新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

わたしのバイソン
NEXTプラチナブック

『 わたしのバイソン 』 は
「絵本ナビ NEXTプラチナブック」です。

絵本ナビが次のプラチナブックとして推薦する、
特別に認定された作品です。

わたしのバイソン

  • 絵本
作: ガヤ・ヴィズニウスキ
訳: 清岡 秀哉
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2021年09月27日
ISBN: 9784033485706

3〜5歳
280mm×200mm 32ページ

ずっと一緒に冬を過ごしてきたのに……『わたしのバイソン』【NEXTプラチナブック】

みどころ

ママが抱っこして見せてくれたのは、草むらの向こうにいるバイソン。それがバイソンと少女との初めての出会い。彼女が4歳だった春のことだ。それから冬になるとやって来るバイソンと少女は、少しずつ心を通わせていく。

雪の中、静かにあらわれるバイソン。見上げるほど大きな体はいつでもあたたかく、その目は真っ黒で優しい。バイソンと一緒にいる時は、私はちっちゃなバイソンの女の子。一晩中はなしをすることもあれば、静かにただ寄り添うこともある。彼女はバイソンの何から何までが好きなのだ。

そうしていくつもの冬を越えてきたふたりだったけれど、ある朝、バイソンはあらわれなかった……。

ガヤ・ヴィズニウスキが手がける初の絵本には、喪失とそのあとにおとずれる心の安らぎが描かれている。抑えられた表現の中で、まっすぐに伝わってくるのはバイソンの体温と、ふたりで過ごす時間の優しさと繊細さ。そしてそれは、バイソンが目の前にいる時も、いなくなった後でも続く。バイソンに心を奪われた私たち読者もまた、いつでもこの絵本を手に取ることができるのは、幸せなことかもしれない。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

少女がバイソンに出会ったのは4歳の春の日。少しずつ心を通わせていったふたりは、それからながい時間をともに重ねていきます。いくつもの冬を越えてつづくしあわせな時間……。ですが、ある冬の雪の日、バイソンは現れませんでした。喪失と、そのあとにおとずれる心のやすらぎを優しさのなかに描いた絵本です。フランス、ル・モンド紙書評で、「このガヤ・ヴィズニウスキ初の絵本は、絵も言葉も繊細で洗練され、まぶしいばかりに美しい」と激賞。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆきだるまの クリスマス!
    ゆきだるまの クリスマス!
    作:キャラリン・ビーナー 絵:マーク・ビーナー 訳:せな あいこ 出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
    絵の中にネコやサンタ、いろんなものが隠れているよ!探してみてね!


絵本ナビホーム > > わたしのバイソン

2022年1月の新刊&おすすめ絵本

わたしのバイソン

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット