なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

とけいやまのチックンタックン」 みんなの声

とけいやまのチックンタックン 作・絵:竹中 マユミ
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784893253156
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,630
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時計がテーマのおはなし

    「とけいやま」を舞台に、チックンとタックンの一日が描かれています。
    時計の短針の動き通りに二人がとけいやまを上り、いろいろな友達と一緒にてっぺんを目指します。
    時計の数字が各所に隠れているのを見つけるのも楽しいです。
    5時にはきちんとおうちに帰り、ご飯を食べて、おやすみなさい・・・。
    規則正しい生活習慣を教えるのにもよい絵本だと思います。

    掲載日:2015/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこかに数字が

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    「とけいやま」というのがうなずけるやまですねー。
    ところどころに数字がかくれています。
    娘はページページで数字を見つけて喜んでいました。
    最初、読んだときは表紙を見て針が動くしかけがあると勘違いしたのか表紙をさわって針を動かすしぐさをしていました(しかけ絵本ではありません)。時計の絵本というと時計のしかけ絵本が多いですしね。
    元気なふたごのおはなしです。見分け方があって娘は得意気に「こっちがチックン、こっちがタックン」と教えてくれます。

    掲載日:2015/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • とけいやまのふもとに住む、チックンとタックンのお話です。

    この絵本、ページごとに数字が隠れていて、息子は読みながらそれを探すのが楽しかったようでした。

    ちゃんと時間ともつながりがあり、お昼の12時にはお弁当、3時はおやつの時間、夕方5時には家に帰るようになっていて、よく考えられてるなぁ〜と感心しました。

    ♪おやまをのぼるよ チックン タックン♪の繰り返しの歌のリズムも心地良く、挿絵も温かみある色遣いと、可愛らしい動物たちが沢山出てきて、とてもいいと思いました。

    たとえ、お話の中の数字に気付かなくても、最後の時計の絵を見れば「あっ!」と気付くはず。

    うまくまとめられていて、読んだ後に温かい気持ちにさせられる可愛らしい絵本です。

    掲載日:2013/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • テンポの良い言葉選び

    とけいかまのふもとに住んでいる、チックンとタックンがお山のてっぺんまで登って遊びに行くのですが、その途中で、少しずつお友達が加わっていきます。
    お友達が加わるたびに、リズミカルな言葉で話は進んでいきます。
    息子に読んで聞かせる時に、アドリブでそのリズミカルな言葉を歌のようにして読んでいくと、息子まで歌いだしました。

    繰り返し言葉と、お山のてっぺんから転げ落ちていったドーナツで、子供の心をくすぐります。
    時計はまだちゃんと読む事は出来ない息子ですが、この時計になった山全体のようすは、大変面白く、時間に興味を持たせるきっかけにもなるんじゃないかと思います。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 時間

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    とけいやまのふもとに住んでいるチックンとタックンの一日を追った絵本。
    目が覚めた朝6時から夕方6時まで、1時間ごとに何をしていたのか描かれています。
    よく見ると(見なくてもわかるのもありますが)、その時間が絵の中に隠れていてそれを見つけるのを楽しみにしている子供たちでした。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐるっと廻っていた!

    4歳1ヶ月の息子に読んでやりました。チックンとタックンの朝6時から始まる一日のお話です。1時間を目安にチックンとタックンの行動が次から次へと語られていますが、必ずそのページのどこかに数字が隠れています。○時の○です。それを探しながら、ストーリーを追いかけ、夕方5時で終わり・・・。と次はまた朝の6時。おや?と思っているとその一日が実は時計になっていて、時間を刻む時計のお話・・・という不思議な展開なのです。息子はその細かい最後を理解できたかはわかりませんが、数字探しは楽しそうでした。数字が読めるか、時間の概念を理解し始めたかくらいで読んであげるのがいいのではないでしょうか。

    掲載日:2011/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字の勉強:隠れた数字を探せ!

    表紙を見て、時計の読み方を教える本かと勘違いして購入しました。

    でも、時計の読み方ではないんですね。
    1〜12の数字が、その時間の行動のページに隠れていて(12が一番見つけにくいけど、草原のなびきかたが12になっています)、なかなか面白い。

    そして実は、この双子は時計山の人たちでしたよ、と表紙にもなっている時計の中で、その山や家がついているのが見えます。双子は時計の長針と秒針なんでしょうか?

    数字の勉強におすすめ。

    掲載日:2011/07/05

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / よるくま

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット