だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

はなちゃんすべりだい」 みんなの声

はなちゃんすべりだい 作:中川 ひろたか
絵:長 新太
出版社:主婦の友社
本体価格:\700+税
発行日:2005年
ISBN:9784072410349
評価スコア 4.27
評価ランキング 13,783
みんなの声 総数 10
「はなちゃんすべりだい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こどもはすべり台が大好き 
    お父さんとすべり台できるなんて うれしいね〜
    お父さんのすべり台は 飛行機のヘンシン  飛行機から見た景色は ふじさんやとうきょうータワー
    おおきなとりがいたずら でも おとうさんはつよい!
    かっこいい!
    たのしかったすべりだい

    子ども達はだいまんぞくです
    こんなお父さんとのすべり台の体験は 宝物ですね

    掲載日:2016/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数秒間の大冒険

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    お父さんと一緒にすべりだいから下りて来るはなちゃん。
    ちょうど娘と同じくらいの歳なのでしょうか、
    娘もすべりだいが大好きです。

    ちょうど我が家の近くの公園にも高〜いすべりだいがあり、
    上まで必死で上っては、
    すごい勢いで笑顔で滑り降りてくる娘。

    この絵本の中でははなちゃんはお父さんと一緒に
    飛行機にのって大冒険。
    東京タワーが見えたり、
    ぐるりと旋回したり。
    すべりだいの上まで行って、
    すべる前のわくわく、
    すべっているときのドキドキは、
    きっとこんな感じなんだろうなぁ。

    すべりおりてくる間のあの数秒の間に、
    娘の心にも、この絵本のようなドラマが、あるのかもしれません。

    充実感いっぱいの、満足した顔でストンと着地するはなちゃん。
    「あーたのしかった」というこの一瞬、
    毎回おりてくる娘の表情からも、とっても、伝わってきます。

    はなちゃんと娘の姿が、とっても重なった一冊でした。

    掲載日:2014/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おとうさんは凄い

    はなちゃんとおとうさんは、飛行機を宙返りさせて「ギュイーン」

    はなちゃんの顔から凄い意気込みが伝わってきました。

    意地悪な鳥さんが、東京タワーにぐるぐる巻きになって目をまわしてい

    るのがちょっと気になりました。

    目的を果たして無事に滑り台に着地できたのがとても自慢げで大満足し

    た顔をしてました。

    おとうさんと遊べる楽しさが伝わってきました。

    おとうさんと遊べるのがとても嬉しそうです。

    やっぱり、おとうさんにも読んでほしい絵本です。

    掲載日:2009/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長新太さん

    長新太さんの作品だったのでこの絵本を選びました。お父さんと一緒に黄金の時間を過ごす主人公の笑顔が心に残りました。主人公がお父さんの事を大好きで尊敬している事がひしひしと伝わってくるのが良かったです。主人公の為に奮闘するお父さんがかっこ良かったです。お父さんと公園に行きたくなる絵本です。

    掲載日:2009/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色んなことをやわらかく考えたくなる本

    • しゆまさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子1歳

    絵本のお父さんが夫に似ていて、息子は滑り台が大好きなので気に入ってよく見ます。

    飛行機になって、空を飛びながら地上を眺める大冒険。
    息子はまだ空を飛んだことがないけれど、
    イメージできるのかな?

    滑り台をすべっていたら飛行機になれるかもって想像する心をわたしは忘れていたので、新鮮でした。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 公園遊び

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子4歳

    お父さんとの公園遊びに役立ちそうです。
    子供とのふれあいって意外と父親は難しいもののようで
    我が家の主人にもこの本を読んでいっぱい遊んでもらいたいな〜と、思いました。
    ただ滑り台をすべるだけでなく、飛行機になって
    いろんなところに飛んで行く・・なんて
    楽しいでしょうね。

    掲載日:2007/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんとの遊び

    お父さんと遊ぶとどうしてこうもスケールが大きくて豪快なんだろう。
    滑り台をすべるだけでも、お父さんと一緒だと、空を飛ぶ飛行機になって、富士山を越えちゃうんだから。
    これがお母さんだとこういう展開にはならないんですよね。
    お父さん特有の、遊びの中の空想。
    お母さんには到底かなわないなって、ちょっぴり悔しい気持ちがしました。
    でも、そういう「お父さんとの時間」が子供にとってすごく宝物みたいにキラキラした時間になるんだなぁってこの本を見て実感しました。
    お父さんとはなちゃんの表情がとても面白いです。

    掲載日:2007/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんのスケールの大きさ。

    • NON×2さん
    • 30代
    • ママ
    • 愛媛県
    • 男の子8歳、女の子5歳

    是非、お父さんに読んでもらいたい本ですね。
    はなちゃんがお父さんと公園に行き、滑り台をします。
    そこから、飛行機になって大冒険。
    広大な空に飛び立ちます。
    父親像の象徴でしょうか?
    スケールが大きいですね。
    最後のページは、滑り台の下なんです。
    滑っている間の、楽しい世界だと思うと、素敵なお父さんが思いつきますね。
    夢のあるお話で、大好きです。

    掲載日:2007/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • びゅぃ-----ん

    • うららさん
    • 30代
    • ママ
    • 栃木県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    1歳前後のお子さんにオススメ。
    もちろんそれよりも大きいお子さんも楽しめます。

    お父さんと公園の滑り台でいっしょに遊びます。
    一緒に滑るのって子供って大好きですよね。
    我が家の5歳3歳の娘達は、未だに「ママも一緒に滑ろうよ」と誘われ・・・たまに一緒に滑っています(笑)

    ここからがこの絵本の魅力。
    そのまんまお父さんとびゅい〜〜〜ん 大空へとんでいくのです。

    子供の想像力をくすぐる楽しい絵本。

    次に公園に行くときが楽しみになる本です。

    掲載日:2006/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
    • YUKKOさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子7歳、女の子5歳、女の子3歳

    中川ひろたか&長 新太合作の
    「おとうさんといっしょ」シリーズ、
    3冊の中の1冊。

    長 新太さんが亡くなったのが
    2005年6月末だったから、その約1ヶ月前の出版。。
    ギリギリまで頑張ってらしたんですねぇ。(涙)

    主婦の友社の「はじめてブックシリーズ」の1冊で
    1歳半からが対象となっています。

    滑り台の好きな、はなちゃん。
    お父さんと一緒に滑り台で遊んでいます。

    滑り台から滑り降りる時に
    飛行機になったつもりでビューン!
    空に飛び立っていきます。

    はなちゃんの飛行機は
    高速道路を越えて、富士山も越えて…東京タワーが見える!

    そこへ鳥が飛んできて飛行機をつつきました。
    「とり あっち行け」
    お父さん(いつの間にか、身体が飛行機になっている!)が
    飛行機をギュイーンと宙返りさせて帰ってくる お話です。

    いつもの公園も、お父さんと一緒だと
    子供たちは母親と遊ぶより楽しそうなのは何故でしょう?

    ところで、長 新太さんの可愛がっていらした
    孫娘さんのお名前は「はなちゃん」です。
    はなちゃんシリーズは、可愛いお孫さんへの形見なのでしょうか。

    長 新太さんの葬儀が執り行われた日の、
    中川ひろたかさんの日記に、こう書かれていました。↓

    >だけど、このあと、どうするんだ?
    >長さんが、いないんだぜ。
    >ちょっとまじめに「ナンセンス」やらないとな。
    >と、畏れ多くも、そう思った中川でありました。

    中川さんのダジャレの利いた作品も面白いけれど、
    中川流ナンセンス絵本も見てみたいなあ♪

    掲載日:2006/01/25

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット