貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ももいろのきりん」 3歳のお子さんに読んだ みんなの声

ももいろのきりん 作:中川 李枝子
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1965年07月
ISBN:9784834000443
評価スコア 4.73
評価ランキング 941
みんなの声 総数 88
  • この絵本のレビューを書く

3歳のお子さんに読んだ みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 年長・小学生低学年対象かな?

    4歳からとあったのでもうすぐ4歳になる3歳の子に読みました。
    すこーし早かったかな、というカンジがしました。
    やや長文でも興味があると最後まで読むのですが
    「じゃあ、続きは明日」と途切れ途切れで読んでいましたが
    続きをせがまれなかったので最後まで読めずじまいです(><)

    女の子の方がイメージが広がるかなぁ?
    (うちの子はファンタジーより
    ユーモア色の強い作品が好きな男の子なので)
    紙で作ったきりんが本当に動くようになるのは
    夢のある話だと思います。

    掲載日:2010/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お話大好き

    娘が自分で「これ読みたい」と持ってきました。
    ぱらぱらめくると、かなり長いお話のよう・・・。
    「ちょっと長いよ」というと「いいの、読んで」ということで、読み始めました。
    読み進めるうちに、私も娘もストーリーの世界にのめりこみ、
    次はどうなるのか気になって、一気に読みました。
    3歳の娘も、飽きることなく、じっときいていましたが、
    さすがに、字ばかりのページはじれったいらしく、
    次のページの絵をちょっとめくって見てみたりしていました。
    それにしても、中川りえこさんのストーリーは、
    本当に夢があります。そして、ものすごい力も感じます。
    だって、紙でできた大きなキリンという非現実な世界が、
    読んでいくうちに、違和感なく自分の中で受け入れられているんですもの。
    見てみると、初版は私が生まれるより前!!
    色あせない物語の新鮮さは、
    クレヨンで塗られているせいでしょうか(^^)

    掲載日:2008/06/11

    参考になりました
    感謝
    0

件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

「ももいろのきりん」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / じゃあじゃあびりびり / はじめてのおつかい / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

みんなの声(88人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット