あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ポレポレやまのぼり」 みんなの声

ポレポレやまのぼり 文・絵:たしろ ちさと
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784477026190
評価スコア 4.73
評価ランキング 908
みんなの声 総数 39
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 山に登りたくなる

    この本を親子で読んで
    「なんかさわやかな新緑の香りが通り過ぎていったね」と
    うなずきあいました。

    登山口あたりの青々とした緑がなんともさわやかで
    山登りの期待感を高めてくれます。
    ヤギさん、ハリネズミさん、ゾウさんのトリオが
    何とか難所も越えて頂上にたどり着き、頂上で
    頂くお夕飯の美味しそうなこと!
    山で知り合ったおさるさん達や、うさぎさん達との
    出会いも素敵です。

    山登りのルール「あいさつしましょう。ごみを持ち帰りましょう」等
    さりげなく書いてあって子供は「素敵なルールだね」と言っていました。
    この絵本だけのルールじゃなくて、山登りする人に共通する
    ルールなのだと説明すると自分も山に登って行き交う人々に
    挨拶したいと思ったようです。

    他にも語りつくせぬほど山登りの魅力がギュッと詰まっていて、
    すぐにでも山に登りたくなる素敵な絵本です。

    掲載日:2012/03/09

    参考になりました
    感謝
    4
  • 憧れる ポレポ〜レ♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子20歳

    たしろさん作品が気になって
    新作だ!と、すぐに図書室にリクエストしていました

    おぉ!!
    なんとも愉快な山登り

    性格の違う3人(匹)の個性が
    上手に表わされています

    そうそう、山登りって性格出ますよね(^^ゞ

    「ポレポレ」の意味は?

    よ〜くわかりますよ

    絵をよく見ていると
    説明されていなくても
    おはなしが隠されているかのようです

    ねずみの集団が初心者向けなんだなぁ〜とか
    家族で登っている人(動物)の様子とか

    みんなでとにかく楽しそう!

    ぞうさんのやさしさが
    いいんだなぁ〜

    心配性(^^ゞのやぎさんもやさしいけどね

    写真とかも
    とにかくこまかい!!

    たしろさんの人間性が垣間見れています
    お薦めです!!

    掲載日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • ゆっくり

    このお話は、みんなで山登りを楽しんでいる動物たちのお話でした。この絵本の題名にもなっている「ポレポレ」の意味は、「ゆっくり」だそうで、みんなこのポレポレを合言葉にゆっくりゆっくり山登りを楽しんでいる姿がほんわかしてかわいかったです。

    掲載日:2015/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 登山をしたことがない息子も興味津々で読みました。みんなで力を合わせて山を登った時の達成感を一緒に味わうことができたと思います。ポレポレとはゆっくりという意味だそうです。
    そして絵が本当にあたたかく素敵です。お話はちょっと文が長かったりと読みにくい部分もありましたが隅々まで書かれた絵をみるだけでも楽しめる作品です。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • キリマンジャロに登りたい!

    たしろちさとさんの絵本が好きです!
    しかも、この絵本はたしろさんご自身がキリマンジャロに登った
    時のことを思い出しながら描いたそうで。

    絵本ナビにてサイン入りのこの絵本を速攻で購入しました(笑)。
    あまりに興奮していて、失念していたのですが、以前もたしろさんの
    サイン本を絵本ナビで購入していた私でした。何冊あってもきっと
    うれしいです♪

    キリマンジャロ・・私もアンボセリのロッジに泊まってその素敵な
    姿を見ました。お山の前にはぞうさんが、それこそ石か岩のように
    ごろごろごろごろ見えて。
    この絵本の表紙を見て、その時のことを
    思い出してしまいました(夫曰く、「この表紙の山の形は、
    キリマンっていうより、富士山じゃない?」ですけれど。いいの。
    富士山も登ったから。笑)。

    表紙だけでなく物語も楽しく読みました。山登りが趣味なので、
    お山を登っている時のつらさや、登山口でのわくわく感、鎖場での
    恐怖も思い出しました。いつもはたしろさんの絵本からは音楽が
    聴こえてくるような気持ちになるのですが、今回はお山の匂いが
    してきました。

    しかし、やぎくんの荷物の多いことよ(笑)。私もついつい荷物が
    多くなるタチですが、ここまでは、とても・・。でもそのやぎくん
    のおかげで山頂でもみんな快適に過ごせたのですよね。
    ああ、お山行きたい。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ポレポレロマン

    やまのぼりのことが絵本なのですが、詳しく描かれていたため、学生のときによくゴールデンウイーク、家族と親戚と山登りプラス、キャンプをしたことを思い出しました。「ポレポレだよ」とこれまで使ったことがなく、もっと早くこの絵本に出会いたかったですね。ポレポレロマン、感じました。

    掲載日:2016/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気分爽快!

    3才の息子と読みました。
    “ポレポレ”ってなんだ?と気になるタイトルですよね。

    あわてんぼうのやぎくん、おちょうしもののはりねずみくん、しっかりもののぞうくんの3人組が「たかいたかいやま」に山登りに行くお話です。
    登山バスに乗って登山口まで行き、登山者名簿に名前を書き、準備体操をする様子などがさり気なく描かれており、山登りの経験がない息子にはとても新鮮で、興味深いようです。

    山に入ると、森林浴がとっても気持ちよさそう!
    楽しくてつい駆け出そうとするはりねずみくんに、さるおじさんが『ポレポレやまのぼりだぜ』と声をかけてきます。
    “ポレポレ”とは“ゆっくり”ってことなんですって!

    森林を抜けると、傾斜のある草原が広がっています。
    初心者コースはここまでで、ねずみ幼稚園の園児たちがお弁当を食べている姿がかわいらしい!
    大荷物のやぎくんの足は早くも遅れてきていて心配になります。
    『ポレポレ・・・、ポレポレ・・・』と一歩ずつ頑張って前に進むやぎくんを励ますぞうくん、優しいですね。

    草原を乗り越えると、次は巨大な岩壁です!
    弱音を吐いて座り込むやぎくんを励まし、荷物を全部持ってあげるぞうくん。優しいうえに力持ち!素敵〜!

    そして圧巻は、足場も僅かな岩壁に貼りつきながら雲海を見下ろすシーン!
    緊張感の中に、思わず「わぁ!」と息をのむ絶景です!
    「これ、うみ?」と尋ねる息子に、「雲だよ!お空の雲より高い所まで登ってきたんだよ〜」と教えると、「すごいねー!」と目を丸くしていました。

    ついに登頂。「ヤッホー」のやまびこが響き渡り、こちらの緊張も一気に緩みます。
    さて、ここからはキャンプのお楽しみ。
    ところがやぎくん、探し物が見つかりません。
    リュックの中身を全部出して並べる様子にぞうくんもはりねずみくんも目が点!そりゃ重かったでしょう・・(笑)息子はその一つ一つを指さし確認し、「あった!」は一緒に読んで大喜びです。

    他の登山者たちも集まってきて、みんなでやぎくんが作ったあったかスープを囲む姿、輪になって踊る姿、とっても楽しそう!
    そしてテントに戻った3人、寝袋に入り、ほんわかとしたひと時を過ごします。友達っていいなぁ、と感じずにはいられない大好きなシーンです。
    早く息子にもこんな体験をさせてあげたいな。

    さて、朝が来て下山。また駆け出そうとするはりねずみくんに、ぞうくんが『ポレポレだよ』と言うと、息子も「ゆっくりね!」と笑っていました。

    息子も私も大のお気に入りになったこの絵本。全て見開きで1枚の絵となっており、ダイナミックな構図で、あたかも自分も山登りをしたかのような満足感が得られます。
    何度か読んだ後、息子はおばあちゃんに電話をかけて、「ポレポレやまのぼりに行きたいの」と誘っていました(笑)
    もう少し体力がついたら行こうね、と約束しています。

    掲載日:2016/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 山のルール

    やぎくん、はりねずみくん、ぞうくんが山登りをするストーリー。
    取り立てて大きな出来事があるというわけではないのですが、
    登山の奥深さがじんわりと伝わってきます。
    さりげなく描かれているのが、登山のルール。
    登山者名簿に記入し、ゆっくり登る、挨拶をし、ごみを持ち帰ること。
    特に解説はされていませんが、大切なルールであることが実感できると思います。
    ポレポレ?
    スワヒリ語で「ゆっくり」という意味。
    10年以上前から『ポレポレ』という絵本で知っていましたが、
    いろいろな所のネーミングで使われていて、だいぶメジャーになっているようですね。
    そう、このポレポレ、登山では大切です。
    かなり上級向けの登山ですが、それだけに達成感もひとしおですね。
    もちろん、頂上でのお楽しみも満喫しましょう。
    幼稚園児くらいから、描きこまれたサブストーリーもお見逃しなく。

    掲載日:2016/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポレポレってなあに?

    ポレポレってなんだろうとつい手にとってしまった。
    とても仲良くならなそうな組み合わせの動物たちがとても仲良く力を合わせて山登りするところが楽しい。
    子供たちはやぎさんの荷物の中身が気になってしょうがなかったようです。

    掲載日:2016/11/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 登山口で気が急く様子のハリネズミ君が可愛くて購入しました。てっぺんが表紙からはみ出るほどに大きい山を目指します。背の高い木々に挟まれた登山道を抜けて淡い色の野原に出た後は険しい岩壁が待ち受けています。登山に参加するみんなのことを考えて準備をはりきるヤギ君のような人って、人が集えば必ずいるような気がします。そして、はりきりすぎたヤギ君を当然のように助けるゾウくんのような人も。ポレポレな生き方って、振り返らないと気がつかないけれど、実はいつだって、みんな、意外とポレポレなのではないでしょうか。余韻の良い本でした。

    掲載日:2016/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

39件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / じゃあじゃあびりびり / あおくんときいろちゃん / へんしんトンネル / としょかんライオン / まるまるまるのほん / パンダ銭湯 / ななちゃんのおかたづけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット