しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

きみは しっている」 みんなの声

きみは しっている 作・絵:五味 太郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1979年
ISBN:9784265906260
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,879
みんなの声 総数 25
「きみは しっている」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 子供にも大人にも読ませてみたい絵本です

    • ぎょーこさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子7歳、女の子5歳

    5歳の娘の、一番初めに読んだ時と、2回以降に読んだ時の顔つきの違いが面白い。
    チェーン読み聞かせ(?)のように、次から次へ誰かに読ませてみたくなる絵本です。

    ま、かくいう私自身も、はじめは素直に(?)読んでしまいました。
    子供たちも得意げな表情から「え???」となり、説明を聞いて「!」。
    2回目以降は(うふ、秘密を知ってるもんねぇ〜)という表情と言い聞かせ(読み聞かせに対する返答)が楽しい。
    子供と楽しんだ後は、パパに。
    そのあとは実家に持っていって私の親兄弟に。

    つい、ビジネス研修の講師にも教えたくなるような、「思い込み」や「先入観」をなくして、「事実を観察」することが大切なことを感じさせてくれる絵本です。
    子供たちにも、それがなんとなくでも、わかってもらえるといいな、と思います。

    いや、そんな教訓的なことよりも、騙されたぁ〜を楽しめる絵本です♪

    掲載日:2014/10/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 探偵気分になれます

    • 沙樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳

    肉や骨の絵が出てくるので、ちょっと絵が怖いかなぁと思いましたが、なかなかおもしろかったです。

    「いいかい!?このほんをいまよんでいるきみ!」と、読者に語りかけてくるので、ビックリしましたが、子供は超喜んでいました。

    なくなった肉の犯人捜しをしていくので、探偵気分になれます。

    4、5、6、7ページをよくみなおしてごらん、と言われ
    前に戻って調べるという楽しみもありました。

    掲載日:2013/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれ?おかしいな

    • わにぼうさん
    • 40代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、男の子5歳

    本当は絵本なので次男メインなのですが、
    反応がよかったのは兄ちゃんだったので、兄ちゃんで登録〜♪

    このほんを今読んでいるきみ! と呼びかけられて
    きょと〜んとする息子たち。
    え?なんで?兄ちゃんは本当にそう書いてあるか確認!

    でも、ちゃんとそう書いてあるし、こちらを見ながら
    本の中のハゲタカが話をしています。

    ここにかくしておくから、よく覚えていてねって頼まれて、
    その背後には怪しいキツネの姿が・・・。

    兄ちゃん、「あ〜そういうことね」って分かったような気になってます。

    話は進んで、ぼくの肉がない!となった時。
    兄ちゃん、自信満々に「これはね」と説明を始めました。
    次男坊、不思議な展開にドキドキしております。

    でもね、作者は五味太郎さんです。そうくることは、予測済み。

    あれ?おかしいな。だってさ、ここがこうだから…。
    兄ちゃん思いっきり罠にはまりました。いや〜面白かったです(笑)

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謎解き感覚で

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子11歳、男の子8歳

    丁度読み聞かせの日の前日に、
    他の方のレビューを読んでみて興味を持ち図書館に借りに行ってきました。
    これはぼくのにくだ。からはじまり、トリ君の肉探しに、私たちも付き合うことになるのですが・・結論は読んでのお楽しみします。

    2年生の次男は、ふむふむと簡単に引っかかりました。
    5年生の長男は、待てよ。そのページで止めてくれと言って何度も何度も確認して(さすがクイズ好き)、引っかかりませんでした。

    そして、2年生のクラスで読み聞かせをしましたが
    子供たちは、引き込まれていきましたね。
    読んでるこっちがどきどきするくらい、しーんとしてきました。
    犯人はだれだろう。と問いかけるページでは、みんなきちんと答えてくれましたが、最後のオチで、ちょっとわからなかった子もいたようでした。
    解説をして「なーんだ。そうだったのか」とみんなの反応とともに教室を後にしました。

    受けるかどうか心配でしたが、上に書いたような反応で終わりました。
    楽しく読めたと思います。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • いまよんでいる きみ!
    これは ぼくのにくだぞ。
    こう言われて 読んでいる私が 引き込まれてしまいました

    はげたか?の顔がなかなかしたたかで 目の表情がすごくて 五味太郎さんの表現力 お話しの組み立て方に哲学的な要素を感じました

    絵本の読者をうまく参加させておいて 犯人を自分で探すをいい
    はんにんは きみだ!! 
    怖い目でいわれると なんだか 自分がわるかったのかな?と思ってしまうのは なぜでしょう?
    そして ごめん ごめん!!
    本の中の肉をぬすめるはず ないよね。 ぼくって あわてんぼうだねえ・・・・
    五味さんに遊ばれている気もちです(これは大人の私の感想)
    子どもたちはもっとピュアだから 真剣にこの絵本に引き込まれるように思いました
    犯人捜しもしてしまいそうになります
    誘導尋問が上手です 五味さん
    オチのことばにも
    五味さんの遊び心が伺えますよ

    子どもたちに是非読んでみたい絵本です
    どんな 反応するか 私も楽しみで〜す

    掲載日:2013/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何かありそうだぞ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    うんうん最初からなにかありそうだぞ・・・っと、ぐっと子どもを引き付ける、お話の始まり方に、ついつい大人も身を乗り出す

    引っかかってたまるもんかと本気になったとたん、すっかり作者の意のままに・・・

    はっきりとイラストに登場する生き物の表情も良い

    私は騙されませんでしたよ〜
    といい気になっていましたが、ふと日常生活の中で「思い込み」が自分の中に潜んでいることを、気付くのでした

    掲載日:2011/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしは知っている?

    • ランタナさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    はじめにハゲタカ?が読者に語りかけます。
    明日の分のお肉を岩陰に隠しておくから、見張っておいてね。
    そして現れるキツネ。
    次の日、お肉がなくなってしまい、一人で犯人捜しをすると張り切るハゲタカ探偵。
    さて、真相は?

    私も息子も五味さんに騙されました。
    負けず嫌いな息子は、最後にハゲタカくんにプッと笑われたのがかなり悔しかったよう。
    種明かしにあれこれ理屈をこね、もう1回読まされ、
    次は真相をハゲタカくんに得意げに教えていました。

    読み聞かせで、みんなでワイワイガヤガヤ盛り上がったら楽しそうと思ったのですが、
    我が家の場合、種明かしのやりとりでかなり時間がかかってしまったので、考え中。
    その位、盛り上がりました。

    読者を巻き込む参加型のミステリー絵本。
    (巻き込み方はハトにうんてんさせないで。と似ているかな?)
    普段、絵本があまり好きじゃない子も読んで、巻き込まれてほしいなぁ〜と思います。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私は目撃者☆

    面白い視点です!

    ハゲタカくんでしょうか?それともハゲワシ??
    大切なお肉、明日食べようと岩場に隠します。
    ちゃんと見ていて!と私に話しかけるハゲタカくん。
    ところが、肉は忽然と消えてなくなってしまいます!!
    もちろん、私は見ていました。
    犯人捜しを始めるハゲタカくん。
    とうとう疑いの目は、私にまで!(;><)
    ちがうちがう!真犯人は、アイツだ!!

    私は、目撃者。
    でも、真実は意外なところに隠されていることもある。
    なんだか、本当に目撃者になっても、きっぱり証言する
    自信がなくなりそうです(笑)

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本をみながら犯人さがし

    いや〜、五味さんの遊び心にはまいりました。
    読書参加型の絵本です。
    コンドルくんが作業になったつもりで読んでいる私も、五味さんの罠にかかってしまいました。
    コンドルくんが岩陰に隠したお肉。
    見ている方は、最初から犯人が判ったと思い込んでしまうから、コンドルくんの犯人さがしがおもしろくてしょうがない。
    細かく書くと面白さが失せてしまうので、だまされ仲間をお誘いすることにして、話の成り行きに立ち止まってしまった私です。
    でも、一番おもしろがっていたのは五味さんだったのですね。

    「ただ、何ページを確認してください。」の語りは、気付くのには少しきついかも。
    「もう一度最初から」くらいが、子どもたちにとって効果的だったのかと思います。

    掲載日:2010/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • しってる〜

    • かるかさん
    • 40代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子10歳、男の子8歳、女の子5歳

    これは小学校(3年生)の参観日に先生が子どもたちに読んでくれた本です。

    子どもたち皆、先生が読んでくれる本に夢中で吸い込まれていました。

    はげたか(?)に似た鳥が肉を岩に隠すところから話が始まるんですが。
    「はげたかじゃないよ、毛が2本あるもん!」と子どもの声。
    子どもって本当に素直と言うか、楽しいですよね。

    この絵本、絵本の部分と、枠外があって。
    枠外はこの本を読んでいる私たちに話しかけているんです。
    それが又とても楽しくて。
    隠しておいた肉を見張ってて、って頼んだりするんです。
    で、見張ってたんですけどね〜とられちゃうんですよ。
    その犯人をはげたか似の鳥が探しに行くんですが…
    え〜?そうだったのか!
    ず〜っと見張ってた私もやられちゃった!

    はげたかの表情が豊かで、子どもも、大人もとても楽しめる絵本です。

    掲載日:2010/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / おててがでたよ / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット