新刊
ようこそ こどものけんりのほん

ようこそ こどものけんりのほん(白泉社)

「子どもの権利」をイラストでやさしく学べる絵本

  • 学べる
  • 役立つ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
てつたくんの じどうしゃ

てつたくんの じどうしゃ

作: わたなべ しげお
絵: ほりうち せいいち
出版社: 福音館書店

税込価格: ¥817

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784834020472

出版社のおすすめ年齢:4歳〜

この作品が含まれるテーマ

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

みどころ

 てつたくんが歩いていたら、くるま(車輪)がひとつ、ころころころって転がってきたんだって。あれあれって見ていたら、もう1つ、もう1つって4つ。それから今度は棒が2本、とんとんとん、て来て・・・。
このお話の面白さは自動車の一番簡単なしくみが誰にでもわっかちゃうって事。車が4つあって、軸があって、床がついて、エンジンが乗って、ハンドルで方向転換!てつたくんが運転します。おかあさんも乗せてね。車の大好きな子は本当に喜ぶと思います。こうやって走ってる姿が好きなんだよね。
 乗り物の面白い話をたくさん書いている渡辺茂男さんのおはなしと、堀内誠一さんのポップで可愛らしい絵が見事にマッチした絵本です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

車が4つ、棒が2本、板、エンジンが合わさって自動車に早変わり。でも向きが変えられない。てつたくんはハンドルを持ってきて……。

ベストレビュー

単行本化してほしい!

てつたくんの前にニコニコ笑ったタイヤが一つずつ転がってきます。
そして心棒が、板が、エンジンが、
最後は車になって、てつたくんが運転します。
本を読み聞かせるとき、しゃべりにくくて言い換えて読むことがありますが、これは読み聞かせを考えてあるのか、換えて読む必要がない、いい本です。
2歳頃から息子が気に入り、月に数度、集中して持ってきます。

福音書店のこどものともシリーズの中のものです。単行本としてないようなので、ぜひ出して欲しいです。
(モトバイさん 30代・ママ 男の子2歳、女の子0歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,980円
968円
1,650円
1,150円
11,000円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,100円
3,300円
3,630円
880円

出版社おすすめ




『100にんのサンタクロース』好きなサンタさん投票TOP10結果発表!!

てつたくんの じどうしゃ

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.6

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら