あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

駅のおかあちゃん」 みんなの声

駅のおかあちゃん 作:まえだまさえ
絵:鈴木 博子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年04月
ISBN:9784061322707
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,429
みんなの声 総数 7
「駅のおかあちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 電車の絵本ではありません。

    電車の表紙でどうしても借りる!
    と息子が言うので借りてきました。

    駅にいるお母さん!
    正義感の強い肝っ玉かあちゃんというところでしょうか?!

    昔に子供を亡くして・・・
    ここにいる全員のお母ちゃんになる。
    そしてそこに知らないうちに絆が出来ている。

    ステキな話しですが、
    ボクとのおかあちゃんの関係がもっと
    詳しくあればいいなと思いました。

    掲載日:2013/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんながおかあちゃんに

     駅のおかあちゃんに注意されているのは、子どもより大人の方が多いのがかなしいなと思いました。子どもは、しっかり見ています。
     
     以前なら、駅のおかあちゃんのような人が増えるといいな、、、と思ったでけですが、本当は私たち大人がひとりひとり、駅のおかあちゃんにならなければいけないんだなと感じました。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪いことは悪い

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    昔子供を亡くした駅のおかあちゃんはみんなのおかあちゃんだ。悪いことは誰でもかまわず注意をする
    ある日注意された人がおかあちゃんを突き飛ばした・・・
    でも皆でおかあちゃんを守った
    今の時代にはあまり存在しなくなった、おせっかいで怖い、近所のおばさんタイプかな?
    最近のテレビドラマの斉藤さんみたいなひとだなぁと子供がつぶやきました・・
    やっぱり悪いことは悪いといえる勇気は欲しいですね
    そんなことをこの絵本から感じ取ってくれれば良いと思います

    掲載日:2008/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳でも聞いてくれました。

    この本を1歳の息子に読んであげたときは、
    どんな反応をするか、ドキドキでした。
    おかあちゃんのお子さんが亡くなったこと、
    それから、”くそばばぁ!”の発言。

    でも、どちらも心配することありませんでした。

    おかあちゃんがしんみりお話をするときは、
    悲しそうな顔をして聞いてくれ、
    男の人が、おかあちゃんを押し倒そうとしたときは、
    何事だ!という顔をして、見ていてくれました。
    1歳なりにストーリーを理解しようとしてくれたようです。

    みんなから親しまれる駅のおかあちゃん、
    そんなおかあちゃんが近くの駅にほんとにいてくれたら、
    きっとその駅にいくとあったかい気持ちになるんだろうなぁ、
    と思ったりしています♪

    掲載日:2007/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありがとうよ

    駅のおかあちゃんは、きっと現代にはあまりいなくなってしまった人でしょうね。
    こんな人がいたら、きっと子供だけで電車に乗せても大丈夫な気がします。

    子供と何度も読んだけど、何度読んでもおばあちゃんの気持ちになって読み込み、
    最後の一言には、尚更に気持ちがこもってしまいます。


    掲載日:2006/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 五歳児、気に入りました

    読み聞かせを終えた後、私は今ひとつ盛り上がりに欠けた感じがしたのですが、息子はとても気に入ったようでした。
    駅のおかあちゃん、みんなのおかあちゃん、守ってあげたいおかあちゃん、息子なりに理解をしてくれたみたい。
    おかあちゃんの悲しい過去には、ホロリと来てしまいました。

    掲載日:2004/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次回作に期待します。

    作者のまえだまさえさんは、この絵本が初めての絵本のようです。
    いい話しなんだけど、もう1つ詰めがあまいっていうか、進行役の「ぼく」と「駅のおかあちゃん」との距離がはっきり見えなかったのが残念です。(こんな大きなことをいっちゃって、ごめんなさい)
    でも、ラストで駅のお母ちゃんを駅を利用するみんなが守ったところは感動的でした。
    次回作に期待します。

    掲載日:2003/11/11

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / はじめてのおつかい / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット