新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
おなべの妖精一家(1) ワロンの料理をめしあがれ!

おなべの妖精一家(1) ワロンの料理をめしあがれ!

  • 児童書
著: 福田 隆浩
イラスト: サトウユカ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,375

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年07月05日
ISBN: 9784065117194

判型:A5/ページ数:96ページ

出版社からの紹介

丘の上にある古ぼけた洋館の前に、このあたりではみかけない母親と娘が立っていました。
 母親のほうは、黒ぶちのめがねをかけた一見インテリふうの女の人です。
 そして娘のほうは、くせのある髪の毛が、頭のあちこちでホイップクリームみたいにとんがっている女の子です。
 女の子の名前は、《はるか》といいました。
「ここが今日からわたしたちの家なの?」
 はるかは、大きな目をいそがしく動かしています。
「そうよ。ちょっと古いけど、なかは、けっこういい感じなの。それに、お安く貸してもらえたしね。」
「やだ、ママ。まさかこの家、オバケがでるんじゃないでしょうね。」
 はるかは思わずそうさけびました。─本文より。
【目次】
1、わたしたちの家
2、新しい出会い
3,ワロンのひみつ
4,ワロンのスープ
5,料理コーナーの大騒動
6,ナツメちゃん
7,おそろしい病
8,あそびにおいでよ!
9,ちょっとだけ、つづきのお話
シングルマザーで料理研究家のママと小四のはるかは、訳ありの古い洋館に越してきた。そこのキッチンに棲み着いていたのは、オバケ、ではなく、鍋にやどる妖精の一族、ワロン一家!ワロンお姉さんのココア、お母さんのスープにクッキー。鍋の妖精家族の不思議な美味しい魔法のお料理は、人間達の心をみるみる素敵に変えていく・・・。楽しくて美味しくて、ほろっと優しい物語。『ふたり』の福田隆浩氏、初の中学年童話シリーズ!

ベストレビュー

楽しそうな児童書。

小学校2〜3年生くらいから楽しめる児童書に思いました。
妖精のワロン一家と人間の母子,本ならではの楽しさがあるお話です。
イラストも現代っぽく,人間の女の子も小学4年生ということなので,小学生の女の子は親近感を持ちながら読めそうですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


福田 隆浩さんのその他の作品

おはなしSDGs 人や国の不平等をなくそう 明日香さんは負けない / スポーツのおはなし(テニス) テニスキャンプをわすれない! / 手紙 ふたりの奇跡 / おなべの妖精一家(2) ワロンカフェ、本日開店です! / 香菜とななつの秘密 / 幽霊魚

サトウユカさんのその他の作品

おはなしSDGs 働きがいも 経済成長も わたしらしくCジャンプ! / リトル☆バレリーナ 友情のキセキと、夢のカケラ / うごかせ!みんなのまちの はたらくくるま スライド知育しかけえほん / まほうでへんしん!キラキラかわいいプリンセス スライド知育しかけえほん / リトル☆バレリーナ(3) 夢みる舞台と、トウシューズ / とびだすえほん どうぶつさんと あっぷっぷ!


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おなべの妖精一家(1) ワロンの料理をめしあがれ!

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

おなべの妖精一家(1) ワロンの料理をめしあがれ!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット