話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
木に持ちあげられた家

木に持ちあげられた家

  • 絵本
作: テッド・クーザー
絵: ジョン・クラッセン
訳: 柴田 元幸
出版社: スイッチ・パブリッシング

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥2,090

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年11月10日
ISBN: 9784884184377

出版社からの紹介

子供の頃、こんな絵本が読みたかった
人気絵本作家ジョン・クラッセンと翻訳家の柴田元幸が手がけた傑作絵本

 過ぎていく時間の愛おしさ、自然の圧倒的な不思議さと力強さを描いた絵本。
絵を手がけたのは、『どこいったん』『くらやみ こわいよ』など世界各国で人気の絵本作家ジョン・クラッセン。作者はアメリカを代表する詩人、テッド・クーザー。翻訳はポール・オースターやスティーヴン・ミルハウザーらの翻訳家で、文芸誌MONKEYの責任編集を務める柴田元幸です。一軒の家と木々、かつてそこに暮らしていた人々をめぐる、シンプルで味わい深い作品。

これは絵本であって、絵があって言葉があるのだから、もちろんその絵や言葉が魅力的なことは言うまでもない。林は静かに美しいし、黙々と働く父の姿もひそやかな尊厳に貫かれ、人と自然の交わりを語る言葉も凛として心にしみる。だが、この絵本は、それに劣らず、描かれていないこと、書かれていないことによっても人を惹きつける。ー柴田元幸

ベストレビュー

木に持ち上げられた家の家族は

タイトルの通り、家を囲う木が少しづつ家を持ち上げ、最後はツリーハウスのようになってしまう家のおはなし。
これはこれですごいことなんですが、その家にかつて住んでいた家族。おとうさんと男の子と女の子。この家族は特別な家族でもないんですが、わたしはこの家族のその後のことが気になりました。特におとうさんが、子供たち二人が家を出たあと、なんだか寂しそうな姿が切なかったです。おそらく多くは語られていないからこそ、気になるんですよね。それこそが、この絵本の魅力かなと思いました。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・クラッセンさんのその他の作品

マンマルさん / おおかみのおなかのなかで / シカクさん / なんびきのねこたちおどる? / キツネのパックス ―愛をさがして― / サンカクさん

柴田 元幸さんのその他の作品

金箔のコウモリ / ホーム・ラン / ブルックリン・フォリーズ / 改訂増補新版 エドワード・ゴーリーの世界 / サンセット・パーク / 


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 木に持ちあげられた家

4月の新刊&オススメ絵本情報

木に持ちあげられた家

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット