うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ルラルさんのえほん(6) ルラルさんのたんじょうび」 みんなの声

ルラルさんのえほん(6) ルラルさんのたんじょうび 作:いとう ひろし
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2010年09月
ISBN:9784591120408
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,458
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

51件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 「ルラルさんの深イイ話だったよ」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    中3の娘が、私より先にこの絵本を読み終えていったのが、
    「ルラルさんの深イイ話だったよ」でした。
    確かにとても深いお話でした。
    そして、他のナビの方も書いていますが、ルラルさんがいつになく語ってくれています。

    ルラルさんシリーズは今までどちらかというと、小さなお子さん向けに勧めてきましたが、この話に限っては、意外とお父さん・お母さん世代の人にお薦めしたいです。
    というのは、いつもとルラルさんの視点が違って見えたからです。

    子どもを産んで、育てて、初めて自分の親への感謝の気持ちとか、不意に湧いてくることありませんか?
    この絵本を読んでいて、改めて、そんな気持ちが湧いてきました。

    明るくにぎやかな動物たちと過ごすルラルさん・シリーズを、
    ご自分のお子さんと楽しみながら、お父さん・お母さんの心にも暖かいものがもらえる。
    今回はそんな絵本だったような気がします。

    掲載日:2011/01/23

    参考になりました
    感謝
    2
  • 皆まとめて誕生日!

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    しかし皆、それぞれに辛い過去があるんだな…と、ちょっとしんみりしてしまいました。そして読み終わった後には涙が…。まさかルラルさんの絵本で泣くだなんて思ってもいませんでした。たまにはこんなお話もいいか…。私も母に心の中でありがとう…。

    掲載日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心がほっこり&じ〜んとする一冊です。

    ルラルさんシリーズを初めて読みました。
    絵本の好きな娘のために購入し、母&自分&娘 と三世代で一緒に読みました。
    ほのぼのとした絵も素敵ですが、お話はもっと素敵でした。
    ルラルさんの誕生日を、動物達みんなでお祝いしてあげるコト。
    誕生日の分からない動物達に、ルラルさんがお誕生日をプレゼントしてあげるコト。
    そして、誕生日をお祝いするだけでなく、みんなを産んでくれた「お母さんに感謝する」コト。
    娘はお話の内容は分かったようですが、『ふ〜ん』といった様子で聞いていました。
    母の感想は分かりませんが、私はなんだか『じ〜ん』としてしまいました。
    普段忘れている、母に対する感謝の気持ちを思い起こしてくれた絵本です。
    心が温かく、優しい気持ちになる絵本、また読みたくなる一冊です。
    娘がもう少し大きくなってから読んだら、きっと今とは違う反応(感想)になるのではないかなと思います。
    ルラルさんシリーズの他の本も読んでみたいと思いました。

    掲載日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回はルラルさんの誕生日のお話です。

    一人暮らしのルラルさんは、誕生日もいつも一人でお祝いしていましたが、今年は違います。
    庭の動物たちが、プレゼントを持ってお祝いしてくれました!

    そのプレゼントもみんながルラルさんのことを思って一生懸命選んでくれたもの。ルラルさん、愛されてますね(^^)

    そんな動物たちですが、みんなには誕生日がありません。
    そこで、今日がみんなの誕生日になりました。
    息子も「これで毎年みんな一緒にお祝いできるね!」と嬉しそう。

    そして、お話はそれだけは終わりませんでした。
    一人、ケーキを食べないルラルさん。それは、自分をこの世に生んでくれたお母さんに思いを馳せていたからでした。

    誕生日が祝えるのも、お母さんが生んでくれたから。
    だから、誕生日は「おめでとう」だけではなく、「ありがとう」の日でもあるのですね。

    こんな素敵な発想が出来るなんて、ルラルさんはやっぱり素敵だなぁと思いました。

    掲載日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生日は特別な日

    ルラルさんシリーズ第六弾です。
    今回は大人に読んで欲しい内容だなと思います。明るく優しい絵がかわいらしく、子どもはもちろん楽しめますが、内容の深さにジーンと感動してしまいました。
    誕生日って、特別な日ですよね。私が生まれた日、私が生まれたことをみんなが喜んでくれる日、生きてる実感を感じる日…生んでくれたお母さんに、普段は照れくさくて言えないけど、伝えたいなと思いました。
    そして自分が母になった今、もうひとつ特別な誕生日が増えました!
    ルラルさんにも、お祝いしてくれる大切なみんながいて嬉しくなりました。息子の誕生日に読んであげたいです!

    掲載日:2015/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今日はルラルさんのお誕生日です。
    料理自慢のルラルさんが、ケーキを焼いています。
    そのにおいに誘われて、動物たちが集まってきました。
    そして、動物たちも一緒にお祝いをしてくれることになったのです。
    プレゼントを準備して、、歌を歌って、ろうそくをふき消して…
    みんなで、ケーキを食べたのですが、なぜか、ルラルさんだけは食べません。大事なことを忘れていた。
    そして、そのことを動物たちに話した時、動物たちにもある思いが…
    教えられましたよ、今回はルラルさんに。
    確かにそうだと、お誕生日について、深く考えることができました。
    動物たちが、ルラルさんの庭にやってきた意味もわかったような気がしました。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなの誕生日

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    2歳の次男に読みました。

    ルラルさんは何歳になったのかわかりませんが、今日が誕生日とのこと。家族もいないし、友だちも遠くにいるからと、一人でケーキを焼いていると、庭の友だちがお祝いに来てくれました。やっぱり誕生日はお祝いしてくれる人がいなければいけませんね。

    母親になってからは、子供たちの誕生日がくる度に自分が子供を産んだ時のことを思い出してしみじみしていましたが、ルラルさんの言うように、自分の誕生日は自分を産んでくれた母のことを思い出す日でもありますよね。年をとると特に忘れがちですが。

    息子にはそんな難しいことは分かっていませんが、みんなの誕生日をケーキでお祝いしている場面はテンションがあがっていました。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生日にはケーキを食べる

    1歳の息子は、最近ちょうど、誕生日には「ケーキ」なるおいしいものを食べる、ということを学びつつあるようなのでタイムリーな絵本でした。
    ケーキなんて教えてこなかったのになんで知ってるんだろう…と思ったんだけど、絵本では誕生日がくると必ずケーキを食べているから絵本を読んでいると自然と学ぶものなんでしょうね。

    プレゼントのページは絵探しをしながらわいわい読んでいます。
    このシリーズ、挿絵が本当によくて、見開きの中に文章の時系列がきれいに収まっているんですよね。絵を楽しみながら読むのにとてもいい絵本だと思います。

    と、前半のいつものほのぼのルラルさんから、後半急に語りのルラルさん。
    ちょっとびっくりしてしまいましたが、誕生日がママに感謝をする日なんて、なんてナイスなルラルさん!この本を読み続ければ息子もきっとママに感謝し続けるに違いない…とか思ってしまった下衆な私。でも息子は後半になると飽きてしまっているようでミニカーで遊びはじめます。感謝の日は遠い。

    たびたびルラルさんの家族のことが出てきますが、今は身近に誰もいないって、やっぱりみんな亡くなっているんですかね。
    ルラルさんもいいお歳みたいですし…しんみり。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話です!

    お誕生日にケーキを焼き一人で祝うルラルさん。そこへ庭の仲間たちがやってきて、みんながお祝いしてくれることに。それぞれ、思い思いのプレゼントを持ってきてくれ、楽しいお誕生日を過ごすのは久しぶりのルラルさん。本当に幸せなひと時で温かい気持ちになりました。
    みんなに何かお礼を…と言ったら、みんながルラルさんと同じ日を自分たちの誕生日にしてほしいということに。
    庭の仲間はみんな様々な理由でお母さんと離れ離れになってしまい、自分の誕生日を知らないというのです。子供はそのことに衝撃を受けたようで、お母さんがいないなんて、お母さんを知らないなんて、みんなかわいそうと言っていました。けれど、お誕生日は産んでくれたお母さんに感謝する日というルラルさんの話を聞いて、みんながお母さんを想像して感謝するところで、あー良かったと言っていて、子供の優しい気持ちに触れることが出来ました。
    これからは毎年みんなで楽しくお祝いできますね。
    奥が深く、素敵な物語です。ルラルさんシリーズ、どのお話も魅力たっぷりで親子で大好きです!

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誕生日をあげよう

    自分の誕生日を自分だけで祝うルラルさん。でも、お祝いにきた動物たちにケーキをあげます。そして動物たちにお願いをされてかなえます。誕生日なのに頼まれちゃうなんてお人よし。

    でも、その内容は、親に捨てられたりしてきた動物たちに、誕生日を与えてほしいということ。どうやら、全員に同じ誕生日をあげてしまったみたいです。

    続編が読みたくなりますね。

    ただ、動物たちが捨てられたりしている話を読むと、人間の身勝手さに少しがっかりします。

    掲載日:2015/04/01

    参考になりました
    感謝
    0

51件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / だるまさんが / おばけとホットケーキ / きみへのおくりもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット