うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

サーカス!」 みんなの声

サーカス! 作・絵:ピーター・スピア
訳:穂積 保
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1993年06月
ISBN:9784834011647
評価スコア 4.78
評価ランキング 453
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • サーカス行きたい!

    本物のサーカスを基に書いた絵本です。
    それだけに、とっても臨場感あふれています。

    サーカスで働く人やどうぶつたちの様子もよくわかります。

    そして何より、楽しいサーカスの様子!
    どきどき、はらはら、わくわくした気持ちが、
    そのまま伝わってきます。

    サーカスに行ったことのない子供たちも、
    読み終わったら、「いきたーーー!」といい始めました。
    子供だけじゃなくて、私も、いきたくなりました。

    掲載日:2010/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大型版があればお話会で盛り上がりそう

     ん〜、まさしくスピアさんの描く“サーカス”という印象です。
     じっくりゆっくり息子も堪能していました。
     サーカス団が移動してきて、サーカース当日までの準備の様子や団の子どもたちの様子もよくわかります。
     いよいよショーのスタート日のページは、見入ってしまいます。
     世界各国から集まった妙技に、絵本ながら唸ってしまいます。
     息子も一度観に行った事がありますが、これだけ多様な技の出てくるショーではなかったので、「本格的だな」と言っていました。
     後片付けのページでは、「こうやって、いつも移動して歩いているんだね」と改めてわかったようです。

     ははの感想は、大型版があればお話会で盛り上がりそうだなと思いました。

    掲載日:2010/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見所満載!

    アメリカのサーカス団が、とある街にやってきてテントを建てはじめます。
    団員や動物達も到着。どんどん準備が進みます。
    そしてサーカスの公演が行われて。
    公演が終わるとテントを畳んで再び次の街へ出発です。
    その一部始終を描いた絵本です。

    細かく描かれたサーカスの様子がとても素敵。
    サーカスって、こんなふうに行われるんだ、という発見がいくつもありました。
    文字は少ないけれど、見所満載です。
    まだ息子はホンモノのサーカスは見たこと無いけれど、とても興味深そうに読んでました。そのうち実際にサーカスを見てから、またこの本を手にとってみたいです。
    ピーター・スピアさんの絵本、大好きです♪

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • サーカスの全てが分かる

    サーカスは、まだ1度も見に行った事がないんですが、この絵本を見ると、サーカスの全てが分かるような、そんな絵本でした。

    32人のスタッフで、サーカス小屋を組み立て、座席を作ったり、電線を引いたり、作業場を作ったり・・・と準備するのに、たったの12時間というからビックリです。
    演技も1つ1つが、とっても丁寧に描かれていて、本当にサーカスに行ったみたいな臨場感があり、空中ブランコや綱渡りにハラハラドキドキ、4歳の娘も楽しんでいました。

    サーカスが終わって、小屋を片付けるところは、何だか「寂しいね〜」と悲しんでいました。
    本当に素敵な絵本でした。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスの舞台裏を見た!って、感じ〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    とにかく細かい表現力に目を見張ります。
    この絵本を仕上げるために、ピーター・スピアはどのくらいサーカスに通ったのでしょう!
    もちろん、資料としての本や写真などからも描いているかもしれませんが、この人の動きや臨場感は、生で見た人の表現力ではないかな?と、感じました。
    少し前有名なサーカス団が来日公演していて、その舞台裏特集みたいなのを子どもとテレビで見たんですが、
    まさに、この作品に描かれているような世界でした!
    どの競技もとても素晴らしいと思いますが、やっぱりサーカスのトリは空中ブランコなんですね〜。
    いつ読んでも構わないと思いますが、サーカスを見る機会があったら、ぜひその前後にこの絵本にも目を通してほしいです。

    掲載日:2011/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスのすべて

    今度サーカスを見に行くので、息子といくつかサーカス関連の絵本を見てみた中の1冊です。

    この絵本が一番細かにサーカスの全てを語っています。最初に空き地にサーカス団のトラックが隊列を組んでやってくるところから始まり、準備の様子、スタッフの仕事、獣医さんがいることまで描かれています。サーカス当日のきらびやかな様子も楽しいですが、後片付けに至るまで本当にすべてを説明していました。

    息子ははじめは細かい絵にあまり興味を示さなかったのですが、読み始めると夢中になって、何度もすでに読んだページを確かめながら(後で出てくる話が関連していたりするのです)、隅々まで楽しんでいました。仰向けに寝て読んでいたので、結構時間もかかって大変でした(笑)。

    特に面白い展開(事件が起こる)というわけではありませんが、じっくり楽しめる絵本です。

    掲載日:2011/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスの楽しみ

    たくさんの動物達や楽しいサーカスの様子が
    とても盛りだくさんに描かれている絵本です。
    文章は結構難しい外国の人名が多く出てくるので3歳の娘には難易度が高く、
    夫は主に絵を中心にサーカス自体を読んであげているようです。
    正直最初はどうかな?と思った絵本なのですが、
    思った以上に娘は気に入り、何度も何度も読みました。
    じっくり読むとより楽しい、味のある絵本だと思います。

    掲載日:2010/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカス初体験!

    サーカスに行った事がない私でも、臨場感が味わえ、とても楽しめました。
    サーカスの小屋を建てるところから、サーカスが終わって小屋を片付けるまでが、細かく描きこまれた絵で見ることができます。

    娘の特にお気に入りは、道化師がメイクで変身していくところ。
    自分で色々適当な説明を付けながら何度も見ています。
    道化師の2人は色んな場面で登場するので、見つけて楽しむ事も出来ます。

    色々な動物が登場し、サーカスの団員が色々な国の人で構成されているのも興味深いです。

    図書館で借りたのですが、娘がとても気に入っているので、購入しようかと思っています。

    いつか本当のサーカスも見せて上げたいです。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスの全てが分かります!

    サーカスの全てが分かる絵本です。

    サーカスってどうやって準備するのか、サーカスの人たちは普段どんな生活をしているのか、どんな練習をしてるのか。そして、サーカス本番の盛りだくさんの楽しさ。
    解説書のようにとても詳細に描かれていて、私も、この絵本で、サーカスについて初めて知ったことがたくさんありました。

    4歳の息子はこの絵本が大のお気に入り。
    毎晩「読んで」と持ってきます。

    ちょうど、近くにサーカスがやって来る時期で、迷いなく家族みんなで見に行きました。
    楽しくて大興奮だったのはもちろんですが、その準備や練習の大変さ、サーカスの人たちの普段の生活や人生を思ったりして、また違う感動もありました。

    おすすめの絵本です。

    掲載日:2008/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • サーカスってすごい!

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    表紙をめくると、すでにお話は始まっています
    サーカスの看板からも、これからの楽しい出来事を予感させてくれるようです
    本当のサーカスについて忠実に描かれているので、サーカスを運営する人、出演者、猛獣使いや獣医さんまで・・・大人でも知らないことが、たくさん描かれているので、非常に興味が沸いてきます
    休憩時間にサーカス内を見学したり、さわらせてもらったり
    テント作りから、空中ブランコまで読み終えると、サーカスに行ってきた錯覚を覚えるほど、中身が充実してました

    親子でゆっくりと時間をかけてみる方がむいているかもしれませんね
    この1冊かなり勉強になりました
    本物のサーカスをぜひ一度行ってみたくなりますよ!

    掲載日:2008/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット