しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

てつたくんの じどうしゃ」 みんなの声

てつたくんの じどうしゃ 作:わたなべ しげお
絵:ほりうち せいいち
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\743+税
発行日:2004年
ISBN:9784834020472
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,879
みんなの声 総数 23
「てつたくんの じどうしゃ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • わたしも乗る!

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     人気の絵本は常に、読み手・聴き手をその中に招き入れ、
    同じ乗り物にみんなで乗る感覚を抱かせてくれます。
    黙って見ていようが、あーだこーだと口をはさもうが、
    単純化され、清潔感のある描写から目が離せなくなった様子が
    その何よりの証拠となります。
     わたしも乗る!と、娘の一言がすべてでしょう。
    わたなべしげおさん、ほりうちせいいちさん、
    ステキな絵本をありがとう。感謝、感謝。

    掲載日:2015/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • しくみ

    とてもシンプルな絵で、車というものの仕組みがわかる本です。ひとつひとつの部品をどのようにくみたてると、走る車になるのかが分かります。絵だけ見てもわかりやすいので2歳の次男によんでも楽しめました。最後にママが登場して乗せてあげるところが好きみたいです。

    掲載日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2歳11か月の車好きの息子に図書館で買りました。

    タイヤが四つころがってきて、心棒が出て来たりする…など、何となく車の構造がわかり、車好き心をくすぐる1冊。
    やはり、車大好きの息子のくいつきはとても良かったです。

    絵もかわいいし、文章も子どもの口調に似ていて、とても読みやすいです。
    私は「こどものとも 年中向き」で読んだのですが、車好きなら1歳半くらいから喜ぶと思います。

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフルです。

    車の部品が順番にころころ転がってきます。

    それがどんどん組み合わさり、車になります。

    表現の問題でひとつきになるところがあり、

    車のタイヤが順に転がってくる部分を

    なぜかタイヤと言わず、車と読んでいます。

    この部分が子供も疑問に思ったようで、

    「車?タイヤだよ!」と突っ込まれました。

    そうだね、間違えた、タイヤだったと言い、

    タイヤを読み変えましたが、何で車なんでしょうね。

    そこだけちょっと引っかかりました。

    掲載日:2013/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • シンプルイズベスト

    そっか〜、車ってこんな風になってんだ・・・と妙に感心☆
    シンプルにするとわかり易い☆

    タイヤが「車」だったり、「芯棒」とか少し表現が
    難しいところは、読み替えました。
    絵もシンプルで、それぞれ愛嬌があってGood☆

    掲載日:2010/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • おかあさんをのせて

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    車(タイヤ)がころころ転がってきて
    次々に材料が現れて、車が出来上がっていきます

    てつたくんが最後にハンドルを持ってきて完成し運転します
    おかあさんを後ろに乗せてあげて疾走している最後のページに息子と大笑いしています。

    車ってザクッと言うとこういう仕組みだよなぁと
    わかりやすく伝えられていて感心します
    小さい頃だけでなくずいぶん大きくなってからも
    別な視点で読める絵本でないでしょうか。楽しみです

    掲載日:2010/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • だっだっだっだっ

    くるまの登場からとても楽しい演出に、色彩に興味を持ちます。

    「くるまが ころころころっ・・・・」孫にもなんだろうって思って

    興味を持ったようです。目も鼻も口まで付いているし、ピンクの次は

    青、緑、オレンジとやっぱり気になってしまう描き方に車好きの子は

    勿論ですが、そうでない子だって気になってしまうと思いました。

    車の仕組みまでわかってしまうのがよかったです。

    お買い物車にも、自分がハンドルを持って運転しているのが大好きな孫

    ですから、きっと運転したくなった絵本だと思いました。

    掲載日:2010/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれあれ??

    「読み聞かせボランティア」講座に参加した際に教えていただいた本です。…という事は、ご家庭で読むのは勿論、読み聞かせに向いているようです。
    練習のために、息子に読むととても気に入ってしまいました。
    「あれあれ?ってみていたら…」とページめくりをためてためて読むとどんどん本に集中するようで、目を輝かせながら聞き入っていました。
    単純な展開、カラフルな絵…と、子供に解り易いようで、楽しめる1冊です。

    掲載日:2009/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそうと思いました

    てつたくんがあるいていくと、車のぶひんがどんどんおちいているからふしきでした。

    ぼくもあるいているときに、あるといいなあって思いました。

    ぼくも車をくみたててみたいです。

    車にのれてうんてんできていいなあって思いました。

    ぼくもうんてんしてみたいです。

    楽しそうと思いました。

    掲載日:2009/08/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑でない車の本

    息子は特に車好きというわけではないですが、図鑑でない車の本って案外あるもんだなあと思いました。

    自動車好きなお子さんがいて図鑑でない本をと聞かれたことがあるので、読んでみました。

    図鑑って子どもは好きだけど、物語性はないので、付き合う大人が退屈という話を聞きますが、これならよいのでは?

    パーツから自動車を作るのは、車好きにとってはたまらないお話だと思います。

    絵本によって絵が違う堀内誠一さんのシンプルな絵がいいと思います。

    今度図鑑でない絵本をと聞かれた時にはお勧めしたいなって思いました。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット