庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

きかんしゃトーマスおおいそがしのまき」 みんなの声

きかんしゃトーマスおおいそがしのまき 作:ウィルバート・オードリー
絵:ケン・ストット
訳:まだらめ 三保
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\379+税
発行日:1992年
ISBN:9784591037232
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
「きかんしゃトーマスおおいそがしのまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 全文、覚えました!

    • トケイソウさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、女の子4歳

    「ちっちゃなトーマス」というシリーズの1冊目のようです。
    長女が2歳くらいの頃、この小さなトーマスの絵本が大好きで、いつもいつも読ませられていました。
    文も短く、リズミカルなので、私も娘も、全文覚えていた、思い出の絵本です。
    はたらきもののトーマスがいつも運んでいる、いろいろなものを、ひとずつ紹介してくれます。
    トーマスは、本当に、大忙しです。こんなにたくさんのものを運んでいるなんて、知らなかった!

    そんなにトーマス大好きというわけでもなかった娘が、なぜかハマってしまったミニ絵本。
    トーマスをはじめ、働いている人達がみんなにっこり笑っているのも、こどもごころに、楽しい気分になったのかも知れません。ブタさんや、ウシさんも、笑ってますから。

    このシリーズの絵本は4冊ほど持っていて、近所のトーマス大好きな男の子が欲しがったので、3冊はあげてしまったのですが、この「おおいそがしのまき」だけは、あげることが出来ませんでした。
    9歳になった長女は、もう忘れてしまっただろうけど、私の心の中では今も、この絵本を読む長女の姿があります。

    イラストの色もキレイだし、シンプルな文章の絵本なので、小さな赤ちゃんから、自分で字が読めるくらいの年齢まで、大活躍でした。

    掲載日:2006/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット