せつぶんワイワイまめまきの日! せつぶんワイワイまめまきの日! せつぶんワイワイまめまきの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ストーリーを楽しみながら、節分の知識も学べる!
Pocketさん 40代・ママ

豆まきのことをよく知ろう
子どもと一緒に豆まきをする行事として、…

みえないばくだん」 みんなの声

みえないばくだん 文:たかはし よしこ
絵:かとう はやと
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784097264576
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,497
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「核の脅威」にさらされている

    個人的には私も「核」の平和利用はないと思うのでこの絵本の趣旨に賛成です
    今でも思い出すのは3/11当日の朝、某電力会社からの「オール電化」の勧誘電話、それと頻繁にテレビ放映されていた原子力発電所の見学会のCM
    安全神話が崩壊した今CMが、流れないのは認めた証拠
    そしてただ一つ稼働していた北海道の泊原発が(定期検査)止まりました
    「電力不足」と叫ぶ前に「核の脅威」にさらされている上での生活であったことを私たちは知ったのです
    ドイツのグードルン作「見えない雲」をナビの感想で見つけて読んだ後すぐに自分も借りて、地域の小さな子供を持つ親子のお話会で紹介をしたときに、あまりにも無関心さに唖然としたことがあります

    風化するには早すぎますね
    何がそうさせているのでしょうか・・・?
    日本特有の「平和ボケ?」それとも現実の生活に追い込まれていて「誰が専門家に任せた方が・・・」
    そういうところに食い込んでいけるのがこの絵本だと思います
    巻末にある製作に携わった方々の胸の内をぜひじっくりと読んでみてください

    掲載日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    4
  • 考えさせる本ですね

    • パラッパーさん
    • 40代
    • ママ
    • 長崎県
    • 女の子8歳、女の子8歳

    一読した後、娘たちにそれぞれ読んでやりました。娘の一人からは、なぜ?なぜ?の質問攻めにあいました。私自身もこれを読んで、ニュースを見る視点が変わりました。近くの図書館の司書の方にも、「この本、考えさせられるし、子どもたちにも考えてほしいから、ぜひ入れてください。」とリクエストしました。ちなみに、私は学校図書館の担当者ですが、この本は当然入れるつもりです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見きわめなければ

     原子力発電というのは、なんとなく知っていました。安全なのか、危険なのか、なんて考えたこともありませんでした。
     この絵本にも描かれていますが「たくさんの おとなたちも きがつきませんでした」の一人でした。 

     原発推進派、反対派、都会に住む人、建設地に住む人、いろいろな人の意見が参考になります。
     私たち一人一人が、事実をしっかり見きわめなければ、と思いました。

    掲載日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • みんなに読んでもらいたい!

    • はーとままさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子1歳

    息子の宿題に読ませた絵本で福島原発のお話です。
    小学2年生にはちょっと内容が難しく、重たいと思いましたが、
    大変なことが起こって、今もまだ起こっていることを知ってもらいたいと。
    息子は意味がわからず「ばくだん」に惹かれて読んでました。
    原発のおかげで良い暮らしをさせてもらっていた私が言うのもなんですが、本当に≪えらいひと≫はいい加減で自分勝手!!
    地元の人たちに申し訳ないと思えてきました。
    祖母は戦争経験者で見えるばくだんから逃れて疎開しました。
    放射能は見えないばくだん・・・確かにそうですね。
    私たちも地震直後は見えないばくだんに怯えてました。
    年数が経つごとに風化されてきていますが、まだ見えないばくだんがなくなって安全になったわけではないし、
    これからどんな被害が出てくるのかわかりません。
    数年後、絵本のように誰かに聞かれることがあるかもしれません。
    とても重たい内容ですが、読み聞かせに読んであげられたら良いなと思う絵本でした。
    当時、幼稚園入園間近だった息子は絵本を読んでも意味があまりわかっていないようだったので、地震と原発のことだと教えてあげました。
    わかってくれたかどうかは不明ですが、本当のお話なので何か感じてくれればなと思ってます。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きな課題

    原発や放射能の恐ろしさについてわかりやすく書いてあり,小学生くらいの子供に知ってもらうにもよい絵本だと思いました。
    大人の私が読んでもとても読みやすく,色々考えさせられ,風化させてはいけないなと改めて思いました。
    そして,たくさんの人々が考えていかなくてはいけない問題なのだなと強く感じました。

    ただ,未来が少し残酷で悲しかったです。
    子供達が病気になり,その子供達が生んだ子供も病気の子が生まれ。。
    この部分は,原発地域にいる子供達が読んだらどう感じるでしょうか。
    そんなことを思い☆4です。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 事の重大さを理解しました

    原発の危険性について、ここまで深く知らなかったので驚きました。

    恥ずかしながら、
    「きっと危険だから、無くした方がいいのだろうけれど・・・」
    と、そのくらいの知識でした。

    昨年まで被災地の復興支援に関わる仕事をしていたのですが
    その際に、復興支援をしたいと申し出たお客さんまでもが
    「安全検査してるからって、福島の米なんか要らないよ!放射能たっぷりじゃないか!」
    という発言をしたことに驚き、腹立たしく感じました。

    農家の方々の、悲しい顔を想像してしまったからです。
    東北に思い入れがあるので、尚更かもしれませんが・・・。

    原発は、空気のみならず人の心も汚してしまったと思います。
    身体の病気になり、心まで病に冒されてしまうかもしれません。

    この絵本を読んで、事の重大さを理解しました。

    掲載日:2014/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原発について

    福島の原発事故を、テーマにした作品です。
    そうとは知らずに手にして、タイトルから地雷撲滅の絵本かと思っていました。
    放射能の脅威を「みえないばくだん」という表現は、的を獲ていると思いました。
    なんという恐怖でしょう。

    掲載日:2013/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原発問題を風化させないためにも

    • ディドルさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子7歳、女の子4歳

    著者が懸念されているように、賛否両論に分かれる絵本かと思います。原発問題が既に風化しつつあるからこそ、このように問題提起して考えさせてくれる絵本があって、本当に良かったと思います。
    原発にまつわる人々の心情を表した史料ともいえるこの絵本は、人任せにするのではなく、自分はどのような立場をとるべきかを考えさせてくれる本です。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



困っているぼくのところに本物の神様が!

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット