ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

だれかいるの?」 みんなの声

だれかいるの? 作・絵:マイケル・グレイニエツ
訳:ほその あやこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年11月
ISBN:9784591083260
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,371
みんなの声 総数 12
「だれかいるの?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • マイケルさん

    マイケルさんの作品だったのでこの絵本を選びました。主人公のねずみが自分に正直なのが良いと思いました。皆がどんな噂をしていてもかまわずに行動する場面に共感しました。繰り返しの文章も耳に心地よく、登場するお化けを見つけるのも楽しみがあり良かったです。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ズレ感がいい

    おばけやしきって聞いても、眠気が勝っちゃって、泊まることにしたねずみさん。
    怖くないわけではないようだけど、どうやら鈍感なタイプらしい。
    「そこ!そこ!」と指さしても、まったく気づかない、そんなズレてる感じが楽しいです。

    掲載日:2016/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ここまでクレヨンで描かれた絵本も珍しいですよね。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子1歳

    真似して描きたくなりました。埃だらけの絨毯を叩けば叩くほど大勢のおばけが絨毯から出て行くとは…。我が家にもベランダに放置してある絨毯がありますが、おばけこそ出ては来ないでしょうが、いい加減どうにかしないとなと思いました。汗

    掲載日:2015/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いもの見たさで

    クレヨンで思い切り描いたような色使いがとてもきれいでした。
    娘は、どこでおばけが出てくるのかと
    怖がりながらも怖いもの見たさで見ていました。
    最後に出てきたおばけ、かわいらしかったので、
    安心した娘でしたが、登場人物は気付いていない様子。
    気付かない方が幸せなのかもね。

    掲載日:2012/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とぼけたネズミ

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    旅の途中で疲れてしまったネズミさん。
    やっと一軒の家を見つけますが、それはオバケ屋敷だと噂される家でした。
    でも、とっても疲れていたネズミさんは、かまわず中へ入り眠り込んでしまいます。
    すると・・・。
    だれかいるの?とちょっぴり不安に思いながらも、あくまで楽天的でのんびりとしたネズミさんに、「ほら、そこそこそこ〜」と突っ込みを入れたくなる絵本でした。
    「おつきさまってどんなあじ」でとても魅力的だと思ったマイケル・グレニェイツさんの絵ですが、この絵本はちょっとくどい感じがしてやや苦手だったのが残念です。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰かの正体は・・

    • きゃべつさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    絵の迫力とかわいいネズミさんが気に入ったようで、
    次男が借りてきました。

    ネズミさんが泊まることにした家には誰かがいるのです
    誰がいるのかな・・と
    ドキドキしながら読みすすめました。

    実はお化けがたくさん住んでいたのですね。
    オバケといっても絵がかわいいので怖くなく、シンプルなストーリーを
    子供と楽しみました。

    掲載日:2010/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばけがいるんだよ!

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    あるき疲れていたたびねずみさんが、1軒の家を見つけ休ませてもらいます。

    なんとなく・・・だれかいる?感じ・・・・


    読んでいる子ども達にはそれが『おばけ』と分かるのに・・たびねずみさんにはちょっとのタイミングでわかりません。

    そのわからないところがすごくおもしろい様子でした。

    絵がクレヨン画とひっかき画でなんともあったかい感じがするのがいいなぁ・・と思いました。

    たびねずみさん・・いつおばけやしきって気がつくんだろうね???


    最後まで気がつかないねずみさんに心配気味の子ども達です。

    掲載日:2008/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • もあもあおばけ

    迫力のある大胆なタッチの絵にわくわくします。本を少し離して見てもおもしろいです。

    最初のページの、くたびれきった表情のねずみくんがなんともいえません。
    ねずみくんがカーペットをたたくと、おばけが「もあもあ」とでてきました。こんなにおばけがいたのかとおかしかったです。しっかり掃除をするねずみくんがえらいなと思いました。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 無邪気なねずみ 

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    主人公のねずみさん、みんながおばけだ!とさわいでいるのに、おばけやしきでもいいわ!なんて、あっさりいいのけます。おばけなんて気にかけないねずみのいさぎよさにひかれました。

    おばけのいる部屋をおそうじするところ、きたないようすは自分の部屋と重なって、ちょっとひきましたが、きれいにするたびに現れるおばけたちには、笑ってしまいました。

    おばけやしきだったなんて、知らないで住めるねずみさん、あなたは、幸せ者です。

    掲載日:2007/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • のんきなねずみさん対おばけ

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子7歳

    歩き疲れてくたくたのたびねずみさんが見つけた一軒の家。
    泊めてもらうことになったこの家は、実はおばけ屋敷!?

    のんきなねずみさんは、おばけがいても気がつかない。
    すっかり綺麗になったこの家が気に入って、
    自分の家にしてしまうなんて、おばけもたじたじですね。

    クレヨン(?)で殴り書きしたような絵ですが、
    表情豊かなねずみさんがかわいいです。

    暗くて薄汚い家(おばけ屋敷といわれてもしかたない)とは対照的に、
    ねずみさんが綺麗に掃除したカーペットは、真っ赤で印象的でした。
    きっと、ねずみさんはこの家で快適に過ごすのでしょうね。

    掲載日:2007/08/09

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット