ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

なつのいけ」 みんなの声

なつのいけ 作:塩野 米松
絵:村上 康成
出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784564006746
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,384
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 夏色全開

    鮮やかな絵に、夏の日差しや蝉の声まで感じます。
    日差しのことや、蝉の声のことなどは書いてないのに、「きっと暑い日なんだろうな」「蝉の声や、風のそよそよが気持ちいいんだろうな」など、想像力をかきたてられる素晴らしい絵です。
    池の中の様子も、いろいろな生き物が出てきて、とても楽しめると思います。
    夏前に子どもに読みたいです。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の表現がとても爽やかで色彩がいいなあって思いました。

    タモを持ってざりがにを一日中捕まえて飽きなかった夏の一日を思い出

    して懐かしさがこみ上げてきました。

    今は、怖くて孫に池の中に入って遊ばせることが出来ない私が寂しいと

    思いました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古き良き日本

    最近子供だけで遊べる池ってなかなかないですよね!?このお話の中には、子供たちだけで遊びに行けるきれいな池があって、そこにはたくさんの川辺の生き物がいて、うちの子はこの絵本を聞きながら、「こんなとこに行きたいな〜!!」って言っていました。

    掲載日:2012/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 沢山の夏の虫が出てくるので好きです。トンボ、アメンボ、メダカ、ザリガニ・・・

    オオナマズが見開きで描かれて迫力満点!

    子供が捕まえたメダカ。一匹だけ家のコップに入れられて淋しそう。でも池に戻してもらえて、この場面も嬉しいです。

    ザリガニがメダカを追うがザリガニもオオナマズに追われる。池の中のしくみも学べて子供にいいです。

    夏らしい素敵な絵で何度も読みたくなるし、子供は池にタモを持って出かけたくなるはずです。

    掲載日:2012/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • くもの ソフトクリーム。
    美味しそう!  夏の 入道雲とは言わないところが しゃれていていいね〜

    くもに 興味が有るんじゃないよ  池 の中のあめんぼう 
    あめんぼうて なんであんなに上手に 水の中を すべれるの?
    男の子の目的は 女の子に 魚をとって プレゼントすることなのだ・・・・(これって かっこいい!)  

    でも・・・・・
    女の子は 小さなメダカを 見ながら ひとりぼっちは かわいそうだとおもって 逃がせてあげるの (メダカにしたら 嬉しいよね)

    池のなかの生き物にも いろいろいて 大きいものが 食べる これは
    法則 

    そんなことお構いなしに 子供は 夏の池で魚釣りする

    我が町も 田舎の田んぼで ザリガニ取りする男の子を見かけるのです

    男の子の ロマンだな〜(羨ましい! 男の子に戻れたら 私も 遊びたいよ〜・・・・無理。。。。。)

    夏休みになれば 読んであげたい絵本で〜す


    夏コンビシリーズ読んでみます。(村上さんの絵の 池の中の魚 なまずが おもしろい!)

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイナミックに切り取る夏の風景

    • りくろーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子8歳、男の子6歳

    塩野米松さんと村上康成さんのコンビでの作品に、「なつぺんぎん」というものがあり、それが親子で大のお気に入りです。
    そのシリーズ第二弾ということで手に取りました。

    ひとつの池をめぐって、子供達の世界と池の中の世界がダイナミックにリンクして、とても「良い本」です。
    ただ、面白いというポイントは、子供達にも私にも無く、ちょっと教育的な感じがしました。

    「なつぺんぎん」の良さを期待していた私たちには少し残念でしたが、とても良い絵本だと思います。

    掲載日:2010/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の色

    この絵本は夏の空気が漂っているような絵本です。
    色使いがとてもいいですね。真っ青な空と、鮮やかな緑。子どもの頃を思い出すような、都会に出て行った方は故郷を思い出すかもしれません。
    夏の池には生き物がいっぱい。メダカを捕まえたけれど、逃がしに行ってあげる優しさが良かったです。
    夏にぴったりの絵本です。

    掲載日:2009/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • これこそ、夏

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    自分が小さい頃、夏と言えばこんな感じでした。
    めだかを捕まえに行ったことを思い出しました。

    子どもにもこんな体験をさせてあげたい。今、夏休みですが、こんな体験をさせてあげるには、車で出かけなきゃいけません。
    家を出てすぐ自然がある環境に育った自分が、どれだけ幸せだったか思いしらされました。

    めだかをつかまえたけど、さみしそうで池にもどしてあげた場面がとても好きです。

    男の子と女の子が池に行った視点と、池の中での生き物達の視点で描かれていて、おもしろいです。

    掲載日:2009/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい子供時代

    子供の頃、水の生き物を探すのが大好きだった私...
    夏になると、近くの川に行き、メダカやタニシを採っては遊んでいました。
    弟と二人でタオルを広げてそっと水の中に沈め、
    その上に泳いできた小さな魚をさっとタオルを持ち上げて捕まえるのです。

    また、バスで10分ほどの行った先の山に友人と行き、
    谷間の小さな水の流れの中を歩きながらそっと石をどけて、小さなカニ探し...。

    この絵本は、そんな懐かしい思い出を呼び戻してくれる絵本です。

    少ない文章ですが、その一つ一つの言葉に暖かさが溢れています。
    そしてそこに書かれた優しい絵に出てくる生き物達の様子に思わず笑顔になります。
    逃げては寄ってきて、逃げては寄って来るめだか達の姿に、
    あ〜、こんなだったわ。と楽しませてくれるのです。

    この絵本は2歳児の読み聞かせに読もうと選んだ絵本ですが、
    すっかり私のお気に入りになりました。

    子供たちも生き物の絵本は大好きです。
    ジーッと目を輝かせて見てくれました。

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「夏だね〜。」と息子が

     こんな情景を懐かしく思える環境に育ったことを幸せに思います。
     
     息子にも、こんな体験をたくさんたくさんさせてやりたいと、毎年夏には力がはいります。
     
     池の外の様子、池の中の様子、どちらも生き生きとしています。
     
     池の中に棲む生物の名前が、見返しに、本文の絵のまま掲載されているのもうれしいです。

     力強い色使いが、盛夏を想起させ、大切な夏の思い出が完結しています。
     
     4歳頃の思い出の一冊です。

     水の中の生き物に興味のあるお子さんにどうぞ。
     
     
     この本の表紙を見ると、幼い頃を懐かしがり、「夏だね〜。」と息子が、久々に開いて読んでいました。

    掲載日:2009/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット