ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語

父のふるさと」 みんなの声

父のふるさと 作:立松 和平
出版社:河出書房新社
本体価格:\951+税
発行日:1996年08月
ISBN:9784309731155
評価スコア 4
評価ランキング 23,113
みんなの声 総数 1
「父のふるさと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 児童物語にしては、起伏があるドラマチックなお話です。

    自分の夢を生かすべきか、親の言うように有名校を目指すべきか、受験生の信一が精神的に追い詰められて家出した先は、父親のふるさと。
    自分を息子と間違えてしまう祖父の中に、親が息子を思う心を見つけました。
    祖父は一人取り残されても、息子に期待しつつ懸命に仕送りを続けながら、息子が帰ってくることを心待ちにしていました。

    そこにやってきた信一の父親もまた、親でありながら、息子としての自分を見つけました。
    子どもに何を期待するのだろう。
    自分の生き方は何だったんだろう。
    ふるさとがあることも素晴らしいことです。

    親子三代が中心ですが、この物語にはもう一人の登場人物が大きな存在です。

    信一の通う中学校の南先生。

    生徒たちを指導しながら、自分も生きる道をどこかで踏み外してしまったようで、落ち込んでしまった、等身大の人間です。
    信一家族との関わりで、自分も自分の生き方を見つめ直すのです。

    完璧な自分の人生なんてない。
    人にも完璧な生き方なんてない。
    自分の生き方について、考えさせられてしまいました。

    掲載日:2012/05/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット