新刊
 学研の図鑑LIVE 恐竜 新版

学研の図鑑LIVE 恐竜 新版(学研)

約420種の恐竜などの生き物を紹介! 3歳から大人まで使える本格図鑑の新定番!

  • 学べる
  • 役立つ

TOP500

Flappe

せんせい・50代・福井県

  • Line

Flappeさんの声

169件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ほのぼの  投稿日:2022/06/24
なにしてる なにしてる
なにしてる なにしてる 作: 多田 ヒロシ
出版社: こぐま社
大人から見るとさらっと読んで終わりですが、子どもたちは細かいところをよく見ています。そうカエルの表情まで。
何度も繰り返し開いて、戻って見直してたのしそうです。
ほのぼのとやさしいお話です。
最後はにらめっこをして盛り上がります。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ちゃんとコワい  投稿日:2022/06/09
がんばれはぶらしハーマン
がんばれはぶらしハーマン 作: 木村 裕一
絵: 田中 四郎

出版社: 偕成社
歯と口の健康週間に合わせて読みました。
ムッシーがよごれた口にむかって吐きかけたコムッシーたちは、食べカスを餌にしてぐんぐん大きくなります。そして歯を削って穴をあけて・・・・。あぁコワい。
しかも、味方と思われた歯ブラシハーマンもきれいなお口の子しか助けられないなんて・・・・・。
子どもたち真剣に見入ってました。
おどかすしつけ、ではなくてきちんと怖いことを知って予防するのは大事ですよね。
しかけ部分が物足りないので星を減らしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絶対たのしい!  投稿日:2022/06/09
かお かお どんなかお
かお かお どんなかお 作: 柳原 良平
出版社: こぐま社
うれしい、かなしいだけじゃない。ねむったかお、たくましいかお、いじわるなかお。なかなか表現がむずかしい顔が登場します。
これをみんなで考えながら試してみるのはとっても楽しいものです。
赤ちゃんはじーっと見て。少し大きくなったらいろいろ表情を変えてみて楽しめます。
もう少し大きくなったら、もっと文の理解が深まって表情にも工夫が見られます。かなり長く楽しめる本当にすばらしい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい やさしい雨の絵本  投稿日:2022/06/09
かえるのかさやさん
かえるのかさやさん 作: 戸田 和代
絵: よしおかひろこ

出版社: 岩崎書店
表紙を見てひとめぼれしました。
かえるのかさやさんが雨の日に、起きて顔を洗って、食事の支度をして・・・・その間にもひとり雨の音を聞いています。
とても丁寧に暮らしている様子がいいですね。

雨の好きないきものたちに傘は必要ないけれど、傘の中で聞く雨の音もまたいいんだよなぁ、とかえるさんは独り言つ。

ハリネズミさんはたくさんの傘をダメにしてしまって修理に持ってくるのだけど。お友達と長話しちゃったり、相合傘したりとこちらもなんだかやさしくて親近感のわくキャラクターです。

子どもだけではもったいない。大人がやさしい気持ちになれる雨の日にぴったりの一冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなでカレー作りしよう  投稿日:2022/06/09
パパ・カレー
パパ・カレー 作・絵: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版
おはなし会で何度も登場しています。
小ぶりな本ですが、力強い絵が画面いっぱいに広がって迫力があります。
今日はパパが作るよ!とのことで豪快に、かつ丁寧な下ごしらえでカレーを作っていきます。
みんなで材料を切ったり炒めたりのマネっこをして最後には「いただきまーす」
そうそう、隠し味のバナナをむぎゅむぎゅっとするところはみんながいちばん好きな部分です。
これを読んだ日はカレー率が高くなっちゃいます。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う やっぱり定番  投稿日:2022/06/03
しゃっくりヒック
しゃっくりヒック 作: 木坂 涼
絵: 古川 タク

出版社: 福音館書店
しゃっくりが止まらなくなったらどうしたらいいの?
「ヒック ヒック」とやりながら読むとみんな一緒に「ヒック ヒック」
そんなのかんたん こうやるのさ と教わったおかしなポーズを子どもたちと試してみました。
面白くて楽しくって本当のしゃっくりが出る余裕はなさそうでしたが、こまったときには定番のあの方法がいちばん良いようですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本に乗ってどこまで行こう  投稿日:2022/06/03
たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう
たっくんひろちゃんのちょうちょうとっきゅう 作・絵: かこ さとし
出版社: 偕成社
新幹線のことを超特急と呼ぶのも年代がかってるように思いますが、これは超・超特急です。
かこさんの絵はやさしくて、でも子どもたちのリアルな視線にある表情がたまりません。
おはなし会で読みました。読む前から表紙の電車の絵が子どもたちの(特に男子の)心をつかんでいるようでした。
ことことじゃぶじゃぶ号が出来上がるともうみんなはすっかり物語の電車に乗っているのです。野原をこえ、林をこえ、川をこえて、おべんとうを食べて、すすで真っ黒になって(実際にそんな体験した人いますか?)、丘をのぼってトンネルをくぐって、空をとんで・・・。
絵本が一冊あればみんなでどこまでも行ける、そういう体験を子どもたちもおとなも楽しみました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泳いでみたい!  投稿日:2022/05/13
たなばたプールびらき
たなばたプールびらき 文: 中川 ひろたか
絵: 村上 康成

出版社: 童心社
ピーマン村の絵本はどれも楽しくウキウキするものばかりです。
「あまのがわ」と聞いて川なんだから泳ぐ、という発想はなかなか持てないですよね。
流れ星に乗ってみんなであまのがわへ、そしてプールの時間なんて楽しすぎる!絵本の中にぐいぐい入って(一緒に体操をして)読み終わるとあぁ、ひと泳ぎしたって気分になれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友だちひゃくにん  投稿日:2022/05/13
たなばたバス
たなばたバス 作・絵: 藤本 ともひこ
出版社: 鈴木出版
七夕のかわいい本です。
雨が降ると織姫さまが彦星さまに会えないので、ねずみたちがバスに乗って助けに行くお話です。
カバーに乗っている藤本さんの「友だちのちから」という文章がすてきです。みんなで支えあって、助け合って、そしておいしいスイカを食べてたくさんあそぶ。こんなうれしいことはないですね。
たなばたバスくんの「・・・でございバス」がツボです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しいものはしあわせだ  投稿日:2022/04/25
かける
かける 作: はらぺこめがね
出版社: 佼成出版社
おはなし会で読みました。
思いがけず小さな子(2歳前後)がたくさん集まったのですが、言葉がなくてもページを開くとこのダイナミックな絵が広がるので小さな子どもたちもおおよろこびでした。
美味しいものってみんなをしあわせにしますね。
参考になりました。 0人

169件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

お化けや妖怪の絵本5選 by 好書好日

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット