あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
あさがくるまえに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あさがくるまえに

  • 絵本
文: ジョイス・シドマン
絵: ベス・クロムス
訳: さくま ゆみこ
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年12月13日
ISBN: 9784001112665

小学1・2年から
A4変 ・ 上製 ・ 40頁

出版社からの紹介

寒い夜、子どもが眠りにつくと。お母さんは仕事でそっと家を出ていきます。やがて降りつづいた雪が白くつもりはじめ……。「どうか朝がくるまえに世界をかえて」はたしておとずれたのは、ゆったりとした、うれしい、まっ白な一日でした。子どもの願いを詩でつづり、雪で一変した世界と、憩いのひとときを描く、美しい冬の絵本。

ベストレビュー

謎解きのような絵本です

言葉少なに、母親の願いを語る絵本です。
パイロットのお母さんは、雪が積もれば仕事ができないので子どもたちと過ごせる時間が持てると夢見ているのでしょうか。
写真1枚の父親の存在が、この絵本の鍵なのでしょうか。
母親が旅客機のパイロットなんてすごいことですが、母親は母親なのです。
現実感の薄い祈りの絵本ですが、いろんな事を想像させてくれます。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョイス・シドマンさんのその他の作品

蝶の目と草はらの秘密

ベス・クロムスさんのその他の作品

よるのいえ

さくま ゆみこさんのその他の作品

ノウサギのムトゥラ 南部アフリカのむかしばなし / 岩波少年文庫 キバラカと魔法の馬 アフリカのふしぎばなし / 怪物があらわれた夜 〜『フランケンシュタイン』が生まれるまで〜 / メリークリスマス-世界の子どものクリスマス- / 風がはこんだ物語 / この計画はひみつです



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

あさがくるまえに

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット