大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

またもりへ」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

またもりへ 作・絵:マリー・ホール・エッツ
訳:まさき るりこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1969年03月
ISBN:9784834006599
評価スコア 4.61
評価ランキング 2,988
みんなの声 総数 63
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • もりのなかとあわせて読んでほしい♪

    またもりへ が大好きな息子に
    続編があったなんて知らなかったので、発見したときはうれしくて即購入。
    じゃじゃーーん
    と息子に贈ると「あ!」と目を輝かせていました。
    続編は裏切られるパターンもありますが、そんなことはなくいいです。
    息子も全部とはいえませんが8割くらい暗記して、私の続きをよむように自分でセリフをゆったりしています。
    この話は読んでいて親もなんだか癒されます
    笑うって人間だけのもの、そしてこどもの笑顔は本当にくったくなくて
    私もそんなふうに笑ってみたいって思います。
    忙しい日常で大切なことに気づかせてくれる時間をくれます。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさん笑っていよう

    前作『もりのなか』を子どもたちと読んでいたら、ラストのかくれんぼのシーンで「どうぶつたち、どこにいっちゃったんだろう?」と娘が言いました。「そういえば、『またもりへ』という続きのお話があるよ」と話すと「よみたい!」というので、早速探して読んでみました。
    今度は男の子が、もりの動物たちと自分の得意なことで腕くらべをするというおなはしです。白黒の静かな絵なのにもかかわらず、子どもたちがすぐに夢中になって絵本の中に入っていく感じは、前作と一緒でした。
    ラストのおとうさんとの会話が素敵です。「みんな、ほかになにもできなくてもいいから、ぼくみたいにわらってみたいんだって」という男の子のセリフにはドキッとさせられました。「笑う」ということは人間に与えられた特権なんだと気づかされ、私もたくさん笑っていようと心に決めました。

    掲載日:2012/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なのに親子で苦手;

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    図書館で“もりのなか”と一緒に借りてきました。

    ・・・が、モノトーンの絵を上の娘は「暗い、怖い」と感じるようで、
    全く手に取ろうとせず、読み聞かせしようとすると逃げてしまいました;

    お話の内容は素敵なファンタジーで、言葉の繰り返しも楽しく、
    前作よりこちらの内容の方が好きなくらいなのですが、
    私も、色が全くない絵本はちょっと苦手・・・f^_^;)

    ほんの少しでも色をのせてくれたらなぁ・・・
    見返しで既にギョッとしてしまいました。。。
    娘にも、その苦手意識が伝わってしまっているのかもしれませんね。

    本文自体は絶っ対に娘の喜ぶお話なので、尚更残念でした(ToT)

    掲載日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑う

    笑うということがいかに大切か、笑っていられるのが一番だと思いました。おとうさんが、「おとうさんだって、ほかに何も出来なくてもいいから、お前のように笑ってみたいよ」と、言うおとうさんの言葉がひっかかった私ですが、先ずはやっぱり笑ってみるのも大切なんではと思いました。としとった象が、「よろしい、なかなかよろしい」と誰に対しても同じ言葉であったのが、悪く言わないのが差し支えなくて言い言葉だと思いました。評価としては適切な言葉ではないかも知れませんが、相手を思いやる言葉だと思いました。白黒の世界も新鮮でよかったです。

    掲載日:2010/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • はまるフレーズ

    「もりへ」の続編です。「もりへ」を読んでからだいぶたって読んだのですが、前ほど子供ははまりませんでした。
    でも主人と子供は「よろしい よろしい なかなかよろしい」のフレーズが大好きでしょっちゅう言っていました。
    「もりへ」と「またもりへ」と続けて読むと良いかも。

    掲載日:2010/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 待ってくれていました

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    『もりのなか』を読んですぐにこの絵本を読んだので、
    どうぶつたちが、ぼくをまっていました。
    と言う台詞に、ジーンとしてしまいました。

    息子は、ねずみとへびが目にもとまらぬはやさで、
    かけぬけた所で、一生懸命ねずみとへびを探していました。
    『いなくなっちゃった〜どこいっちゃったの〜!』と
    言って残念がっていました。次のページで戻って来て
    いたので、うれしそうでした。

    おうむがしゃべっている台詞を一緒になって息子は
    楽しそうに繰り返していました。

    主人公のぼくは、ぴーなっつをつまもうとして、あることを
    します。そのことは、動物には出来ないことなので、
    動物たちに大好評でした。絵の中のぼくは、すごく可愛らしくて
    微笑ましいです♪

    最後に、お父さんとぼくの会話は、前作と同様に味があって良いです。

    エッツさんの紹介が、載っていました。そこには、小学一年生の
    ときには、おとなの美術のクラスで勉強するほどのうでまえに
    なっていました。ということでした。才能があってうらやましい
    限りです。

    アメリカの絵本に与えられる最高の賞コールデット賞受賞
    された『クリスマスまであと九日』や『ペニーさんと動物家族』
    『ねずみのウーくん いぬとねことねずみとくつやさんのおはなし』
    『あるあさ、ぼくは・・・』を読んでみたいです。

    でも、あるあさ、ぼくは・・・は絶版になっていました。
    復刊していただきたいなあと思います。

    掲載日:2010/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • もりのなか から

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    もりのなかでかくれんぼしたまま終わってしまい
    その後が気になって気になって続きがあることを知り
    すぐ読みました。

    まず、動物たちが待っていてくれたことに
    息子ともども安堵しました
    それからみんなで得意なこと比べをします
    次々と動物たちが得意な事を披露していくのですが
    結局は笑うことのできる僕が一番!っていうことになります

    笑うことで周りに広がっていくステキなパワーに
    気づくきっかけとなる絵本です
    ただ息子は動物が大好きなので、
    動物が笑えないということにむしろショックを受けたみたいで
    受け止め方はそれぞれだなぁと思いました

    掲載日:2010/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • これが、いちばん いい!

    『もりのなか』の続編です。と言っても動物達を探しに行くのではなくて、今度は既に集まって腕比べをしています。この腕比べの描写がとても可愛くて、それぞれの動物の表情や仕草を見ていると飽きません。動物は誰も笑えないから、笑える「ぼく」が一番良いという落ちも良いですね。そしてお父さんが、自分も何も出来なくても良いから、おまえのように笑ってみたいよ、と言うのも良いです。最後までネズミとヘビが残っているのも、何かを表しているようで惹かれます。娘も大好きですが、娘以上に私が気に入った絵本でした。

    掲載日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「またもりへ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.61)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット