なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ぼくひこうき」 みんなの声

ぼくひこうき 作・絵:ひがし ちから
出版社:ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年05月
ISBN:9784902257229
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,146
みんなの声 総数 13
「ぼくひこうき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • すご〜い!

    • わにぼうさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子8歳、男の子4歳

    おりがみがあんまり上手じゃないせいくんが
    ゆっくり一生懸命折った紙飛行機。

    みちこせんせいが「せいくん じょうず」と褒めてくれたので
    お友達に「よし、どこまで飛ぶか競争だ!」って声をかけます。

    せ〜の、それ!って飛ばしたところからは
    「うわ〜、すごい!!」の一言です。

    園の中をすいすいと飛んでいくひこうき。

    砂場やたいこばし、ジャングルジムやブランコ。
    幼稚園や保育園でよくみる園庭を飛んでいく様子に
    次男は大喜び。

    最後にみちこせんせいが「つかまえた!」と捕まえてくれますが
    それまではせいくんと一緒に飛んでいるようでワクワクしました。

    次男の先生も「みちこせんせい」なので、
    より身近に感じていたみたいです。

    ひこうき、飛んでいる間に目がついてるのもミソですね♪

    子供と一緒に紙飛行機の飛ばしっこしたくなりました。

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 凄い!

    折り紙が苦手なせいくんが一生懸命おった紙飛行機。
    飛ばすと、びゅーん!とどこまでも飛んでいくんです。
    ワクワクしますね、紙飛行機にハマり出す年中以降のお子さんなら喜びそうな内容です。
    もちろん我が子も、いーなぁ。。。と言っていました。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分が飛んでいるみたいに

    3歳11ヶ月の息子に幼稚園で借りました。

    飛行機を折り紙で折って、それが飛んで…
    砂場の穴、ジャングルジム、滑り台、そして…。

    だんだんせいくんと飛行機が一体化してしまいます。
    最後は先生に抱きとめてもらうのですが、
    空を飛んでいる爽快感まで、こちらに伝わってきます。
    まるで私まで飛んでいるよう。
    すごいなあ。

    息子はかなり気に入ったようで、
    立て続けに5回読んでとせがまれました。

    掲載日:2015/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひこうきはぼく

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    せいくんが作った紙ひこうき、勢いよくとばしたら。
    びゅんびゅん高く高くとんでいく。
    紙ひこうきはいつの間にかせいくん、
    君自身じゃないか。

    せいくんの紙ひこうきを追いかける視点から
    紙ひこうきからの視点に突如変わります。
    本物のひこうきからみおろしたような
    空高くからの風景。
    胸のスッとするストーリーです。
    娘は「紙ひこうきはどこに行ったの?」と聞いてきました。
    紙ひこうきからの風景なんだよ。というと
    「ふーん」とページを眺めていました。
    わかったのかな。

    親子でよく飛ぶ紙ひこうきを作りたくなる絵本です。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひこうきになる

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    かみひこうきを飛ばすとき
    だれもが「いけーー」と気持ちを込めますよね。
    せいくんが折り紙で
    一生懸命折ったかみひこうきに願いをこめて
    えい!っとしたとき
    想いがのっていったのかなぁと親子で読みました。

    かみひこうきを目で追っている視点でなく
    いつの間にやら自らかみひこうきに
    のっている視点であることに気づきます。
    そして空中散歩を読んでいるこちらまでもが
    のっているようにリアルに飛行を楽しめます。

    ぼくのひこうき でもなく
    ぼくがのっているわけでもなく
    タイトルとおり「ぼくひこうき」になったんですね。

    なんとも不思議で美しい絵本です

    掲載日:2014/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飛んでいくー

    自分で作った紙飛行機が、ぐんぐん飛んでいったら大興奮でしょう。
    紙飛行機の目線で描かれた風景からは、飛んでいるスピード感など迫力を感じました。
    幼稚園の教室や園庭などが舞台のお話なので、入園前に読んであげると、幼稚園の雰囲気もわかって良いのではないかと思いました。

    掲載日:2013/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぐんぐん ぐんぐん

    折り紙があまり上手でないせいくんくんですが、紙飛行機は大好きです。自分で紙飛行機を作る事になったせいくんは、ゆっくりと落ち着いて丁寧に一生懸命作ったので、どこまでもどこまでも、ぐんぐん、ぐんぐんとお空まで昇って行くことが出来たのでした。これでせいくんは、きっと折り紙にも自信がついてこれからは上手くできると思いました。
    やっぱり苦手なことでも落ち着いてゆっくりと丁寧に一生懸命にやれば何でもできるような気がしました。自信に満ちたせいくんの笑顔がとても素敵でした!

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飛行機との一体感が堪能できます

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ひがしちからさんは、「ぼくのかえりみち」がとても良かったので、他の作品を読もうと思っていたところ、新刊を見つけたので読んでみました。

    題の「ぼくひこうき」?って、日本語として違和感があったのですが、途中でその意味がわかります。
    それにしても、表紙のインパクトは絶大。
    主人公のせいくんの、紙飛行機を飛ばそうとする瞬間の真剣な眼差しに圧倒されます。

    物語は、幼稚園が舞台。
    主人公のせいくんがお部屋で遊んでいると、
    みちこせんせいが「おりがみ 欲しい人ー」と聞くシーンで始まります。
    みんな大喜びでおりがみを貰いますが、せいくんは飛行機を作ります。
    そして、みんなで飛行機の飛ばしっこ競争の開始です。

    せいくんの飛行機は、どの飛行機よりも速く飛んでいくのですが、いつの間にか、飛行機の目線はせいくんのそれとなり、一体化しているのです。
    トンネルを潜り、太鼓橋の下を飛び、ジャングルジム等を抜けて、滑り台を駆け上り、大空へ飛び出します。
    園を俯瞰したり、海を見渡すのは、正にせいくんの目線。

    みちこせんせいの声に呼び戻されて、園に帰るのですが、しっかりとせいくんを受けとめてくれるシーンが良いです。
    この絵本を読み聞かせると、おそらく、自分も飛行機になった感覚で聞き入ることになると思います。
    ひがしちからさんの作品は、その目線の変化の妙にあって、いつの間にか自分も絵本の世界にいるかのような錯覚に陥るところにあると思います。

    この絵本も、文句なしに面白く、オススメします。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙飛行機になったせいくん

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    表紙から迫力のアングルです。
    折り紙は苦手だけど、紙飛行機が大好きなせいくん。
    一生懸命折った紙飛行機は、せいくんが飛ばすと、どこまでも飛んでいくのです。
    園庭のあちこちを周回し、ついには空高く!
    独特のアングルが臨場感たっぷりです。
    いつしか、せいくんも読者も紙飛行機と一体化しているのですね。
    そんな冒険が出来るのも、褒めてくれ、しっかりと受け止めてくれる
    みちこ先生がいたから。
    このあたりは、大人も学べるような気がします。
    園の俯瞰(ふかん)図もありますから、ぜひ、あわせてチェックしてほしいですね。
    題名が、まさにぴったりです。

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙飛行機がいつのまにかボクに

    3歳11ヶ月の息子に読んでやりました。紙飛行機を作って飛ばすのが上手なせいくんは、得意のよく飛ぶ飛行機を作って飛ばします。それが、教室から飛び出し、園庭の遊具の間をすいすい飛びぬけ、空にまいあがりますが・・・いつのまにかこの紙飛行機にせいくんが乗り移ったように、せいくんの視点に。不思議な紙飛行機の世界です。

    息子はまだうまく飛行機を飛ばすことができませんが、興味はあるようです。飛行機になるとこんな風に見えるんだろうね、と話しながら興味深々見入ってました。どうやったらこんなによく飛ぶ飛行機が作れるのでしょう?そんなことも教えてくれたらいいのにな?と親は思っちゃいましたが、息子の夢をのせた絵本なので、○!

    掲載日:2011/08/08

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット