まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぼくのあかいボール
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのあかいボール

  • 絵本
作: イブ・スパング・オルセン
訳: ひしき あきらこ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年02月20日
ISBN: 9784776407843

3歳から
29cm×20cm 28ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

赤くてまるいぼくのボール。いつもいっしょに遊んでいたのに、ボールはいやになったのか、ある日とうとう逃げだしてしまった。ころころ、ころころ、ころがって、ぴょんとはずんで満員のバスのなかへ。運転手におこられたボールは、とどまるどころか、ますます調子にのって、公園へおどりこみ…。はたしてボールの行きつく先は…? 

ベストレビュー

赤いボールの行方

赤いボールが、遊んでいた兄弟から逃げ出して

ころころ ころころ ころがって

行く先々で大騒動を起こしていきます

まるで赤いボールが大暴走しているようです

「貧乏なのか けちなのか

なにも かってくれない おとうさま

せめて その ボールを ぼくらに ください

いっしょう たいせつに しますから」

と、王様に言った王子さまたち。

王子さまは、11人元気に裸足でかけまわる。

お城に落ち着いた赤いボールでした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イブ・スパング・オルセンさんのその他の作品

ネコの住むまち / あめ / かぜ / 福音館文庫 親指姫 アンデルセンの童話1 / 福音館文庫 人魚姫 アンデルセンの童話2 / 福音館文庫 絵のない絵本 アンデルセンの童話4

ひしき あきらこさんのその他の作品

シロクマくんのひみつ / あなたのことがだーいすき / おにいちゃんが いるからね / フローラのにわ / うみのおいしゃさんモグローせんせい / ぼくは、おうさま!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ぼくのあかいボール

あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

ぼくのあかいボール

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット