なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ティモシーとサラのパーティー」 みんなの声

ティモシーとサラのパーティー 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1995年7月
ISBN:9784591048153
評価スコア 4
評価ランキング 18,238
みんなの声 総数 12
「ティモシーとサラのパーティー」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 子供の気持ちがよくわかります

    新しい友達が引っ越してきた。

    ここだけ見ると、友達増えていいな、、に

    なりますが、引っ越してきた子供は

    そうもいかないというのがよくわかります。

    受け入れる側より、受け入れられる側のほうが、

    なかなか心を開けないものだということを

    私自身も知っているので、よくわかりました。

    仲良くしたいのに素直になれない、

    これがとってもよく表現されていて、

    新学期に向けて読んでよかったと思います。

    掲載日:2016/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 相手の立場になって

    よく行く児童館にこのシリーズが置いてあって、娘がいつも持ってきます。

    今回は、ティモシーとサラのおうちの隣りに新しいファミリーがお引越しをしてきたというお話。そこには女の子と赤ちゃんがいます。
    この女の子がなかなかなじめず、周りを困らせることばかりします。
    するとティモシーとサラは「もう遊びたくない」と言い出します。
    それに対するお母さんの返答が素晴らしく!!!
    きっと小さい子でもこういう感覚はわかるのでしょう。
    娘はじっと耳をかたむけて聞いていました。

    掲載日:2015/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あまのじゃく

    ティモシーとサラシリーズの絵本は知っていましたが、絵がかわいすぎて今までちょっと敬遠してしまっていました。娘が図書室で借りてきたので一緒に初めて読んでみたのですが、とても面白かったです。
    ティモシーとサラのお隣に引っ越してきたスーザン。仲良くなりたい気持ちはあるのに、恥ずかしさが先立ってしまって意地悪ばかりしてしまいます。
    あまのじゃくのスーザンの行動は、我が家の長女を見ているようでした。うまく声をかけられない娘にイライラしてしまうこともあるのですが、絵本の周り人たちのようにうまく接してあげられたらいいんだなと感心しました。
    今まで読まずぎらいだったシリーズですが、これからいろいろ読んでみようと思います。

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い☆

    「ティモシーとサラ」シリーズは、絵がとっても可愛いです。日本人の作家さんが描いていると知ってビックリしました。

    今回のお話はティモシーとサラのお隣にスーザンという女の子の家族がお引っ越ししてくるお話です。仲良くなろうとするサラに、サラのぬいぐるみの耳をかじってしまうスーザン・・・。ちょっと気持ちはわかるのだけど、スーザンのお母さんの「ごめんなさい」が欲しかったかなと思うのですが・・・。

    何だかティモシーとサラ家族が可哀想になってしまいました。最後は仲直りできて良かったんですが、何だかスッキリしなかったのでー1にしました。

    掲載日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相手の気持ちになって

    スーザンの行動に理解できず、どうしてそんなこと
    するんだろうねと嫌悪感を抱く娘でした。
    本当は仲良くしたいスーザン、
    幼稚園でもいろいろなお友達がいる中で
    相手の気持ちをくみ取ってあげられる優しい
    子供になってほしいです。

    掲載日:2012/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちいいな

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    最初私はこの甘い絵に引き気味でした。
    かわいすぎるというか。
    でも5歳の娘の大のお気に入りの一冊です。

    ふたごのこねずみティモシーとサラのお話です。
    おとなりのうちにスーザンという女の子が越してきました。
    仲良くなりたいふたりですが、スーザンはなかなか
    心をひらいてくれません。相談して、パーティーを開くことに
    なりました。

    甘いかわいいだけのお話ではなく、スーザンの気持ちを
    わかりやすく、しっかり書いたストーリーです。
    ハッピーエンドで娘もほっとした様子でした。

    何度も読むうちにこの絵にも慣れました(笑)。

    掲載日:2009/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み返してしまうかわいさ

    • 蒼葉さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 群馬県

    私はこの本をよく読み返してしまいます。
    その理由はかわいさです!
    ティモシー・サラ・スーザン
    この3匹の表情は何度見てもあきません。
    くりくりした黒い目、ピンクのほっぺた

    皆さんにぜひよんでほしい本です

    掲載日:2006/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 甘さもいいかも

    ティモシーとサラのお家の隣に、スーザンという女の子が越してきました。
    でもこの子、なぜか、とっても意地悪。
    ティモシーとサラは、水をぶっ掛けられたり、お人形の耳をかまれたり。
    「あんな意地悪な子とは仲良くしない!!」
    憤慨する二人に、おかあさんは、らんぼうはいけないことね、と前置きした上で、言って聞かせます。
    「二人がどこかへ引っ越したらどうかしら? まわりはしらないひとばかりで、お友達はひとりもいないのよ」
    そんなのいや、早く友達が欲しいと思う、という二人。
    二人は、スーザンの孤独に気がつきます。
    そして、どうすればよいか、二人で考えます。

    いつもにもまして、まっすぐなお話。
    でも、何作も読んでいると、なんとなくそれに慣れてきて、
    この甘さもいいかも、と思えてきます。

    息子と二人、「スーザンは、さびしかったんだね」「お友達になってって言いたかったんだね」「仲良くなってよかった」と言い合ったのですが、
    なぜか、息子は、スーザンがトイレに立てこもるシーンが大層気に入ったよう…。
    そこの部分、何度も見て、くすくす笑っていました。
    作者のいいたいこと、分かった、んだよね?
    と思わず私は聞きたくなってしまったのでした。

    掲載日:2006/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 細部まで描きこまれた絵がかわいいです。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子5歳

    子供同士で、友達になるのは大変です。何かきっかけがないとむずかしい。ふたごのこねずみのティモシーとサラは、隣の家に越してきた女の子と友達になろうとしますが、女の子は、知らない土地に越してきたばかりなので、どう接していいかわからない。ティモシーとサラは、どうしたらいいか、考えます。おかあさんは、いろいろアドバイスしたり、おかあさんからちょっとしたきっかけををつくってくれたりで、女の子と友達になることができました。

    絵が、とてもかわいいです。細部まで描きこまれているので、よくよく見ると、結構楽しめます。

    掲載日:2005/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 末娘のお気に入り、何度も読むうちに

    • えっこさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子8歳、女の子3歳

    ティモシーとサラのシリーズは末娘のお気に入り。何度も何度も読まされました。親として、みんな同じ顔しているし、おじいちゃんおばあちゃんも眼鏡をとるとお父さんお母さんと区別つかないし。と、思っていたのですが、ある時、お話を読むのではなく、娘のように絵をじっくり見ていたら。結構はまってしまいました。細かいのです。特に、お部屋の様子が事細かに書いてあります。お母さんの手作りのものであふれているリビングやキッチン。双子だけれど、男の子と女の子のものが飾られている子供部屋。見ていてあきません。

    さて、今回は、二人の隣に引っ越して来た、スーザンという女の子が、引っ越しストレスのせいか、ひねくれているんだけれど、ティモシーとサラが開いたパーティの時に心を開くというお話です。
    ひねくれて、いじわるだったスーザンですが、ほんのちょっとのきっかけで、「ごめんなさい」の一言が言えました。子供って、機嫌が悪くなったりいじけたりするのも速いけど、ほんの少しのことで、素直になれるんですよね。

    それにしても、このシリーズ、徹底して良い人(ねずみ)しか出てきません。それが、ほっとして読める理由でもあるのでしょうか。

    掲載日:2004/01/16

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(12人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット