だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

なくなったあかいようふく」 みんなの声

なくなったあかいようふく 作:村山 籌子
絵:村山 知義
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年4月25日
ISBN:9784834018288
評価スコア 3.63
評価ランキング 31,220
みんなの声 総数 7
「なくなったあかいようふく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 古き良き時代の懐かしさ

    「村山籌子作品集1 リボンときつねとゴムまりと月」を読んでからもっと村山さんの作品を読みたいなあと思って探したのがこの本です。

    古き良き時代の懐かしさのようなものを感じる作品です。

    絵の周りに縁どりされた模様も郷愁をそそります。

    にわとりさんが服を失くしたことを知ったショックな場面からはしばらく彩色がほどこされていない絵なので、息子が「あっ!色が消えた」と言って驚いていました。ショックな感じがよく出ています。

    探し物の得意な犬が出てくる話は他にもあるので、そこでも「また犬が出てきた」と息子が反応していました。

    今時の感じでないのが逆に新鮮に感じるお話だと思います。

    掲載日:2010/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ようふくはどこ?

    ちょっと変わった感じの絵だなと手にしました。
    中は和風。ページごとの縁取りがなんとも素敵です。

    にわとりさんのプレゼントしてもらった赤い洋服がなくなり
    いぬさんに探してもらいます。

    内容もちょっと不思議な作品でした。
    読んでからご両親の作られた絵本を息子さんが再販された
    とナビの絵本紹介で読み、素敵だなと思いました。

    ほのぼのした内容の絵本です。
    うちの子供たちはそんなに反応しませんでしたが
    姪っ子(4歳)は気に入って見てましたよ。

    掲載日:2008/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • あかい縁取りがかわいいです

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    見返しの和柄もすてきです。
    文章の字体も大きくて読みやすいです。
    登場人物は身近な動物たちで、親しみやすいです。

    動物たちの鳴き声や、擬音がおもしろいし、「ふーむ」とか「はーて」とか今では使わないような
    言葉が子どもたちには新鮮だと思います。

    それぞれが失敗したり、迷惑をかけたり、そんなこともすっかり水に流して仲良くレストランに行きます。
    ほんとにほっとするラストです。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほのぼのとしたところが良い

    • はしのさん
    • 40代
    • パパ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、女の子9歳

    もともとは戦前に書かれたものなので、少々古臭い感じはしますが、ほのぼのとした雰囲気は、今の絵本では味わえないものです。子どもたちなら、この雰囲気を感じ取ってくれると思います。

    掲載日:2007/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい絵本

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    『3びきのこぐまさん』でファンになった村山夫妻の作品です。といっても、肝心の文章が紛失したため、息子の亜土さんが知義さんの原画から考えて再話したものです。ご家族全員の共同作品です。
    各ページの縁取りが、手ぬぐいに使われるような古典柄で、とてもきれい。昔の電話や右から書いてある看板の字など大正・昭和初期の雰囲気が出ている箇所もいくつかあり、レトロな感じが素敵です。
    お話は他愛もないものですが、話の内容より、全体を流れる雰囲気を楽しんで欲しい絵本です。
    欲を言えば、実際に村山籌子さんが書いた文章だったら、言い回しなどがもっと「古き良き時代」風で、レトロ調にも磨きがかかっていたような気がします。

    掲載日:2006/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵に再話をほどこした絵本

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳

    昭和4年に描かれた絵にその息子さんが再話をほどこしたという興味深い絵本でした。
    当時の印刷コストの制約によるという白黒とカラーの絵の構成も、色をかえって引き立てていて良かったです。
    ただ、ストーリーの展開が唐突かな?って思うところがあり、やはりそれが再話の難しさなのかな・・と思いました。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • レトロな雰囲気

    昭和初期に書かれた原画が見つかり、作者の息子さんが最近になって出版した作品だそうです。
     
    にわとりの女の子が誕生日の日に着るようにと赤い洋服を買ってもらいます。
    ところが窓の所に吊るしておいた洋服がなくなってしまって、探し物上手な犬に探してもらうことにするのですが・・・。

    昭和初期に書かれたとは思えない絵は、当時にしては斬新だったのではないかと思います。
    今見ると、レトロな雰囲気が漂ってかえって新しく感じてしまいます。
    話の内容はハッピーエンドなのはいいのですが、ちょっと盛り上がりに欠けるかなと思ってしまいました。

    掲載日:2003/07/04

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(7人)

絵本の評価(3.63)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット