ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん
監修: 公文教育研究会  出版社: くもん出版
KUMONが大切にしてきた「うた200」の知恵をご家庭で! 人気の童謡から手遊びうたまで、親子で楽しく歌える200曲を収録。

はーとままさんの公開ページ

はーとままさんのプロフィール

ママ・40代・神奈川県、男の子10歳 男の子4歳

はーとままさんの声

77件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 来年も使えそう!  掲載日:2017/12/24
サンタさんのいたずらっこリスト
サンタさんのいたずらっこリスト 作: ローレンス・デイヴィッド
絵: デルフィーヌ・デュラン
訳: 石津 ちひろ

出版社: 小学館
毎日のようにサンタさん来るかな??と言っている次男くんへ読みました。
悪いことをした数と良いことをした数の多い方でプレゼントがもらえるかどうかが決まります!!
いたずらっこリストの書かれているともらえないので、サンタさんの子供はリストに書かれている子のところに行って、教えてあげます。
何か良いことしたらリストから外してあげるよと言われたリストに名前が書かれている子供たち。
良いことをしてリストから外してもらいます。
息子にも、良いことを悪いこと、どっちが多かったと思う??と言ってみて。
これから良いことしたらサンタさんが来てくれるってさ♪と母(笑)
絵本を読んでから、サンタさんのいたずらっこリストにのらないようにと言ってます。
これは来年も使えそうだな。
息子たちにサンタさんは来てくれるよね♪
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 何度も押して、何度も読み返してます!  掲載日:2017/9/18
ぜったいに おしちゃダメ?
ぜったいに おしちゃダメ? 作: ビル・コッター
出版社: サンクチュアリ・パブリッシング
息子に押しちゃダメ!!と念押しをしてから読みましたが、
すぐに押しちゃいました!!
そして押すたびに変わるので、それがまた面白いらしく、
また元の体に戻ると、再度、最初から始めて・・・ボタンを押して変わって・・・のエンドレスになりました。
小さい子は押しちゃダメと言われると押したくなるものなので、
子どもの心を掴む1冊だと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 誰だって間違う!!  掲載日:2017/9/18
教室はまちがうところだ
教室はまちがうところだ 作: 蒔田晋治
絵: 長谷川 知子

出版社: 子どもの未来社
2年生の読み聞かせに選びました。
担任の先生に2冊持って行くと、少し前に『答えを間違うことは恥ずかしくない』と話したところなんですと。
だから、こちらにしました。
題名のとおり、間違っても良いんだよと言うメッセージがたくさん書かれてます。
神様だって、先生だって間違える!!
間違えても良い教室を作ろうじゃないか!!
きっと担任の先生もそう言いたかったんだと思います。
絵本のように誰も答えなかったら、先生がひとりでしゃべってるだけになっちゃうからね!
絵本のように、みんなには間違えても大丈夫!良いんだよ!!と伝えたかったです。

そして、小4の息子にも読ませてみました。
息子もなかなか手が挙がらない子で。
こんな教室があったらいいな〜と言ってました。
先生!!そんな教室を作ってあげて下さい!!!
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わが子と一緒だね!  掲載日:2017/8/20
はらっぱむらのなつまつり
はらっぱむらのなつまつり 作・絵: かとう まふみ
出版社: フレーベル館
虫さんたちの夏祭り、屋台はクモの糸の綿菓子やミツバチのジュースなど、
それぞれの虫が得意なことでお店を出してます。
クモの綿菓子はどうかな〜??
懐かしい飴細工を買いに行くお母さん、子供にそれで待っていてと言うけど・・・。
誰かについて行って孫になる子供。
これって我が子と一緒かも。
我が子の場合は自分の興味のあるところで吸い込まれて行ってしまい、
探さず楽しく遊んでいるところが、この虫の子と違いますが(笑)
夏祭りは興味があるものが沢山あるから虫も人間も迷子には注意ですね!!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい もうすぐ夏祭りシーズンなので  掲載日:2017/7/18
ようかいえんのなつまつり
ようかいえんのなつまつり 作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド
ようかいえんのシリーズの今の時期にぴったりななつまつりがあったので、
読んでみました。
ようかいえんのお友達が夏祭りに来て、食べ物などを買います。
それは人間の子と一緒ですね。
何を買おうか迷っているばけたくん、おめんの前に立って考えていると勝手にきつねのおめんを買わされて・・・。
そのおめんをつけてみんなと歩いていると、なぜかみんなの食べものが減っていて。
その犯人は・・・。
みんなと仲良くなりたかったキツネくん、いたずらしないで一緒に遊ぼう!
と言えればよかったのにね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんな早くおいで〜!!  掲載日:2017/7/18
なつのおとずれ
なつのおとずれ 作・絵: かがくい ひろし
出版社: PHP研究所
梅雨明けが近いと知った太陽さんが夏の風物詩たちを呼んでくるお話です。
よ〜いドン!で一斉に走り出す風物詩たち。
食べ物だけじゃなく、かとり線香なんかも出てきたりして。
うんうん!夏にはこれが必要だと思いながら読んでました。
ゴールは太陽さんの口で、口から出てきた風物詩夏にも大活躍するでしょう。
全員に出会えると良いな!
息子にもあの時の・・・と言ってみようと思ってます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子供の頃を思い出す  掲載日:2017/7/18
えのでん タンコロ
えのでん タンコロ 作・絵: 倉部 今日子
出版社: 偕成社
タンコロの時代の江ノ電は知りませんが、湘南育ちの私にとっては懐かしい。
お父さんやおじいちゃんはこんな江ノ電に乗っていたのかな?なんて思ったりして。
今の江ノ電近辺の絵が載っていて、そのままが描かれていて、
それもなんだか嬉しいです。
おじいちゃんのお話からは昔の駅の風景はどんなだったかが載っていて、
へえ〜と知らない景色が描かれていて、楽しい!
それぞれの駅を知っているので、余計に楽しい!
長谷駅がないのはちょっと寂しかったけど、それでも楽しめました。
これから江ノ電に乗ろうと思っている人はこれを読んでから乗ってみると
楽しいかもしれませんよ。
江ノ電。いつまでも走り続けて欲しい電車です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 少しは良い子になるかしら?  掲載日:2017/7/18
いちにちじごく
いちにちじごく 作: ふくべ あきひろ
絵: かわしまななえ

出版社: PHP研究所
いちにちシリーズ、お兄さんが大好きでした。
そんないちにちシリーズの新しい絵本を見つけたので、
最近、わがままばかり言って私を困らせる次男に読んでみました。
悪いことをしたらどんな地獄に落ちるのかな?と興味を持った男の子が
地獄に行ってみるお話です。
たとえばお友達の悪口を言ったら?嘘をついたら??
はりじごくや舌を抜かれたり・・・。
次男に読むとまだニッコリ。
地獄が怖いところだとまだわかっていないのかな?
針でチックンされたら痛いよ〜!!舌抜かれたら痛い!痛い!!
など、私があ〜怖い!!!!と言いながら読んでみました。
そしてあってはいけない、人を殺したら?なんてのもあって、
本当にこれが怖かったです。
そして、最後に、わがまま言ったらどんな地獄に落ちるかな?と脅かしてみました。
幼稚園や小学校で読んだら、悪ガキ、いじめっこは少しは良い子になるかしら?
そして、次男も少しは良い子になってくれるかしら?と望みをもってみました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大人気!!  掲載日:2017/4/1
コロちゃんの おさんぽ
コロちゃんの おさんぽ 作・絵: エリック・ヒル
訳: まつかわ まゆみ

出版社: 評論社
3歳児たちにペ読んでみました。
しかけ絵本なので、開けたくて仕方ない子供たちでした。
コロちゃんがひとりでおさんぽにでかけて行って、
いろんなことが起こります。
帰ってきたコロちゃんにむかって「どうしたの?」と。
でも、コロちゃんは「べつに・・・」これって親子でよくある会話ですね。
うちのお兄さんも、どこでどうしてこんなにどろどろになるのかってほど汚れたりして。
コロちゃんも子供たちも親の目が届かないところでいろんな経験しているんでしょうね!
危ないことはダメだけど、少しぐらいの冒険は良いかな?と思える絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う リズムにのって!  掲載日:2017/4/1
おやおや、おやさい
おやおや、おやさい 作: 石津 ちひろ
絵: 山村 浩二

出版社: 福音館書店
3歳の読み聞かせで読んでみました。
やさいたちのマラソン大会のお話ですが、言葉遊びになっていて楽しいです♪
3歳の子供たちはわかってくれたかな??
そちらはわかりませんが、お母さんたちは笑ってました。
子供たちは自分たちが知っている野菜が出てくるので楽しそうでした。
文自体は短いので、ゆっくり読んでもいいんでしょうけど、
マラソン大会の感じを出すのに、リズムにのってどんどん進んでいきました。
マラソン大会に優勝したのは・・・。
楽しいので、子供たちにも小学生の読み聞かせでも楽しそうだなと思いました。
次は1年生の読み聞かせで読んでみようかな?と思ってます。
参考になりました。 0人

77件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット