だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ミッフィーどうしたの?」 みんなの声

ミッフィーどうしたの? 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:角野 栄子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\600+税
発行日:1994年
ISBN:9784062548526
評価スコア 4.37
評価ランキング 9,889
みんなの声 総数 18
「ミッフィーどうしたの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 可愛い〜!

    我が家の4歳幼稚園年少さんの娘は,ミッフィーのぬいぐるみやおままごとセットで小さい頃から遊んできたのでミッフィーが大好きです。
    そんな娘が病院の待合室で持って来たのがこの絵本。
    お話の内容まで,ぬいぐるみを抱いて夜ベットに入る娘なので,とても親しみを持って聞き入っていました!
    女の子にはとてもうけがよい内容ではないでしょうか。
    なくなってしまったぬいぐるみ,ベットの布団の中に!
    可愛いオチで,親の私もほんわかした気持ちになりました。

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛いです

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と一緒に読みました。ミッフィーちゃんが大事なくまをなくしてしまい、それを探すというお話。最後は無事見つかってハッピーエンド。娘も喜んでいました。そして娘は自分が布団に隠れたりして、遊びに発展させていました。ミッフィーシリーズはお話もさほど長くないし、2歳児でもばっちり理解できる内容なのが有難いし、イラストも可愛いので2歳の今はたくさんのブルーナ作品を読んでいます。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感しやすいかも

    • よしの770さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子3歳、女の子1歳

    いままであまり絵本に興味を示さなかった長女(当時2歳)に読み聞かせしました。

    自分の大切にしているものをなくしちゃって一生懸命探し、最後にみつけることができるという内容もは幼い子でも体験したことがあるものだと思いますし、ブルーナの絵ははっきりした絵でなじみやすいので、絵本を楽しみはじめたばかりのお子さんにもおすすめです。

    掲載日:2011/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なもの

    お気に入りのおもちゃが、なくなったら・・・

    親子にとって、身近なテーマの本です。

    大切なぬいぐるみが見当たらないミッフィー。
    一日中探し回って、涙を流します。

    いつもは楽しく遊ぶ様子の多いミッフィーのお話ですが、今回はちょっぴり切なくなりました。

    でも、最後にはぬいぐるみが見つかって一安心。
    ハッピーエンドで終われてよかったです。

    安心したミッフィーが見たこの晩の夢は、きっと素敵でしょうね。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい気持ち

    • モサムネさん
    • 20代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳

    息子が1歳のときに大好きだったミッフィーシリーズ。
    ミッフィーが大好きなくまちゃんをなくしてしまい、
    それを探すお話です。

    息子の反応はというと・・
    泣いているミッフィーの涙を、タオルケットで拭いてあげてました。
    母親としては感激!な行動。
    こうやって優しさが育っていくのかなあと思いました。
    それと、短いお話なので暗記をして夜暗くした後にお話してあげたりしました。

    2歳半の今は、すっかりストーリーを覚えてしまって
    「くまちゃんがいないよう」の直後に「お布団の中にあるよ」
    をミッフィーに教えてあげています。
    すっかりネタバレしているので、どう話を進めようかこっちが悩んでしまいます・・。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつのまにか

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    ミッフィ好きの娘が選んだのがこの本。

    娘はこの本を手にして、「ママ???ミッフィちゃん泣いているね・・・。」と言って悲しそうにしていました。
    私も気になって読んでみようと思ったのがきっかけです☆

    読んでいくうちに・・・いつの間にか娘は物語の中に入って
    いました。
    こんな感じに・・真剣に自分もミッフィになってくまちゃんを探して
    いたのです♪♪一緒に読んでいて楽しくなります。

    今では物語を覚えたようで、絵を見てどんどんお話をしてくれます。
    何度読んでも飽きの来ない素敵な本です☆☆

    掲載日:2009/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • さがしもの

    ミッフィーがだいじなくまちゃんを探すお話。
    このお話を読んでから、娘は遊んでいたおもちゃが見つからなくなるとおもちゃの名前を呼びながらおもちゃを探します。
    ミッフィーのくまちゃんくらいだいじなおもちゃの時はミッフィーのように泣きながら探すことも。
    いつまでも物を大事にする気持ち忘れないで欲しいです。

    掲載日:2009/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なもの

    ディック・ブルーナさんの絵ははっきりしているので、
    0歳からおすすめです。

    お気に入りのくまちゃんが行方不明になってしまい、
    一所懸命探すミッフィー。
    いつもはしっかり者のミッフィーも、たまには
    子供らしくおっちょこちょいなことをするのですね。

    まだ我が家の娘には「これがないと!」という程
    執着するお気に入りのものがないので、
    共感まではできなかったようですが、
    やっぱりミッフィーが泣いている絵を見ると
    とても気になるみたいです。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちがわかるのかな?

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    涙の表紙をみて「泣いてるの?どうしたの?」と始まり、ミッフィーと一緒にくまちゃんを探し、ミッフィーと一緒に喜ぶ娘。普段の自分と重なるところがあるのかも。
    自分にわかる行動をしている絵本には、小さな子供は入り込みやすいようです。
    この絵本も、なくしたぬいぐるみを探すという誰もが体験した事のある内容になっているので、小さな子供でも入り込みやすく、大人しく読み聞いてくれます。

    掲載日:2007/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大切なともだち

    子どもならみんな1つは持っている、大切なぬいぐるみのおともだち。ミッフィーはそのおともだちのくまちゃんをなくしてしまいました。娘は、「メイシー」のシリーズの1冊で、メイシーがぬいぐるみのパンダをなくしてしまうお話もとても好きで、どちらもハッピーエンディングにほっとした表情を見せましたが、探している間は、本当に真剣そのものでした。こどもたちの日常生活の中では、頻繁にありうることだからこそ、小さな子どももお話に夢中になるのですね。

    掲載日:2007/06/18

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット