だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

きんのたまごのほん」 みんなの声

きんのたまごのほん 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:レナード・ワイズガード
訳:渡辺 茂男
出版社:童話館出版
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784887500600
評価スコア 4.02
評価ランキング 18,156
みんなの声 総数 50
「きんのたまごのほん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 雑貨屋さんみたいな絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    「ドイツの雑貨屋さんみたい」というのが第一印象でした。
    美しいものがいっぱい置いてあるお店の雰囲気がぎゅっと詰まったような、そんなきれいな絵本です。
    たまごの絵本を探していて、初めて読んだのですが、子どもが小さい頃に是非読んであげたい本でした。

    ひとつのたまごをめぐって、なんのたまごだろうと一生懸命考えるうさぎと、たまごから孵って初めて出会う動物にこれはなんだろうと考えるひよこ。
    両者の姿が微笑ましく、初めてのものにたくさん触れる小さいお子さんには、共感するところがたくさんあると思います。

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいい絵本

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    読書ガイドの推薦で手に取りました。
    いかにも外国らしい華やかな表紙が目を引きます。
    なかもこれでもかといわんばかりの色鮮やかなページ、独特のタッチで、なかなか日本にはない雰囲気がたまにはいいなと思いました。
    こどもは卵の中身がなんなのかとても気になったようすでよく聞いていました。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙の絵に心奪われ…

    思わず、手に取った本です。可愛すぎる!!翻訳が一部不自然というレビューも多数。確かに。ん?という部分、あります。が、挿絵の美しさだけでも楽しめます。綺麗なものを見るのは心癒されますね。卵に絵を描いて隠すイースターの遊びや、ホワイトハウスではエッグロールという行事があるそうで、海外の文化に精通した人には充分読み応えがある内容なのではと思います。まだ一緒に読んではいませんが、子供にイースターを説明出来るくらいの知識を身につけておきたいなと思いました。

    掲載日:2016/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に惹かれて…

    ひとりぼっちのうさぎが、たまごをみつけるお話です。

    たまごの中に何が入っているのか想像したり、たまごを刺激してみたり、こどもらしくて可愛いのですが、たまごの扱いが少し乱暴なところが気になりました。
    これ、実際にやっちゃうと、たまご壊れちゃうよなぁ…って。
    あと、文章に少し違和感がありました。

    お話自体は可愛いし、絵もとっても素敵。
    だからこそ、残念な気持ちが残りました。

    掲載日:2015/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵画のようです

    この本は、内容もかわいらしくて好きなのですが、何より、
    絵がとてもきれいな絵本です。
    この作者の描いた絵本を何冊か読みましたが、どれも、
    絵が素敵!!
    鮮やかで、細かな表現力が、大人にもおすすめの絵本です。
    どのページを開いても、絵画のようです♪
    この絵本は、娘よりも、私が気に入って、何度も読み返しました♪

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 挿絵は素敵。訳が馴染めず。

    ページ全体に描かれた挿絵が素敵な絵本です。
    何人かの方がおっしゃっているように、会話での訳が不自然で今時ではないのが残念です。

    ひとりぼっちの誰かが、友達を見つけて一人じゃなくなった、という内容の絵本は何冊か持っていますが、こちらの絵本は、友達になるまでの深いお話はないです。
    簡単に言ってしまうと、見つけた卵からあひるが生まれてひとりじゃなくなった、というだけ。二人で何かして仲良しになった、などのエピソードはないです。

    うさぎが卵にしたのと同じことを、生まれたあひるが寝ているうさぎにする、というのが面白いところでしょうか。

    ひとりのうさぎが友達出来てよかったね、という話ではなく、素直にうさぎとあひるのやりとりの面白さのみだった方が楽しめた気がします。

    掲載日:2013/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 卵の中が気になる

    とても綺麗でかわいい絵だと思いました。
    どのページを開いても、卵の形というのもいいですね。

    卵の中身が気になる小さなウサギも、本当にかわいいです。
    ほのぼのするような、お話が良かったですね。
    春の、ほんわかした雰囲気にピッタリですね。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 包装されたプレゼントのよう

    少し大きめのサイズに、キラキラと美しい色合いの挿絵。眺めているだけで、気持ちが安らぐ絵本です。本そのものが、包装されたプレゼントのようです。
    まるでたまごの中で繰り広げられているように進むストーリーも、かわいくて癒されます。一緒に読んだ子どもたちも、うさぎと一緒になって、たまごの中身をあれこれと想像したようでした。中身の登場だけで終わらない、幸せな余韻を残すエピソードもまた素敵です。
    マーガレット・ワイズ・ブラウンさんの文は、きっと原文で読むともっと美しく味わいがあると思うので、洋書も読んでみたいです。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい挿絵

    その表紙に一目ぼれ。
    中を見て即購入しました。
    一人ぼっちのウサギが、たまごを見つけました。そしてたまごを孵らせようと色々とやってみます。
    物語としては、よくありそうな展開ですが、本当に純粋に挿絵が美しいんです。まさしく「絵本」って感じでした。

    掲載日:2012/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は素敵だけど・・・

    とてもきれいな表紙に期待して手に取りました。たまごから赤ちゃんが生まれてくるまではわくわくしながら読めてよかったのですが、生まれてきたばかりのひよこの言動がしっくりきません。寝ているうさぎに小石をぶつけたり、蹴ってみたり・・・。うさぎがたまごにしたことと同じことをしているだけなのですが、うまれたばかりのひよこがすることかと疑問に思います。さらに翻訳のためか原文もそうなのかわかりませんが、話し言葉が非常にかたいです。小さな子供に読み聞かせるには違和感があります。結局子供には読み聞かせしませんでした。大人が読むには、絵が素敵で楽しめると思います。最後の一文は素晴らしいです。好き嫌いが分かれる本かなと思います。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0

50件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / なにをたべてきたの? / おふろだいすき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

全ページためしよみ
年齢別絵本セット