しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
マララの物語 わたしは学校で学びたい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マララの物語 わたしは学校で学びたい

  • 絵本
文: レベッカ・L・ジョージ
絵: ジャンナ・ボック
訳: 西田 佳子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「マララの物語 わたしは学校で学びたい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年07月
ISBN: 9784890139705

B4変型判/上製/41ページ

出版社からの紹介

史上最年少の17歳でノーベル平和賞を受賞したマララのこれまでの道のりを伝える絵本です。
パキスタンの美しいスワート渓谷に暮らすマララは、学校が大好き。 でも、武装集団のタリバンが来てから生活は一変しました。「女の子は学校へ行ってはいけない」という命令が出されたのです。 マララは勇敢にもお父さんのジアウディンといっしょに「女の子にも教育を受ける権利がある」と訴えつづけ、 あの痛ましい銃撃事件が起きました。そのあとマララはどうしたのでしょう。マララは、今もすべての子どもたちが教育を受けられるように、精力的な活動をつづけています。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西田 佳子さんのその他の作品

わたしは女の子だから 世界を変える夢をあきらめない子どもたち / あるけ!ねがいをこめて 子どもたちの権利のためにたたかった女性 マザー・ジョーンズ / ぼくがスカートをはく日 / 私はどこで生きていけばいいの?《世界に生きる子どもたち》 / すごいね!みんなの通学路《世界に生きる子どもたち》 / おたずねもの姉妹の探偵修行(4)クリスマスの暗号を解け!



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

マララの物語 わたしは学校で学びたい

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット