十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 5番地 チャイブとしあわせのおかし」 みんなの声

チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 5番地 チャイブとしあわせのおかし 作:エミリー・ロッダ
絵:たしろ ちさと
訳:さくま ゆみこ
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:2010年07月
ISBN:9784751525951
評価スコア 4.83
評価ランキング 146
みんなの声 総数 35
「チュウチュウ通りのゆかいななかまたち 5番地 チャイブとしあわせのおかし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • しあわせのおかし、食べたいね!

    表紙には、美味しそうなケーキをトレイにのせた太っちょなハツカネズミ。

    チャイブはケーキ屋さん。
    チャイブの作るケーキはみんなを笑顔にする、しあわせのおかし。
    でもある日チャイブは、スターになった昔の友達と再会して、
    学生の頃と全く変わらない自分に嫌気がさして、、、

    ネコイラン町のチュウチュウ通りを舞台に繰り広げられるこのチュウチュウ通りシリーズでは、
    それぞれのハツカネズミの人生と仕事に対しての考え方が描かれている。
    でも、難しいことは一つも書いてなくて、
    それでいてお話に芯があって、
    一緒に読んでいる大人も楽しめる。

    それはこのチャイブの物語も同様で、
    わたしは自分の人生と照らし合わせ読んだりする。
    子供は、チャイブのケーキに興味しんしん。
    チャイブは、またあの美味しそうなケーキを焼いてくれるのかな?
    あのおかし、ママも食べたい。。。

    児童読みものはハッピーエンド(あるいはしっかりとした希望がある終わり方)がいいなと思うのだけど、
    チュウチュウ通りシリーズは、ぜんぶハッピーエンドで、読み終わったとき、親子揃って安心できる。
    だから好き!

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1番地から順番に。

    1番地から順番に読み進んで、5番地までやってきました。
    娘はこのシリーズを読みはじめてすぐ、もう一順したいというくらい好きになりました。

    ただ、この5番地でいきなり急ブレーキがかかりました。
    ふとっちょチャイブが好みではなかったようです。
    でも、「5番地を読まないと、次は読めないよ。」のひと言で読み始めました。
    そして読み始めると、最後まで楽しんで読みました。

    私としては、1〜5番地の中で、この5番地が人生で一番大切なことを教えてくれているな、と思いました。
    娘は、、気づいてないかな。もう少し大きくなってから、また読んでね。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • しあわせのおかし食べたい!

    チャイブはケーキ屋さん。
    まいにちお客さんが絶えずすぐ売り切れになってしまう人気のお店。
    そのチャイブがある日、昔の仲間に会い、新しい仕事をしてみたいと、いろんなことをやってみるのですが・・・

    この絵本を見るためにしあわせなケーキを食べたくなります。
    どんな味がするのかな?どんなケーキかな?と、子供といいながら読んでいます。
    チュウチュウ通りシリーズは、とても楽しく面白く、まだ読み始めたばかりですが、全部集めたいです。

    掲載日:2015/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私たちも住民

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    8歳の息子と読みました。

    1番地から読み始めたゆかいな仲間たちも
    ついに5番地まで来ました。

    ここまでくると、これまで登場してきた仲間たちや、
    近所にあるスーパーの基礎知識まで頭に入っているので、
    まるでチュウチュウ通りの住民の一人となったような気分で
    物語に入っていく感じがします。

    今回は、成功した昔の仲間に焦りを感じ、
    ケーキ屋さんを辞めて転職して一旗あげようとするチャイブのお話。

    ケーキ屋さん、大好きな仕事だったのにね。
    チャイブにはケーキ屋さんを辞めて欲しくないよね。

    チャイブの仲間の一人として、私たちも必死でチャイブを応援します。

    そして、私たちの応援が聞こえたかのような最後の展開に、
    本当によかったと胸をなでおろした私たちでした。

    裏表紙の絵も、「あっもしやこれは!」という最後のおまけつきで、
    この一工夫が、また次への楽しみへと繋がりますね。
    親子でとっても楽しめた一冊でした。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分を貫き通すことの勇気

    とってもステキな1冊です。ぜひ、大人にも読んで欲しいです!昔から変わらず街1番のケーキ屋のチャイブ。ある日昔の友だちに出会いますが、変わっていた友だちとは対照的に自分は今も何も変わっていない…僕だって変われるんだ!と新しい仕事にチャレンジしますが失敗ばかり。しかし、変わらなくてよかったんです!チャイブがケーキをつくることが大好きで、チャイブのケーキを必要としているお客さんがいて…そんな当たり前のことが素晴らしいんだと気づかせてくれます。自分らしく、貫き通すことは勇気がいることですがとても大切なことだと改めて思いました。ぜひおすすめしたいです!

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同じ仕事を気に入って、ずっとずっと続けることって、
    すごいことだと思います。

    小さい頃の友達に再開し、心が揺れ動いちゃったチャイブ。
    「クツカタッポさんのように、もっと自分の生き方に自信を持って!」と
    言いたくなっちゃいました。笑

    しかし、最後はちゃんとケーキ屋さんに戻ってきます。良かった♪

    ラストで憧れのデイジーがケーキ屋さんに訪れる場面は、
    とても感動で涙がでました。

    自分の生き方を気に入ることって大切ですね♪

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せについて考えてみました

    ネコイラン町、チュウチュウ通りの5番地に住む太っちょチャイブは、みんなを楽しくさせるケーキ屋さんです。ずっと、この仕事を続けています。そして、ある日、中学校の時の同級生に出会いました。当時とは、全く違う生活、立場になっていて、反対に、なんにも変っていないチャイブは、とっても惨めな気持ちになってしまいました。そして、何か新しいことを始めようと思うのですが…
    そこで登場したのが、ハナキキ通りのイロイロ・エージェンシーという、新しい仕事を紹介してくれるところです。なんだか、今の世相を反映しているようで、おとなの眼からは、とても深刻な気持ちになってしまいました。
    どうか、チャイブ、気づいて…
    祈るような思いでした。その結果、『幸せ』について、さらに思いを深めることができました。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せとは…

    チュウチュウ通り5番地に住むケーキ屋チャイブのお話。
    チャイブはケーキを作るのが大好きで、子供の頃からアイディアあふれるケーキを作っていました。
    小さな頃からの夢をかなえているなんて、とっても素敵で素晴らしいこと。けれど、旧友に再会したことで、何も変わっていない自分に嫌気がさしてしまいます。チャイブは素敵なのに、そんなこと全く思わなくていいのに!と心配してしまいました。
    自分を変えるために他の仕事にも挑戦してみますが、うまくいきません。
    そんな気持ちのままお店に戻ると、チュウチュウ通りの仲間たちが口々にケーキが食べたかったと言いお店の前に集まっていました。
    こんなにもチャイブの作るお菓子やケーキを待ち望んでくれている仲間がいると知ったチャイブ。今の自分、仕事に誇りと自信を取り戻しました。訪ねてきてくれたデイジーの涙のわけも分かり一安心。
    昔の友達が昔のまま変わらずに、幸せに輝いているって嬉しいことだなぁと共感しました。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一番好きな仕事

     チュウチュウ通りのゆかいななかまたち シリーズの第5弾は
    意外にも大人がいろいろ考えさせられる奥のふかーいお話でした。
    働くって?自分の人生の生き方って?
    ネズミたちが講演会を聞いて一念発起する姿は微笑ましいような
    現実的なような(笑)
    子供たちには出てくるいっぱいの美味しそうなケーキたちに
    夢中になれるお話ですが、大人には様々なクエスチョンが
    投げかけられているように感じました。

    私は何回も転職して色々な仕事につきました。基本「やりたい!」
    と思ってその仕事に就くのですが、むいてないなあと感じることも。
    でも人それぞれ天職ってあって好きとか楽しいって思える限り
    どんなにつらい仕事でもなんとかやり遂げられるものなんですね。

    チャイブが自分の仕事に自信を持てるようになって
    本当に良かったです。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかるな〜

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    チャイブの気持ちがわかります。
    働き始めたものの「このままでいいのか?」と
    自分自身に自信が持てずに
    他人の成長が華々しく映って焦ってしまうこと。
    多くの大人たちが「わかるわかる」という気持ちなのではないでしょうか?
    働くことについて
    その幸せについて
    そして自分自身について考えます。
    チュウチュウ通りのシリーズはキッザニア的に言う実体験でなく
    心もちを想像させてくれる良い刺激になります。
    働くことの迷いや躊躇はまだ子供達には
    想像できないかもしれませんが必ず通る道のように思います

    チャイブのお菓子屋さんもすてきでした

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0

35件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / とんことり / ねないこ だれだ / とけいのほん 1 / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット