新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.

しっぽ.しっぽ.しっぽっぽ.(フレーベル館)

ひらいてビックリ!めくって楽しい!しっぽをさわらずにはいられない!

そうめんソータロー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

そうめんソータロー

  • 絵本
作・絵: 岡田 よしたか
その他: ソーメン二郎
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2019年06月06日
ISBN: 9784591162927

4歳から
判型:A4変型判/サイズ:206mm x 205mm/ページ数:32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

夏は大人気のそうめんのソータロー。でも秋から冬になり、誰からも見向きもされなくなってしまいます。しまいには年越しソバにばかにされる始末。ソータローは懸命に自分の居場所をさがしますが…。作者は、『ちくわのわーさん』『うどんのうーやん』(ともにブロンズ新社)など、これまで多くの奇想天外な食べ物絵本を生みだしてきた岡田よしたかさん。三輪そうめんで有名な奈良県にお住まいの岡田さんが、同じく奈良県出身でそうめん研究家のソーメン二郎さんとコラボして、この本が生まれました。「季節を問わず、もっと多くの人たちにおいしいそうめんを食べてほしい!」という願いから、この本が生まれました。

ベストレビュー

そうめんの絵本

今まで、たくさんの食べ物絵本を読んできましたが、そうめんがテーマの絵本はこちらがはじめてです。珍しいですよね。
ストーリーはちょっと悲しいお話かな。
そうめんが自分の居場所を探すお話です。
そうめん、ソータローという題材もなんだかだじゃれみたいで面白いですね。
(りおらんらんさん 40代・ママ 女の子9歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 よしたかさんのその他の作品

サンドイッチにはさまれたいやつよっといで / オニのふろめぐり / おにぎりに はいりたいやつ よっといで / さくらもちのさくらこさん / だいこんさん おふろに はいる / すすめ! かいてんずし



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

そうめんソータロー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット