もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

3びきのこぐまさん」 みんなの声

3びきのこぐまさん 作:村山 籌子
絵:村山 知義
出版社:婦人之友社
本体価格:\1,700+税
発行日:1986年
ISBN:9784829201138
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タイムスリップ

    娘が見つけた本です。

    最初、くまさんたちの微妙に表情に「なんだ?この本は?」と
    いろんな意味で興味がわき、読んでみました。
    読んでみると、ますます不思議な世界・・・。
    おまけに「たどん」まで登場し
    (娘に「たどん」の説明ができなかった私です・・・。見たことないんだもん)
    最後まで読んで納得。
    1924年の絵本だったんですねー。
    だとしたらすごいなぁと、感心して、また読み返したりして。
    その時代に、こんなに飛んでる本、すごい革命的だっただろうなぁと想像しました。

    現代にしてみると、突っ込みどころ満載なので
    娘はずっと突っ込んでいました。関西人の血でしょうか・・・。

    掲載日:2009/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何気ない毎日の大切な出来事

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    子どもたちは、この絵本に登場するこぐまと自分たちとを重ね合わせて読むようです。毎日に何気ない出来事がとても大切なものに感じられてくる一冊です。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 声に出して読みたい

    ああ、かつての日本の子どもは、こういう美しい言葉の中で育てられていたのだ…と、改めて背筋が伸びました。

    村山知義というと、ドイツ表現主義との関係でしか知らなかったので、
    「日本におけるドイツ2005/2006」の会場でこの本に出会い、
    娘にねだられて購入したときには、やや意外な気持ちでした。
    壽子夫人とともに、子ども向けの活動も、こんなになさっていたのですね。

    こぐまさんの日常生活の中の、他愛もないお話のかずかず。
    そこにあふれる、お母さんのやさしさが、敬語体のことばとともに、心にストンと落ちてきます。
    鮮やかで単純な色使いの絵もすてき。

    声を出して読んでいると、心が落ち着いてくる不思議な本です。

    掲載日:2006/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • くすっと笑える本

    • いそさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳

    3びきのおそらく3つ子のこぐまさんの小さな小さなお話が12話載っています。
    1924年から1928年に連載されていた作品!約80年も前につくられたお話なのに、ホントに魅力的。作者はご夫婦で自分の家庭生活からこのような作品を創り出したそうです。

    こぐまたちの表情がなんともかわいく笑えます。そこに登場するお母さんからはこどもに対する温かい愛情が伝わってきます。
    この絵本が私を惹き付けるもうひとつの要因は、ユーモアです。例えば、「3びきのこぐまさんときしゃ」というお話では初めて汽車に乗ったこぐまさんたちが「どこにのってよいのやらわからないので・・」屋根に乗り、網棚に乗り、床に座ったら泥だらけになり、最後にこしかけにこしかけたのですが、「なるほど、これはいいぐあいだ。とかんしんしました。」とさらりと終わっているところが私にはたまらなく面白い。他にもおかしの絵を見ておかしをつくろうと思い、味付けが分からないのでなめてみるところなどなど・・。

    こどもに限らず、くすっと笑いたい大人にもオススメ。

    掲載日:2006/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ノスタルジー

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子5歳

    1924年〜28年に「子供之友」という雑誌に連載された絵ばなしを一冊にまとめた絵本です。村山籌子(かずこ)さん:作、知義さん:絵、ご夫婦の共作です。
    絵本というより、少し漫画に近い感じもします。

    三匹のこぐま(三つ子のようです)の日常のちょっとしたことを2ページ〜4ページのおはなしにして、それが12編入っています。「牛乳が嫌いで飲めませんでしたが、おかあさんが暖めて角砂糖を一つ入れてくださいましたら、おいしくて、飲めるようになりました」という他愛もないおはなしから、「まほうつかいのかくれぼうしを拾ってかぶりましたら、姿が見えなくなりました」というちょっと不思議な感じのおはなしなど、いろいろなパターンのおはなしがあります。
    大正末期〜昭和初期に描かれたおはなしなのに古臭い感じなど微塵もなくて、言葉遣いがとても柔らかく、上品で、ほんわかとした気分になれるのです。

    子どもには、おはなしを一つ読むよりも何篇かまとめて読んだ方が、こぐまさんたちに対する親近感が増すようです。
    布団に転がって本を親子で覗き込みながら読みたい絵本です。

    掲載日:2005/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぶたぶたくんのおかいもの / こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / くれよんのくろくん / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / わにわにのおふろ / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット