ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほし ブルドッグたんていときえたほしの試し読みができます!
作・絵: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
谷口智則さん新作絵本!星が消えてしまった世界のおはなし

ふとんやまトンネル」 みんなの声

ふとんやまトンネル 作:那須 正幹
絵:長野 ヒデ子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1994年
ISBN:9784494005611
評価スコア 4.65
評価ランキング 2,329
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • トンネルの先は

    息子が
    これ読んでみて。面白いよ。
    と持ってきてくれたので読みました。
    すると本当に面白い!なんと、トンネルから出ると友達が沢山!夢の中で目一杯遊びます。で、そろそろ帰らなきゃとなってそれぞれ布団に帰るんですが、布団を間違えちゃって・・・ん?
    夢だけど夢じゃなかった!!凄くワクワク出来ました。

    掲載日:2015/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • やってみたくなります!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    なつかしい!!
    私が幼い頃
    いとこのうちに泊まる時に
    遊びました!!
    布団でトンネルだの
    マットレスでテントだの(^^ゞ

    それを思い出しました

    ふとんの柄が気になって
    大丈夫かな・・・って心配した通り!

    本当だったのがわかるのが
    おもしろいですよね

    さすが、那須さんの作品です

    おはなし会にも読んでみたいです

    掲載日:2011/09/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふとんは夢の入り口?

    ふとんのトンネルという発想がとても懐かしく思われました。
    私もふとんの中に潜っていって、不思議な感覚を楽しんだ幼い時代があって、トンネルを抜けると風景がちょっと違って感じられたもの。
    でも、トンネルの先が夢の国だなんて、眠れなくなるほど楽しい世界です。
    子どもたちが遊ぶ世界で、小便する子や、川で遊ぶ子たちがいたけど、おねしょしなかったかな。
    帰り道を間違えてしまった嫌ちゃんですが、笑い話になってとても良かったです。

    掲載日:2018/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰もが夢見た

    息子が自分で選んで幼稚園から借りてきました。

    誰もがやったことがある、ふとん潜り。
    そして、ふとんをトンネルに見立ててあっちからこっちへ、こっちからあっちへと進む遊び。

    実際にふとんに潜って潜って潜って行って別の場所に出たら楽しいなぁと思いながら、息子と読みました。

    息子は、「おふとんもぐりたい!どこにでられるかな?」と寝るまで何度も言っていました。
    子供だけでなく大人も楽しめる一冊です。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢なのか夢じゃないのか

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    主人公の男の子がふとんにもぐっていくと・・・ふとんの王国(?)にお友達がいっぱい!男の子が目覚めたので夢だったのかな・・・と思いきや、夢じゃなかった!最後の終わり方が、ファンタジーっぽくて好きです。ザ・童話という感じです。幼稚園年中さんの娘も楽しんでいました。
    私が昔読んでいた『ズッコケ三人組』の人だ!とうれしくなって手に取りました。親子そろって、同じ作者の作品を楽しめるっていいですね。

    掲載日:2017/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふとんにもぐって…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    ふとんの中にもぐると、中はふとんトンネル!?
    ふとんトンネルそのものも楽しそうだけど、ふとんトンネルを通って行った先もとても楽しそうです。
    夢ではないのがよかったです。
    自分のふとんがこんな風になっていたらこどもは嬉しいだろうなー。
    今回のようなことがあると親はそれはびっくりでしょうが(笑)。

    掲載日:2016/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 布団のトンネル!

    タイトルのとおり、布団がトンネルになってしまうストーリー。
    家の中だけでおさまらず、物語がどんどん広がっていくのでとっても楽しかったです。ふとんやまトンネルを抜けて、友達と会えるなんて、とっても夢がふくらみます!でも最後に布団を取り違えて、違う子の家に行ってしまうというオチも最高に楽しかったです。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふとんやまのむこうは?

    ふとんの山のおくには何があるか?

    夢では子供たちがたくさんいて、遊んで、そのあとまたふとんやまの中をもぐって戻ってくる、、、、夢。

    のはずが。

    戻った先が主人公の男の子は、別の女の子と間違えてしまって反対に。

    夢じゃなくて現実だったの?

    と意外性がありました。娘は「私もやる!」とさっそく読んだ晩にもぐっていました。

    掲載日:2016/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夢のある素敵な絵本

    ふとんやまトンネルを抜けると、そこは子供たちにとって夢の国のような所。ケンちゃんがもぐっていくドキドキ感が子ども達にも伝わってきたようで、ページをめくる私のスピードも上がってました。最後のオチもいいですね〜こんな素敵な絵本があったなんて。もっと早くに出会いたかったです。子ども達が実際に想像出来るような身近なものなので、すごくいい絵本だと思いました。読んでいる親の方も何だか懐かしい場面もあってホッとできます。何度も読んであげたくなりました。

    掲載日:2013/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつかしい気持ちに。

    娘が幼稚園で読み、衝撃を受けて帰ってきた本です。「今日は夜ふとんやまトンネルする!!」と。
    布団のトンネルをもぐってもぐって・・出た先はお日様が出ていてお友達もいっぱいいる。皆で好き放題に遊べます!

    お父さんお母さんには怒られるけど、夜早くに寝たくなんてないし、お布団でも思い切り騒いで遊んでみたいし・・そもそも夜なんて来なければいいのに!っていう子供の時の気持ちを思い出し、ふふっと笑ってしまいました。

    掲載日:2013/06/21

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / どんぐりむらのぱんやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



新潮文庫3200万部刊行、星 新一の小説が絵本に!

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.65)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット