宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うそうそかわうその むかしばなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うそうそかわうその むかしばなし

  • 絵本
作: はやし ますみ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月11日
ISBN: 9784097267560

3歳〜12歳
AB判・32P

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

うそうそかわうその楽しいうそんこ昔話

「わらっていただくのが おいらのしごと」と語り始める”かわうそうそんこ昔話”。
むかしは森一番の働き者だったという「なまけもの」の話や、赤いのに「金魚」と言われるゆえんなど、
いろんな生きものたちの名前の由来を、面白おかしく語ります。
大らかなタッチで自然や生きものをのびのびと描き出す、
注目絵本作家・はやしますみの、おもしろ言葉遊び絵本。

うそうそかわうその むかしばなし

うそうそかわうその むかしばなし

ベストレビュー

生き物の名前の由来が面白い

うそうそかわうその生き物の名前の由来が、描かれてます。

ダイナミックな絵が、なんか面白く楽しくなります。

必ず、かわうそがセンスになまえが描かれてますが、かわうその

顔の表情が違っていて、面白いです。

あほうどりのなまえの由来が、ちょっと気の毒に思ったのは、

素直に「ごめんなさい」と言ったおほうどりが、可愛かったです。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

はやし ますみさんのその他の作品

紙芝居 あついひのおともだち / ねこぼん / どんどろめがね / たんぼレストラン / くんくんくん これはどなたのわすれもの? / 子リスのカリンとキッコ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

うそうそかわうその むかしばなし

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット