暗い感じで書かれてありますが、そうすることで赤と緑の光が引き立っています。

    マーガレット・ワイズ・ブラウンとレナード・ワイズガードの絵本が好きなら、期待を裏切らないと思います。

    乗り物も出てくるので男の子は興味を引くと思うので
    乗り物の絵本だけれど、詩のようなタイプの絵本にTRYしてみたいと思うお母さん、是非読んであげてください。
    意外とすっと子どもは絵本の中に入っていきますよ!
    そして絵をじっと見ていろいろな発見をするでしょう。

    掲載日:2011/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • とまれ、すすめ!

    谷川俊太郎さんの文章が好きで、探して読んでみました。

    一見したところ子供が喜ぶような絵本には見えませんが、読んでみると不思議と引き込まれます。赤と緑の光、信号だけが話題になっているのですが、突飛な感じでもなく、人々の一日がやさしく語られています。

    息子は、1度目は不思議そうに聞いていましたが、2度目になると、私が「あかいひかり」と言ったらすぐに「とまれ!」と続きを言うようになりました。きっと心に響いたのだと思います。

    最後の文章の後に、文字がなくて、ただの赤と緑の紙があります。私は見過ごしていましたが、息子はそれを見ながら、「こっちがとまれ、こっちがすすめだよ!」と言っていました。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもには好評

    絵本の中のうさぎとねこの絵が気に入って買いました。
    全体的に、落ち着いた内容・絵の絵本で、私としてはいまいちだったのですが、子どもがとても気に入って何回も読んでと絵本を持ってきます。いまだに、何が子どもを引き付けているのか分かりませんが、うちの子は好きみたいです。他にもこの作者の絵本を持っていますが、そちらも子どものお気に入りです。

    掲載日:2008/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好印象

    息子が選びました。

    赤い光と緑の光というのが、最初なんのことだかわからなかったのですが、信号のことでした。

    町の朝から夜までと、信号の働きとが、詩的な文章で描かれていて、とてもリズミカルだと思いました。

    絵もとても洗練された絵で、好印象でした。

    学校へ通うようになった息子には、信号はとても身近なものなので、とてもよく伝わったみたいです。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.24)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット